ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブログ

月山 2017年7月26日

東北地方、なかなか梅雨明けしませんね。梅雨前線が北へ南へ行ったり来たりして各地で豪雨災害が起きています。昨日、25日は秋田県で豪雨、そして26日の今日は関東まで梅雨前線が南下するそうです。26、27と連休だけど、どこへ行ったら良いものやら・・・

26日(水)の福島は関東の影響を受けて曇りの予報、思い切って北上してしまえ!と昨日、25日に仕事を終えてから車で山形県の道の駅まで走って車中泊。翌朝6時前に起床してローソンでコーヒーとサンドイッチの朝食を取り、月山登山口へ。駐車場にはすでに沢山の車が停まっていました。

月山といえば姥沢口から毎年春スキーに訪れていますが、今日の弥陀ヶ原口からの入山は20年以上ぶりです。20代前半の頃といえば、遊びというと、山登りとキャンプとバイクツーリングしか知りませんでした。休みのたびに登山靴を履いてリュックを背負ってテントを担いで、あちこちバイクで行っていました。前回このルートは深い霧で何の展望もないまま歩いていたことが記憶に残っています。寒かったように覚えているので季節は晩秋だったのかもしれません。

今日は快晴です。20年以上前の記憶をたどりながらのんびりと登って行きたいと思います。

 

歩き始めると、いきなり絶景の弥陀ヶ原湿原が現れました。東北地方では飯豊や朝日連峰でもこのような楽園のような場所はありますが、それは、延々と標高差1000メートルの急騰を5時間登った末に現れるということになっているのに、何の苦労もしていないうちから見れてしまって申し訳ない感じです。

 

湿原の中の池、池糖にはサンショウウオでしょうか?イモリでしょうか?元気に動き回っていました。

 

ニッコウキスゲもあちこちで咲き乱れています。

 

弥陀ヶ原湿原は花でいっぱいでした。これはヨツバシオガマ。

 

キンコウカ。

 

タチギボウシ。

 

さすが月山、修験道の方々も登って行かれます。

 

弥陀ヶ原湿原の終わりから山頂方面を望みます。雲一つない良い天気。

 

湿原が終わったので、しばらく花はないんだろうなと思っていたら、山頂まで花畑が切れることなく続いていました。これはトキソウという珍しい貴重な花。道の傾斜も緩く、延々と続く花畑。まさに理想の散歩道という感じ。

 

タテヤマリンドウ。

 

風もそよ風。お花畑はまだまだ続きます。

 

イワイチョウ。

 

可憐なコイワカガミ。

 

岩に咲くチングルマ。

 

ミヤマシオガマの紫が目を引きます。

 

大分標高も上がってきました。湯殿山も顔を出しました。手前は品倉山、春の山スキーではおなじみの山域ですが、夏に来るのは初めてで新鮮です。

 

木道の先には月山山頂が見えて来ました。

 

岩の間に咲くミヤマウスユキソウ。エーデルワイスというやつです。

 

月山山頂に咲く、ハクサンフウロ。

 

近くにショウジョウバカマも咲いていました。

 

イワギキョウ。

 

モウセンゴケ。

 

月山神社と山頂小屋。

 

姥沢口方面の眺め。

花と景色の素晴らしい充実した5時間のハイキングでした。ルートも長すぎず、展望も良く、花畑が続き、傾斜も緩く、これほど完璧なコースはなかなかないんじゃないでしょうか。山へ行ったことのない方が来たら虜になってしまうんじゃないかなと思いました。

 

今日のGPSトラック。毎年来たいと思うくらい素晴らしいルートでした。

 

肘折温泉で汗を流しました。

さて、明日はどこへ行こうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

桧山 2017年7月19日

暑い日が続きます。関東は梅雨明けしたとのことですが東北南部はまだのようです。蒸し暑くてガシガシ運動しようという気分にはなれず、今日は花見&旨いラーメン&ちょびっと高原ウォーキングという日帰りプランを練ってみました。まず、向かった先は福島県三春町の法蔵寺。西暦1289年に開山された三春で一番古い寺です。

三春町といえば、日本三大桜の滝桜があったり、古い町並みが残っていたり、お寺が多かったり、オシャレな雰囲気のあるこじんまりとした町で、映画の舞台にもなっています。広島県の尾道とか、岐阜県の郡上八幡も素敵ですが、福島県にも三春をはじめ、会津若松など美しい町があります。

 

その、三春町で一番古い法蔵寺といえばハスの花。今、見頃を迎えているということで行って参りました。

 

何とも不思議な花ですね、ハスって。

 

花にばかり目が行きがちですが、葉っぱの上ではアオガエルがゴロゴロ喉を鳴らせていました。

 

体調は2センチほど。

 

