ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/06/03の日記 晴れ 異様に暑い 香西寺(香川県高松市)→高松市中心部(南新町)

2001/06/03の日記 晴れ 異様に暑い 香西寺(香川県高松市)→高松市中心部(南新町)

「ポコ、またもやお接待」高松市内で古山さんという犬好きの方にドッグフードをたくさもらったうえ、ご自宅に泊めてもらった。

「ポコファミリー、大都会へ」高松市のど真中、菊地寛通りにて。びっくりするような大都会で目だってしまうポコファミリー。「ポコファミリー、大都会へ」高松市のど真中、菊地寛通りにて。びっくりするような大都会で目だってしまうポコファミリー。

■ 暑くてたまらん!
今日は朝からとっていい天気。雲もないので、8時ころからカンカン照りとなる。ポコはぐったり。すぐに「休みたい! 休むんだ!」と言い張って日陰に入ってしまう。そのたびに一緒に休憩するので、今日もなかなか先へ進めない。実際、今日の日差しはかなりきつい。犬にとってはさぞかしつらかろう、と思う。そんなわけで、一宮寺で大休止をとることにした。ここは讃岐の国の一宮神社である「田村神社」に隣接しているが、先代から神社とお寺が仲が悪かったらしく、以前は神社の境内から寺へも入れたのに、壁を作って通れなくしてしまったそうだ。日曜日とあって神社のほうは地元の人が集まる「日曜市」が開催されていて、寺のほうでは団体のお遍路さんで賑わっていた。さすがに日曜日は参拝客が多く、松山から日帰りで来ていた団体が「松山市内でポコちゃんと一緒に歩いているのをみたわ」などと言って、お布施をはずんでくれた。托鉢場所がよかったせいか、団体客が多かったせいか、あっという間にポコの托鉢皿には5000円以上も集まっていた。ポコ、すごい。でもみんながポコの回りに集まってきてゆっくり休めないので、1時間ほどで場所を変えてみんなで昼寝タイムとなった。
■ 犬好きおばさんに拾われる
夕方になって少し日差しも和らいだので、高松市街を抜けて屋島寺方面へ進む。高松市は意外なほど都会で、日焼けで真っ黒、犬を連れてザックを担いだポコファミリーはかなり目立つ。東京でいうなら銀座や新宿を歩いているようなものか、と思うとちょっと恥ずかしい。そんなわけで都会はそそくさと抜けてしまいたかったのに、ポコがまたしても休みがちになり、ローソンを見つけてはアイスクリームを買ってあげて(大好物なのだ)元気づけていたら、犬好きらしいおばさんが、ポコにドッグフードを「お接待」してくれた。なんでもこのすぐそばの商店街に住んでいるらしく、話をしているうちに「うちに使ってない部屋があるからポコちゃんも一緒に泊まりなさい」と誘われる。この人は古山さんという方で、アーケード街でブティックを経営。店の上が自宅マンションで、「子供が使っていたけど、今はもういないから」と4階の1DKの部屋を提供してくれた。シャワーや洗濯機、冷蔵庫、TVもあって快適。完備屋上テラスもあって、ポコはそこで涼しく寝られたようだ。私たちも久しぶりに蒲団でぐっすり。こんな大都会で、まさか犬も一緒に泊めてくれる家があるなんて、ありがたや、あがたや。


<メモ>
●コース:香西寺(香川県高松市)→高松市中心部(南新町)
●歩行距離:17km
●今日の札所:
83番一宮寺(N34°16’59” E134°01’45”)→讃岐一宮神社である田村神社のすぐ横。境内は狭いが「地獄の音がする」薬師如来などもあり、休日などは賑わう。
●宿泊地:古山さん宅(香川県高松市南新町 N34°20’15” E134°03’08”)A→駅前の商店街アーケードの中にある「コスチューム・ド・フルヤマ」の4階。使っていない台所、バス・トイレ付きの部屋を提供される。エアコン、洗濯機、屋上テラスあり。コンビニなども歩いてすぐという便利な立地。

 

« »