ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/05/19の日記 四国晴れ 愛媛県上浮穴郡小田町→44番大宝寺(愛媛県上浮穴郡久万町)

2001/05/19の日記 四国晴れ 愛媛県上浮穴郡小田町→44番大宝寺(愛媛県上浮穴郡久万町)

「お友達になって!」宿泊した久万公園の運動場に散歩に来ていたワンコ2匹。ポコは遊びたいのに、大きい子にうなられてしまった。

「久万町はええとこじゃ」 久万町中心部の魚屋さんでバナナやヤクルトのお接待

■ 爽やかな高原の久万町へ
小田の町を過ぎると、あとはまたまた何もない県道歩きが続く。しかもずっと登りで標高500m以上にもなった。それでも午前中は荷物も軽く感じるし涼しいから頑張れる。暑くならないうちに峠のトンネルの手前まで到着できた。トンネルを越えると久万町になる。日差しは暑いけれど、高原の風は爽やかで平地とは違う。ポコも調子がよかったのだけど、11時を回るとさすがに暑さでダウン。日陰を見つけてすぐに横になってしまうので、そのたびに一緒に少しずつ休みながら進んだ。やっぱり犬には暑さがつらいようでかわいそう。ごめんね、ポコ。
■ ポコ、お接待が続く
久万町は古い商店街を通る。ここで買い物をしながら寺へ向かうと、ポコの靴が話題になるおかげで、魚屋さんでちくわやヤクルト、バナナをもらったり、酒屋でハムをもらったりとお接待が続いた。ポコは相変わらず無愛想なのだけど、靴のおかげでみんなに「かわいい!」と声をかけられる。私たちはお遍路さんの白装束を着ていないので、ポコがいなければこれほど、お接待は受けなかったと思う。ポコのおかげでちょっと得をしている感じ。ありがとう、ポコ。
■ 神戸のおじさんに再び会う
やっと44番の大宝寺に到着すると、以前東洋大師で会った神戸のおじさんに再会した。1度八十八ケ所を回ってから、今度は番外札所を中心に歩いているという人だ。頭を剃ったせいか、この間よりこぎれいに見える。またこの人が、話し声がでかいのですぐにわかる。このおじさんもやっぱり愛媛の人が一番印象がいいと言っていた。一緒に話をしているうちに、白須さんもやってきて、なぜかみんなで近くの公園に泊まることになったが、おじさんは案内してくれただけで、「ワシはお墓で寝るから」と行ってしまった。お墓で寝るのが好きなのか? そのうち、今度は以前に会ったオオスミさんというお坊さんも参加し、野宿仲間が増えて賑やかな夜になった。
■ 読売新聞に掲載された!
みんなで夕食を食べているところに、さっきお接待を受けた久万町商店街の「あいばら酒店」のおばさんがやってきた。今日の読売新聞に私たちの記事が出ているから、新聞を探しているという話をしておいたので、わざわざどこかで調達して届けてくれたのだ。ここの公園を教えてくれたのもあいばら酒店さんだったし、ここは親切な人が多い。

« »