ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/04/30の日記 雨 月見山こどもの森(高知県香我美町)→都築さん宅(高知県南国市)

2001/04/30の日記 雨 月見山こどもの森(高知県香我美町)→都築さん宅(高知県南国市)

1人さみしく外で寝るポコ

無料接待所での夕食風景

■ やっぱり、雨
朝になって一時雨が止んだが、出発するころには結局また降り出してしまった。予報では曇りだったのに。今日、始めのうちは街歩き。久しぶりに100円ショップを見つけたのでローソクや電池を買い込む。田舎と違って街には安くていいものがいっぱい。店の前で、大阪から来たという丸坊主のおじさん(あとでお坊さんと判明)に会う。フレームザックと子供用自転車の車輪を組み合わせたという、オリジナルのカートで荷物を運んでいた。これなら山道でも担げるし、舗装路では引くことができる。考えたなあ、おじさん。
■ ポコ、寺に入れず
雨の中、28番大日寺へ到着。ところが、山門に「犬猫を連れての参拝お断り」の貼紙が。ポコだって一緒に歩いてきたのにお寺に入れないなんて。しかも駐車場には屋根のあるスペースがない。仕方なく駐車場横にあった工場の軒先にポコを待機させて、お参りする。ちょっとかわいそうだ。ここでは駐車する車もどこかで監視しているらしく、いちいちスピーカーで注意していた。
■ ありがたや、無料接待所
雨はますますひどくなってきて、なんだか憂鬱だ。今日はもう歩くのは止めて、この先にある歩き遍路のための無料接待所に泊めてもらうことにした。午後2時頃に着くと、さっきの大阪のお坊さんを含め4人先客がいた。ここは都築さんというお宅で、農家らしく、ニラの出荷作業中。心配していたポコも宿泊OKということで、よかったよかった。しかもお風呂も、洗濯機も、乾燥機まで使わせてもらえる。もちろん電源の心配もなく、畳の部屋で布団で眠ることができ、極楽生活だった。さらに、食事までお接待だというから、なんだか悪いなあ、と思っていたら、他の人たちもそう感じていたようで、「1人1000円くらい払っていこう」ということに決定。次のお遍路さんのために使ってもらおう。


<メモ>
●コース:月見山こどもの森(高知県香我美町)→都築さん宅(高知県南国市)
●歩行距離:12km
●今日の札所:28番大日寺(高知県野市町 N33°34’27’’ E133°42’27’’)→犬猫お断りの寺。
●宿泊地:無料接待所、都築さん宅(N33°35’11’’ E133°41’08’’)

« »