ハスの花を見た後は、三春町のラーメン屋「はし軒」へ。ワンタンメンを食べましたが、相変わらずの旨さで大満足。

 

昼食後は、常葉町へ移動して、阿武隈高原の桧山登山口へ。登山口の沼ではスイレンがちょうど満開でした。スイレンといえば、タイの世界遺産スコータイ遺跡の見事なスイレンを思い出しました。

 

素晴らしい咲きっぷり、お見事。

 

桧山目指して登って行くと、風車がたくさん見えて来ました。

 

桧山の山頂付近は牧草地になっていました。

 

山頂到着。標高1000メートルくらいなので下界よりは涼しいです。

 

山頂までは車でも登ってこれるような、ユルユルルートだったため、下山ルートはあえて道なき道を行く藪コキを楽しんでみました。とは言ってもGPSがあるので安心なんですけどね。

 

本日のGPSトラック。傾斜的にはテレマークスキーに最適な牧草地が広がっていました。標高は1000Mありますが、阿武隈高原なので大した積雪量はなさそう、なんですが、何と!この沼のほとりには昭和的建造物があり、そこには、桧山スキー・スケート場レストハウスの文字が見えました。かつてはここもスキー場だったのかとびっくりです。スケートはきっと沼に張った氷の上でやってたんでしょうね。確実に温暖化が進んでいるんですね。

 

下山後に三春町の「斉藤の湯」で汗を流しました。

 

 

 

 

朝日岳(那須) 2017年7月16日

今日の福島周辺の天気は北よりは南の方が良く、午後よりは午前の方が良いという予報。近場でどこかハイキングが楽しめそうなところはないかと考えた末、那須岳へ行くことにしました。朝8時半に表那須のロープウェー前の駐車場から登山開始。

 

天気はあまりぱっとしない曇り空。さすが日曜日の表那須はハイカーが多いなと思っていたら、世間は3連休だったんですね。今の仕事をしていると曜日の感覚がなくなってきてしまいます。

 

峰の茶屋の避難小屋もたくさんの人が来ていました。何とか今日の目的地、朝日岳の山頂は見えていますが、西の方は黒い雲がありました、やっぱり午後から天気は荒れそうです。

 

峰の茶屋から朝日岳へ進んで行きます。

 

こういう鎖場なんかがあったりして、落ちたら死んじゃいそうなのに、子供連れのハイカーがいっぱい来ています。大丈夫なんでしょうか。おっかないですねぇ。私はこういうところより、傾斜の緩やかな森や湿原が好きです。

 

しばらくゴロゴロ石とか崖っぷちを登っていくと、朝日岳山頂に着きました。天気が心配なのでザックを下すこともなく、そのまま踵を返して下山しはじめました。

ところで、登山ファッションの下半身ですが、最近、短パン&筋力サポータータイツみたいなの履いている人多いですね。楽なんでしょうかね、やっぱり・・・私は試したことないのでわかりません。

今から30年前、私が登山を始めたのは18歳の時、ワンダーフォーゲル部に入部したことがきっかけです。当時のスタイルは、ニッカボッカ―&ハイソックス&ゴツイ革登山靴、ザックはキャンバス地のキスリングだし、テントも馬鹿でかく重い三角テントでした。

ワンゲル引退後は反動で、ニッカボッカからズボンへ、キスリングからナイロンザックへ、重たい革靴からゴアテックスのトレッキングシューズに買い替えて登山を楽しんできました。

長年、ズボンでの登山をしていましたが、夏山では裾が汚れるんですよね。今年からズボンをやめようと思ったとき、最近はやりの短パン&サポータータイツが頭をよぎりましたが、古い人間なのでしょうか、やっぱりニッカボッカ―&ハイソックスのスタイルに戻ることにしました。

 

 

下山し始めると、あれよあれよという間に山頂はガスで覆われてしまいました。

 

登山開始も早い時間だったのでお昼前には下山できました。

 

那須は硫黄泉ならあちこちどこででも湧いています。今日は小鹿の湯で汗を流しました。

 

午前中で山も温泉も堪能したので、昼食は那須町から県をはさんで福島県白河市へラーメンを食べにいきます。白河市にはラーメン屋がひしめき、といかくレベルが高い!福島県民の間では、喜多方派も多いけど、白河派も負けずに多いです。私は断然白河派ですよ。今日は久しぶりに、鈴木食堂へ行ってきました。

午後になると、福島県南部は土砂降りの雨になりました。やっぱり、午前中に山へ行っておいて良かった。午後は図書館でゆっくり読書することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雄国沼 2017年7月9日

