ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2001/04/15の日記 晴れ 東京→徳島 歩行距離 約4km

2001/04/15の日記 晴れ 東京→徳島 歩行距離 約4km

空港カウンターでケージに入れられるポコ

一番札所で先達の遍路さんにかわいがられるポコ

四国遍路の旅のガイドブック

■ ポコ、飛行機に乗る
JAS徳島行き175便 12:45発で徳島へ。
ポコも羽田空港の出発ロビーをトコトコ歩いてチェックイン・カウンターへ向かう。
犬は手荷物扱いとなるので、ここでお別れ。ケージに入れられガタガタ震えている。
ところで、歩き旅のくせに飛行機とは贅沢、と思われそうですが、徳島行きのフェリーは中型犬のスペースがない、と断られ、かといってJRやバスも犬はダメ。仕方ない選択だったわけですが、犬にとっては長時間のフェリーよりずっと楽なはず。それにしても人間は片道12500円(株主優待)なのに、ポコは8000円。高いなあ。
■ 一番札所で先達に会う
徳島空港13:10着。ここから一番札所の霊山寺までは犬もOKだったのでタクシーを利用する。
一番札所は、予想していたよりも落ち着いた感じだったけど、白装束の方々が観光バスからゾロゾロと降りてくる光景はここならでは。
ところで、まったく遍路初心者の我々は、どうしてよいのかわからず、まずは本堂横の売店で最低限の遍路グッズをそろえることにした。金剛杖1500円、写経帳1500円、納札200円、般若心経の本500円、数珠2000円。遍路グッズは意外に高いので、白装束はとりあえずやめることに。売店のおばちゃんに作法を習い、見よう見まねで般若心経を唱える私たち。その間、ポコは、本堂横につながれ、「なんでこんなところに連れてきたんだよ~」とうらめしそうに上目使いでこっちを見ている。
そんな犬連れの私たちを見て、今日八十八箇所を回り終えたという先達(遍路)のおじさんが声をかけてきた。おじさんも歩きで40日余りで回れたというが、10kg以上も痩せたとか。ダイエットにはよさそうだけど、果たして我々は大丈夫だろうか。
■ Ninjaの旅ライダー参上
一番から二番札所、極楽寺までは1kmとすぐだったので、納経してもらい、キャンプ場ガイドで見つけた本日の宿泊地へ向かう。 3kmくらいだからすぐ、と思って歩き始めてまもなく後悔することになる。バイクでの3kmと20kg近い荷物を背負って歩くのではまったく感覚が違う。3kmは遠い。しかも遍路路から外れて街中になると金剛杖を持ち大荷物で犬を連れて歩く一行はなんだか異様でますます目立つ。
1時間弱かかって藍住町の「緑の広場」キャンプ場へ到着。街中とはいえ川沿いの静かな公園で、なかなかグッド。しかも無料だ。テントを張っていると、ライダーがやってきた。NINJAで四国を旅する北九州の陶山氏。なんと「全日本ツーリングベスト100」と古いツーリングマップを持って回っている。彼は生粋の旅人で、沖縄や北海道をアルバイトしながら転々としているそうで、ちょっと前までは島根の酒造元で働いていたという。大東島でも精糖工場で働いたそうで、お互いの旅話に花が咲き、徳島名物の「すだち酎」で乾杯した。


<メモ>
●歩行距離 :約4km
●本日の札所:1番霊山寺 遍路グッズの店があり、一式そろえられる。
2番極楽寺 大師が植えた「長命杉」がある。 無料の冷水機と紙コップあり。
●本日の宿:藍住町グリーンスポーツ施設「緑の広場」キャンプ場

»