ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/05/01の日記 曇り お遍路無料接待所・都築さん宅(高知県南国市)→29番国分寺(南国市)→30番善楽寺(高知市)→31番竹林寺(高知市)

2001/05/01の日記 曇り お遍路無料接待所・都築さん宅(高知県南国市)→29番国分寺(南国市)→30番善楽寺(高知市)→31番竹林寺(高知市)

国分寺で休憩中。托鉢で100円GET

高知市の市電の横。大都会に入った

■ 悟りを開いた(?)ポコ
雨は止んだが曇っている。無料接待所で朝食までごちそうになったあと、7時30分ごろ出発。次の国分寺へ着くと、「お釈迦様の日」(花祭り)だとのことで、本堂であま茶をごちそうになる。薬草茶のようで、ほんのり甘い不思議な味だった。この寺で、ポコ、近所のおじさんに100円もらう。「今度は人間に生まれ変わる」「悟ったような顔をしている」と言われる。たしかに、人間に対してはおとなしくてみんなに誉められるが、動物の臭いには敏感に反応して吠えることもある。野生の血が騒ぐようだ。
■ ポコ、今日は機嫌がいい
最近ずっと機嫌が悪く、食欲もなかったポコだけど、今日はなぜかちょっと機嫌がいい。おじさんにほめられたせいか、ここ2日ほど歩行距離が少なく休息できたせいか、顔が笑っている。犬もちゃんと表情があるのだ。「ポコ、行くよ」と声を掛けるとスクッと立ち上がり、足取り軽くタッタか歩き、頭をなでるとエヘヘと笑う。ポコの機嫌がいいとこっちもうれしい。
■ 「お接待」
今日はなんだか「お接待」が多かった。まず29番へ向かう途中、田舎の遍路道を歩いていると、自転車に乗ったおじさんが戻ってきて、100円づつくれた。「私も遍路で回っていたとき、お接待してもらってうれしかったから」という。そのあと、31番の竹林寺で話し掛けてきた近所のおばあさんも5円玉が20枚入った袋をそれぞれにくれ、「お遍路で回っているとね、必ず弘法大師様に出会ったと感じるときがあるんですよ」と話してくれた。最近托鉢に挑戦しているポコも今日200円稼ぎ、トータル1513円。一番の稼ぎ頭としてがんばっている。


<メモ>
●コース:お遍路無料接待所・都築さん宅(高知県南国市)→29番国分寺(南国市)→30番善楽寺(高知市)→31番竹林寺(高知市)
●歩行距離:19km
●今日の札所:
29番国分寺(N33°35’43’’ E133°38’33’’)→庭がきれいで落ち着ける寺。
30番善楽寺(N33°35’19’’ E133°34’49’’)→土佐一宮神社の隣にある、小さな寺。
31番竹林寺(N33°32’34’’ E133°34’51’’)→高知市中心部に近いが、五台公園内にあって静かな環境。竹林はない。
●宿泊地:竹林寺上にある牧野植物園の駐車場内のWC:A(N33°32’39’’ E133°34’47’’)→きれいなトイレ、水場、屋根、電源あり。

 

« »