2週間ほど前にも別ルートから雄国沼へ来たのですが、ニッコウキスゲはまだ咲き始めでした。ニッコウキスゲの名所は数々あれど、花の群生する密度に置いて雄国沼はちょっと別格だと思っています。なので、何としても今年も行きたい。ところがこの時期は梅雨で天気と休みと花の咲き具合のタイミングがなかなか合いにくい。今日も数日前の天気予報では雨だったので、小雨なら釣り、大雨なら図書館へでも行こうかなと思っていたら、予報が変わって快晴&猛暑日とか。朝4時起床、5時に出発して7時に雄子沢登山口へ着いてみると既に駐車場からはみ出た車でいっぱいでした。ニッコウキスゲ狙いのハイカーです、皆さんお好きですねぇ。

2週間前の雄国沼のレポート

雄国沼の湿原まではここから約6キロ、のんびり歩いて片道2時間です。ニッコウキスゲが満開で日曜日で快晴と条件がそろった結果、県内外からもすごい数のハイカーが来ていました。

 

のんびりと2時間弱の散歩でメインの雄国沼湿原に到着。2週間前と違ってニッコウキスゲ真っ盛り。雄国沼へはニッコウキスゲのシーズンに何度も来ていますが、天気と咲き具合は今回が一番だと思いました。

 

まだ、朝早いんですがたくさんハイカーが来ています。こうなると、広角の風景写真にハイカーを入れないのは不可能なので、逆に利用して撮ってやろうかなと思ってみたりして・・・

 

尾瀬のニッコウキスゲも見事ですが、群落の密度もここの方が上のような気もするし、沼のほとりというのがまた良いのだと思います。

 

ほんとに満開!すばらしい。天気も最高!

 

見頃はあと数日後までかなぁ。

 

ハイカーが多く、木道は狭い。写真撮影も一苦労です。

 

一面、黄色。

 

空は雲一つなし。下界は猛暑のようですが、ここは楽園です。

 

とりあえず、木道1週目はニッコウキスゲ中心に撮影。

 

2週目はもう少し足元に視線を転じて撮影。小さくて可愛らしいトキソウ。

 

こちらはサワラン。

 

来た道と同じ道を戻りました。今日のGPSトラック、往復約12キロのハイキングでした。

 

 

 

 

八方台・猫魔ヶ岳・厩岳(うまやだけ)山・雄国沼 2017年6月27日

朝4時半に自宅を出発。途中道の駅のトイレに寄ったりコンビニで朝食を取ったりして、磐梯山ゴールドラインの八方台登山口を出発したのは6時半でした。気分の良いブナ林を登って高度を稼いでいきます。

 

1時間も登ると猫魔ヶ岳の山頂に到着。目の前にはドーンと宝の山、会津磐梯山が望めます。

 

猫魔ヶ岳からは雄国沼の展望が望める猫石へ。ここからは道が二手に分かれますが、より踏み後の少ない厩岳山へ向かいました。途中カモシカに会いました。バッタリ会って逃げて行ってしまいました。日本は野生動物にとって相当生きにくい国なんだと思います。私はクマの駆除にも反対なのですが、だったら山へ入るなと言われてしまいそう、動物と人間が上手く付き合って行くにはどうしたらよいのでしょうね。

 

道端ではマイズルソウが開花しています。

 

ピンク色の目を引く花はハコネウツギ。近寄ってみると花弁の中は虫達で大渋滞。写真的にはあまりきれいじゃないけれど、虫たちにとっては今が栄養の補給時なのでしょう。

 

誰とも会わないどころか、カモシカさんを驚かせてしまった後にたどり着いた雄国沼は人間でいっぱいでした。ここはシャトルバスに乗って終点から15分くらい歩けば来れるのです。私のように往復7時間もかけて歩いて来るのは完全に少数派です。山歩きもルート取りに寄って色々な表情を見せてくれます。これはこれで、「こんにちは!ニッコウキスゲ、まだちょっと早かったですね」などとハイカーとあいさつを交わしたり、情報交換を楽しみます。

 

ニッコウキスゲで有名な雄国沼、最盛期には一面黄色尽くめになるのですが、まだ咲き始めでした。

 

その代わりと言っては何ですが、レンゲツツジが盛りでしたね。

 

湿原は白い点々でいっぱいです。ワタスゲが良い感じ。

 

タテヤマリンドウも今が盛り。小さく地味ですけど気品がありますよね。

 

アヤメも咲いていましたが、鳥見山公園のに比べれば、自然のものなのでやはり小ぶりですね。でも、こっちの方が好感持てます。花センターみたいな所で管理された生き生き草花より、多少元気なくても自然界の自然な花が好きです。

 

八方台から雄国沼を経由して1週してきましたが、アップダウンも少なく自分好みのルートでした。私は傾斜の緩い道が好みなんです。ストレスなく歩ける道を長時間ぶらりぶらりと歩きたいタイプです。垂直に近いようなところを攀じ登るのは、全く興味ありません。今日のルートは距離は約17キロ、アップダウンもそれほど激しくなく7時間ほどで1週できたのでなかなか気分の良いハイキングコースだったと思います。

 

 

下山後は1時間ほど、車の後部ベッドで読書。汗だくで不快なんですが、なぜかこれが心地良いのです。それでもって、今日は湖南町老人福祉センターで入浴。200円でスッキリ!

