ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/05/27の日記 小雨のち曇り 香園寺(愛媛県小松市)→愛媛県西条市

2001/05/27の日記 小雨のち曇り 香園寺(愛媛県小松市)→愛媛県西条市

「水浴びは気持ちいい!」 横峰寺から降りる山道のへんろ道で、おもわず川に飛び込むポコ。

「若者たちとポコ」 茶髪の若者たちも歩いてお遍路さんをしていた。ポコと仲良くしてくれた

「おなら現場発見」 横峰寺で休憩中。けんいちがおなら現場を発見されて苦笑い、の図。

■ なんと3時に起床!
昨夜は駐車場に中学生らしきグループが来て騒いでいたので、夜中に目が醒めてしまった。近所の人が通報してパトカーが来たので静かになったが、それからあまり眠れず。ようやくウトウトしかけたら、健ちゃんが「今日は早く出発だ!」といきなり起き出す。外はまだ真っ暗。一体何時かと思ったら3時じゃないか。これからは早く行動しよう、とは言っていたけど、3時起きだとは聞いてないよ~。自分は昨日たっぷり昼寝したからいいだろうけど。
仕方なく起きて荷物をお寺に預け、軽荷で横峰寺へ向かった。4時30分頃になると空が白みはじめる。ずいぶん日の出が早くなったものだ。山道に入る手前の東屋にテントが張ってあった。朝食がてら休んでいると、茶髪の若者2人が出てきた。やはり遍路道を歩いているという。1人は去年に続き2回目だという。思わず「若いのに、えらいですね」と声をかけて、ハタと気づいた。いつもバス遍路のおばちゃんたちに私たちが言われている言葉だった。ああ、もう中年なのね。
■ 山道でポコ、本領発揮
今日の最初の目的地、横峰寺は標高700m。石鎚山系の山懐にあり、難所の一つではあるが、現在は車道もできている。へんろ道のほうは山道の往復で7時間くらいかかるが、暑くてたいくつで車が多く気を使う車道歩きより、私たちはずっとうれしい。ポコもこういう土の道ではうれしそうだ。人もいなかったので、リードを放してあげたら大喜び。那須ではずっと山の中で放し飼い状態だったから、ポコは、水を得た魚のように張りきって登っていく。私たちの何倍も早いけれど、ときどき待ってくれていたり、なかなか追いつかないときは、戻ってきてくれたりする。犬ってホントに忠実なのだ。
気分のいい山道を登りきると、横峰寺。境内は狭いが山寺の雰囲気が漂っていて、なかなか落ちついた感じのいい寺だ。逆方向からは車で登れる道があり、そこから続々と参拝者がやってきた。せっかく朝早くから頑張って歩いてきたのに、なんだかくやしいなあ。
■ 三菱の営業マン氏、西条祭りを熱く語る
63番吉祥寺、64番前神寺を参拝したあと、すぐ近くの湯の谷温泉に浸かる。地元の人がほとんどの素朴な温泉で、300円という安さもうれしい。お湯もぬるぬるといい感じ。巡回させてないので湯もきれいなのだという。さっぱりしたあと、R11を寝場所を求めて西へ移動中、車からスーツ姿の男性が降りてきて話しかけてきた。近くにある三菱自動車販売の営業マン。お母さんがバスでお遍路さんをしたことがあって、「あんたもリストラでもされたら、お四国参りでもしたら」と言われたそうで、私たちに興味を持ったようだ。今日の宿泊予定地の公園のことを聞くと、歴史資料館になっていて、ここから3kmくらい。トイレもあっていいところだという。ほっとひと安心するが、営業マン氏、お四国参りの話から今度は地元西条市の「西条祭り」の話になって、エスカレートしてなかなか終わらなくなる。なんでも10月中旬に開催され、なかなか見事なようで、ぜひ見てほしいとのこと。でも、私たちにとってとりあえずの問題は今日の宿泊地と、食料確保。もう7時を過ぎて暗くなりかけているのであせる。30分くらい話を聞いてから別れるが、

そこでまた営業マン氏が待っていた。何かと思ったら、「西条祭り」のテレフォンカードを買って渡してくれた。そこまで思い入れているのか。テレフォンカードはありがたいけどちょっと引いてしまった。
■ お寺での問答
聞いていた歴史資料館のある公園は、果たして山の上にあった。とっても荷物を担いで歩いていく気にはなれなかったので、その手前にあった金剛院というお寺の駐車場にトイレがあったので、「駐車場のすみにテントを張らせてもらえませんか? 朝は早く出ますから」と聞いたら「いや~、それは、ちょっと。前例がないから」と断られる。「今まで、四国ではあちこちのお寺でそうして泊めてもらったんですけど」「うちは、八十八個所のような寺じゃないし、前例もないしねえ」「前例がないとダメなんですか?」。という会話を繰り返すが、結局泊めてもらえず。道路の、向かい側の神社前に駐車スペースがあったので、そこに張ることにし、トイレと水道を使わせてもらいませんか、と聞いたら、ほっとした様子で表情もやさしくなった。
とまあ、結局落ちついたところに、また、さっきの営業マン氏が現れた。またもや自衛隊時代の話や、仕事の話などつぶやきはじめる。独身で母親と2人暮らし。休日も平日だし、同じ年代の人はほとんど家庭をもっているだろうから、プライベートでは話し相手も少ないのかもしれない。悩み多き中年世代のようです。


<メモ>
●コース:香園寺(愛媛県小松市)→愛媛県西条市
●歩行距離:35km
●今日の札所:
60番横峰寺(愛媛県小松市 N33°49’57” E133°06’54”)→石鎚山の麓で標高700m、八十八個所の寺では3番目に高い。境内は広くはないが山寺の雰囲気いい。
63番吉祥寺(愛媛県小松市 N33°53’34” E133°07’55”)→町中にある七福神の寺。成就石、マリア観音がある。
64番前神寺(愛媛県西条市 N33°53’17” E133°09’45”)→石鎚神社の横にあり、境内に権現堂(神社?) がある。山門が鳥居に似ている。
●宿泊地:加茂神社前(愛媛県西条市 N33°53’57” E133°12’09”)C→ただの駐車スペース。トイレ、水は向かいの金剛院のものを利用できる。

« »