ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/04/28の日記 曇り 羽根岬(高知県羽根町)→安芸市

2001/04/28の日記 曇り 羽根岬(高知県羽根町)→安芸市

神峯寺は藤の花が満開。托鉢をするポコ。場所が悪く成果ゼロ

高知県はビワの産地。無人売店で1袋200円だった

■ 通信事情、かなり悪し
羽根岬の駐車場のISDN公衆電話からとりあえず昨日の分の画像を送る。国道沿いなのでごくたまにISDNが見つかるので助かるが、最近電源に恵まれず、モバイルギアのレスキューバッテリーを使ったところ、単3アルカリ電池4本にもかかわらず、通信しただけであっという間に電池切れしてしまった。画像を送るのになぜか1枚ずつしか送れなかったせいもあるが、これではこの先思いやられる。携帯電話と違って、ISDNなら問題なかったのに。場所によって通信事情が違うのだろうか。
■ 鹿児島の元気なおばさん遍路
27番神峯寺への途中、鹿児島からという40代くらいのおばさんに出会う。ここまで来るのに、20日近くかかっているという。一緒に少し歩いたが、歩みもゆっくりだけど、あちこちで地元の人と話し込んだりしながら寄り道していて、なかなかいい旅しているなあ、という感じ。「無理はしないの。遅くてみんなにびっくりされるけど、早く歩く人って、風景もよく見てなんじゃないかと思うの」と言う。ときには野宿もするのだとか。薩摩オゴジョらしく、明るく豪快な人だった。
■ 神峯寺で「お接待」
神峯寺はR55から片道4km、山の中腹にある寺。往復することになるので、重い荷物は公民館に置かせてもらい、軽荷で登ったら、羽根が生えたように体が軽い。4kmの登りを40分ほどで寺に到着した。境内に「神峯の水」というおいしい水が湧いている。それだけでもありがたいが、納経所で歩き遍路の人にはコーヒーかお茶を接待してくれる、といううれしいサービスがある。本堂までの石段が長いが、山寺で雰囲気もよく、ゆったり過ごしてしまった。


<メモ>
●コース:羽根岬(高知県羽根町)→安芸市
●歩行距離:29km
●今日の札所:27番神峯寺(高知県安田町 N33°27’53”E133°58’49”)→静かで感じのいい山寺。土佐の名水「神峯の水」が湧く。みちびき弘法大師の像がある。
●宿泊地:江の川上公園(高知県安芸市 N33°30’01” E133°54’19”)→安芸市のどまんなか。トイレ(NOT水洗)あり、水場あり、東屋あり。コンビニ、スーパー徒歩圏

« »