ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/04/21の日記 雨 18番 恩山寺→19番 立江寺

2001/04/21の日記 雨 18番 恩山寺→19番 立江寺

「カッパを着たポコ」245 雨が強くなってきたので、ビニール袋でポコ用の応急カッパを作成

雨の日はつらいけど、がんばるポコ

■ ついに雨。
朝、起きたら雨が降っていた。週間天気予報通りだが、徳島でも久しぶりの雨らしい。ちょうど山門の下で屋根がある場所にテントを張ったのでよかった。昨夜の到着が遅かったし、体も疲れていたので、しばらくテントの中で雨の様子を見る。その間、すぐ下の民宿に泊まっていた歩き遍路の人たちが次々に寺へ向かっていった。頑張ってるなあ。我々も重い腰を上げて9時過ぎにようやく出発した。
18番恩山寺の次は19番立江寺。小さな門前町もあり、庶民的な雰囲気なのに、納経所はまるで銀行の窓口のよう。事務的な感じで遍路バスツアー一行の山積みになった納経帳を次々に片付けていた。
■ ありがたや、お接待
19番から20番までは14kmほどとけっこう距離がある。雨は止むどころか、だんだん強くなり、寒い。それでも歩きへんろの人たちはみんな頑張って前進する。ポコは逆に寒いくらいが調子がいいのか、今日は元気でまったくバテる様子はない。犬にとっては暑さが大敵みたいだ。それでもぬれてかわいそうなので、ビニール袋で即席のカッパを作ってあげたけど、いまいちみすぼらしい。今度はもっとカッコイイカッパを作ってあげるからね、ポコ。
今日は、なぜかお接待が多かった。農家のおじいさんがミカンとティッシュペーパーをくれた(両方ともありがたい!)、タコヤキを買ったら、お茶を入れてくれたうえ、巻き寿司まで出てきてお土産にも持たせてくれた。「雨の日、歩いている遍路さんには、つい、ね」と店の人。でも毎回これじゃ、商売にならないんじゃないのかな。
■ 鶴林寺へのつらい登り
今日は雨も降っているし、鶴林寺へは登り坂なので、その手前で野宿しよう、と思っていたけれど、適当な場所がなく、結局5kmほど登って寺の駐車場に泊まった。残念ながら屋根のある場所はなく、濡れたカッパや衣類を電話BOXや公衆トイレの中に干す。体をタオルで拭き、少しはさっぱりしたけれど、あ~、お風呂に入りたい! 四国に来て7日目、まだ1回しか風呂にありつけない。今度はいつ入れるだろう。


<メモ>
●コース:18番恩山寺(徳島県小松島市)→19番立江寺(徳島県小松島市)→20番鶴林寺(徳島県勝浦郡勝浦町)
●歩行距離:18km
●今日の札所:
18番 恩山寺(計測できず)→厳かな雰囲気の山寺。舎利子ほか仏陀の弟子が勢ぞろい。
19番 立江寺(N33°57’52’’ E134°36’31’’)→境内はそれほど大きくないが、団体が食事をしたりする場所もあって、納経所なども役場か銀行風。商売熱心な感じ。
●宿泊地:20番鶴林寺の駐車場B トイレ(NOT水洗)、水あり。屋根なし。(N33°54’41’’ E134°30’36’’)
※宿泊地のランクを入れました。A:かなり快適 B:まあまあ。C:いまいち。D:オススメできない

 

 

 

« »