ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブログ

尾瀬 2020年9月15~16日

福島県民割が山小屋にも適用されるので、見晴の弥四郎小屋に予約を入れて、福島県側の沼山峠から出発。大江湿原から燧ケ岳が見えますが、曇り空なのが残念。

尾瀬沼湖畔の長蔵小屋。コロナの影響でハイカーは少なめの印象。

尾瀬沼の北側を通って沼尻へ向かいます。

尾瀬沼湖畔を進んで行きます。

リンドウが咲いていました。

日本では北海道と尾瀬でしか見ることのできないナガバノモウセンゴケ。尾瀬でも、どこにでもあるわけではありません。
白砂田代で見ることができるので、興味のある方は探してみてください。

4時間ほど歩いて、尾瀬ヶ原の見晴地区に到着。今日のお宿、弥四郎小屋です。
真後ろには燧ケ岳がそびえています。

尾瀬ヶ原にはウメバチソウがたくさん咲いていました。

テラスで尾瀬ヶ原を眺めながらのビール。至福の時です。

足元を見ると、カミキリムシが遊びに来ていました。

弥四郎小屋は1泊2食で通常9900円なので、県民割で4900円。お風呂も入れます。今日の宿泊者は17名。コロナ禍で今シーズンは閉めてしまっている小屋も多いようです。

夕食はとんかつでした。

おはようございます。昨日は8時前に寝てしまいました。朝食はさばと卵焼きでした。

帰りのコースはどうしようか迷ったのですが、燧ケ岳はもう何度も登っているので、もう何年もご無沙汰している裏燧街道経由で御池へ戻るコースに決めました。でも、それだとコースが短すぎるので、尾瀬ヶ原を半分だけ周遊してから裏燧へ向かうことにします。

目の前に見えるのは至仏山。2泊3日なら至仏山へも行けるんだけどなぁ。

泊まった弥四郎小屋は福島県、尾瀬ヶ原で群馬県に入って、ヨッピ川を渡って新潟県に入って、また福島県へ。

これで尾瀬ヶ原とはお別れ。裏燧街道へと進んでいきます。

温泉小屋から兎田代あたりまでは、深い森の中を歩く感じ。展望もなく、ちょっと地味。

後半は小さな湿原が次々と現れて目を楽しませてくれました。ここは、上田代で後ろに見えるのは大杉岳です。ここを越えてしばらく歩けば御池到着。

今回のGPSトラックです。昨日と今日で歩いた距離は26キロ。良い運動にもなり、リフレッシュできました。

流石山 2020年9月8日

東日本大震災を経験した時は、もう、自分が生きているうちでこれ以上の災害が起こることはないだろう、逆にこれからはいいことダラケかも?なんて楽観していたのだけれど、最近のこの閉塞感は何だろう・・・

海外へどころか、県外への移動も気が引ける。あちこちぶらりぶらりと漂うのが好きな自分には辛い、辛すぎる・・・じわり、じわりと首を絞められているような、何とも言えないイヤ~な感じ。

お仕事はしっかりして、とりあえず、3密を避けて流石山へ。登山口までの林道が崩壊しているため、3.5キロ手前から歩かねばならず、寄り付く人も少ない事から、コロナ禍では理想的なルート。バイクならいけるとの情報もあったが、間違いでした。今日行ってみて、大石がゴロゴロ転がっていてバイクでも不可と分かりました。

1時間半ほど歩いて大峠へ。
ここ、風景が開けていて、風が吹き抜けて、お地蔵さんが居て、好きな空間です。
ガツガツ登るのも何だかなぁ、なので、最近の戦術。休憩をたっぷりと取って、読書しながら山歩きすることにします。

もう何度も何度も来ているコース。気持ちよければ良いわけで、山頂を踏まなくても良いくらい・・・一日、何となく良い感じに過ごせればいい。


花の多いのが、この山域の特徴。だから、何度もきてしまうんですよ。
ハクサンフウロ。いい色。

ウメバチソウ。晴天で白い花を撮影するときは、ホワイトバランスをマイナスにして・・・パチリ!黄色の丸いタマタマがカワイイ花。

山でリンドウが咲き出したら秋が近いサイン。会津若松では35度にもなっているとラジオから聞こえてきますが、標高1800Mのこの辺りは、Tシャツだとちょっと寒いくらいでした。

東側を振り返れば那須の茶臼岳。

流石山の山頂。

気持ちの良い尾根歩きが、このルート最大の楽しみです。

今日のGPSトラック。黙々と、往復15キロ、6時間の山歩き。頭の中を整理する大事な時間。誰にも会わずに1日過ごせました。

額取山 2020年9月1日

天気はイマイチだけど、近場で汗をかきたくて、郡山市の西側に位置する額取山へ行くことにしました。歩道も整備されていて、展望も良く、町からも近く便利なトレーニングコースです。登山口は御霊櫃峠です。

展望は望めませんでしたが、意外にも花が多くて楽しめました。これはタカネナデシコ。

マツムシソウ。

ホツツジ。

ヤマトリカブト。

今日のGPSトラック。

郡山のらぁ麺おかむらで食べて、郡山温泉に入って帰宅。

月山 2020年8月27日

山形遠征2日目は月山。

雪に覆われた春先とは大分様子が違いました。

ミヤマリンドウ。

イワイチョウ。

ニッコウキスゲ。

ウメバチソウ。

ハクサンフウロ。

ハクサンイチゲ。
秋に近づくと、花の種類も少なくなってしまうのですが、さすが月山、たくさん見れて楽しかったです。

ほんの少しですが、雪も残ってました。

山頂到着。
神社はお金がかかるのでいつも行かずにこっちの三角点を目指します。知らずに神社が山頂だと思ってる人も多いと思います。

少し天気も崩れてきたので、姥ヶ岳へは向かわずに、同じ道を戻りました。

南蔵王 2020年8月26日

蔵王エコーラインのてっぺんから北側はお釜があったりと、蔵王のメインコースですが、今日は逆に南へ下って行こうと思います。

リンドウが咲き始めると秋も近い。

芝草平の湿原に到着。風がきもちいいです。

ずっと湿原のベンチに座っていたくなります。

トンボがたくさん居ました。

ウメバチソウ。

しばらく歩いて屏風岳の山頂へ。

下山途中南蔵王の縦走路を振り返ったところ。

今日のGPSトラック。

一切経山 2020年8月13日

今日は浄土平に来ました。一切経山に登ってみようと思います。
酸ヶ平避難小屋が見えてきました。
ウメバチソウが咲いていました。

今日は下界は猛暑のようですが、ここは標高も高く、風も吹いているので快適です。

山頂に到着!

五色沼、別名魔女の瞳がとても綺麗でした。

鎌沼を通って姥ケ原へ向かいます。岩手の焼石岳で見ることのできたチングルマも、ここではほとんど終わっていました。

リンドウを見ると秋も近いのかなと感じます。

吾妻小富士を見ながら下山します。

今日のGPSトラック。
密を避けたくて、温泉は入らずに帰宅しました。

栗駒山 2020年8月6日

今日は栗駒山です。須川温泉から登山開始。

イワイチョウが咲いていました。

モウセンゴケです。

アサギマダラに遭遇!意外と逃げないもので、粘って羽を広げたところを写真に撮ることができました。

樹林帯を抜けると、栗駒山が見えてきました。

山頂到着。

帰りは秣岳経由で下山することにしました。ここはしろがね草原。

タチギボウシ。

サワランも咲いていました。

GPSトラック。ぐるりと周遊したので、昨日の焼石岳に負けず劣らずロングコースになりました。

焼石岳 2020年8月5日

夏休み、2つ目の山は岩手の焼石岳!
道の駅で車中泊して、中沼登山口へ来ました。

中沼から見える焼石岳方面?遠いなぁ・・・本当にたどり着くんだろうか。

しばらく樹林帯を歩くと、銀名水に到着。凄く水が冷たくて美味しかったです。

立派な銀名水避難小屋。

銀名水を過ぎると、展望も開けてきて、花畑が連続して現れるようになってきました。

焼石岳が見えてきました。
こんなに花の多い山は初めてかもしれません。凄いなぁ・・・

カラマツソウ。

ウメバチソウ。

ヒオウギアヤメ。

シナノキンバイ。

ハクサンフウロ。

ハクサンイチゲ。

クルマユリ。

ミヤマリンドウ。

オクキタアザミ。鳥海山と焼石岳にしか咲いてないそうです。

ダイモンジソウ。

花がいっぱいなので、長い道のりも飽きることなく歩けます。

焼石岳への最後の登り。

山頂に着きました!標高1548M。おにぎりを食べてから、焼石平の広大なお花畑をぐるりと巡って下山することにします。

お花畑には池塘も点在していました。

角度によって、焼石岳もまた違った感じに見えます。

テレマーク関係でフェイスブックでも繋がっているTさんと偶然バッタリ会っちゃいました!
長い道のりを下山することにします。

往復14.5キロ。長かったです。

会津駒ケ岳 2020年8月3日

梅雨明け一発目は会津駒ケ岳です!朝7時半で既に駐車場はいっぱいになりかけてました。

アサギマダラが居ました。台湾の方から飛んでくるんだそうで・・・小さいからだなのに凄いですね。

ブナの森を抜け、森林限界を越えると湿原か広がっています。やっぱり何度来てもいい山です!

山小屋が見えてきました。

泊まったことはないけれど、コロナが収束したら、一度ゆっくり泊まってみたいものです。

コロナ対策はされているようです。

山小屋の周辺はお花畑になっています。
何と、偶然友人にも遭遇。朝4時半から登ったそうで、既に中門岳も往復して下山するところだとのこと。

ハクサンコザクラの群落があっちにも、こっちにも・・・

ハクサンコザクラは私の一番好きな花です。

チングルマもまだ咲いていました。

ミヤマリンドウ。

イワイチョウ。

ツルコケモモ。

中門岳方面へも足を伸ばしてみます。

ハクサンコザクラの大群落がありました。

ニッコウキスゲ。

天気も怪しくなって来たので、中門岳の手前でひきかえすことにしました。

会津駒ケ岳の山頂を踏んでから下山することにします。

今日のGPSトラック。
沢山の花に出会えて満足のいく山行でした。
温泉は、南会津の通称電気屋温泉に入って帰宅しました。

赤面山 2020年7月20日

今日は赤面山です。冬季は一番身近に山スキーが楽しめる山として、これまで何度も登っていますが、雪の無い時期に登るのは初めてかもしれません。

雪が無いと随分印象が違うものです。

9合目でも木々がうっそうとしています。冬場と違って解放感は感じられません。
山頂到着。晴れてはいません。今年の梅雨明けはいつになるのか・・・

今日のGPSトラック。

下山後、西郷村の二代目いまの家で「チャーシュー味噌」を。

温泉は白河温泉「弁天荘」へ。
天気がパッとしない日々が続いていて、遠出する気が起きません。しばらくは近場の山で遊んでいく感じですね。