今日も良い一日でした。

 

 

 

 

 

権太倉山 2017年6月23日

昨年の今頃は、雄国沼あたりでニッコウキスゲが満開だったようですが、今年は開花が大分遅れているようです。今一つ花の期待できる山が思いつかなかったので、近場でいいやと我が家からすぐ近く、白河市大信地区の権太倉山に決めました。ここへ登るのは4度目。いつの間にかビジターセンターがリニューアルされていました。ここから登山開始です。

 

今回は熊対策のため爆竹を持って歩くことにします。私たちはザックに鈴を付けて歩くのはうるさいのであまり好きではないので、今まで何のクマよけグッズも持っていませんでした。先日、斉藤山で出会ったご夫婦が爆竹を持ち歩いているのをお聞きし、私たちもお守りのつもりでザックに入れておくことにしたのです。

 

しばらく登ると風穴がありました。穴から涼しい風が吹いてきます。今日は蒸し暑いので気持ちが良かったです。

 

馬の背というポイントまで来ました。山頂まではもう少し。

 

山頂到着です。羽鳥湖方面がきれいに見渡せました。

 

下りは、登りと別の源流口コースを通って登山口のビジターセンターへ戻りました。

 

登り90分、下り60分。私たちにはちょうど良いくらいの運動です、良い汗が流せました。

 

昼食は鏡石町のラーメン屋「うさぎ」。けんいちは950円のチャーシューワンタンメン、ぽこゆうこは650円の手打ち中華。この店も我が家から近場の美味しいラーメン店です。

 

食休みに鏡石町内の鳥見山運動公園を散歩。4万株のあやめが見頃を迎えていました。

 

今日の温泉はお隣矢吹町のあゆり温泉。ここはヌルヌル系のアルカリ単純泉です。

帰りは鏡石のイオンスーパーセンターでカツオの刺身を買って帰宅。

遠出せず、近所でのんびり休日を楽しむことができました。

 

 

 

 

 

湯田川温泉・羽黒山・大の目温泉 2017年6月15日

湯の浜温泉の海岸線の駐車場で車中泊した翌朝、朝風呂に入るため鶴岡市の湯田川温泉へ。共同湯の正面湯へ入ることにします。斜め前の商店で入浴券200円を買うと、脱衣場への扉の鍵を開けてくれました。まだ朝7時と早いのに地元の人が続々と入りに来ていました。

 

湯舟はこんな感じです。湯の浜温泉は塩っぱくて熱めだったけど、ここは硫酸塩泉で42度くらいの適温でゆっくり入ることができました。

 

月山に登るつもりで弥陀ヶ原登山口へ車で向かいましたが、6月23日開通予定とのことでまだ除雪が完了していませんでした。今日は予定を変更して羽黒山へ登ることにします。

 

うっそうとした森の中を歩いていくと五重の塔がありました。ここまでは観光客も多いのですが、ここから先は参道とはいえ2446段もの階段を登らなければならないため、少し覚悟が必要です。

 

苔の帽子のかわいいお地蔵さん。

 

延々と参道を登りつめていきます。

 

1時間ほど登ると、標高414メートルの羽黒山山頂に到着しました。月山、湯殿山にここ羽黒山を加えたのが出羽三山で修験道の山岳信仰が盛んです。月山や湯殿山は歩いてでないと山頂に立てませんが、ここ羽黒山は自動車道も通っているので気軽に来ることができます。観光ガイドの方が説明しているのを小耳にはさんだところによると、この社殿は日本最大の茅葺木造建築なんだとか。

 

下山後は、山形市の大の目温泉へ。ラーメン屋と旅館も兼用されている温泉施設でした。入浴料は300円。

 

泉質はがっつり濃いめの、ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉でした。

 

湯の色は緑とグレーの間くらい。かなり満足できる入浴感でした。山形市は都会の割に良い温泉が点在していて侮れません。

加茂水族館までは2連休にしては長距離ドライブになってしまいましたが、温泉も良かったしなかなか楽しい休日でした。

 

 

 

 

加茂水族館 2017年6月14日

6月14日、15日と福島県はどうも天気がパッとしないようです。日本海側は比較的降水確率も少なそうなので遠征旅行することに。とりあえず新潟方面へ向かった後、山形県へ北上してみました。青い空と海、良い感じです。

 

琴平荘のラーメン食べたかったのですが、10月まで休業とのこと。残念。

 

鶴岡市で以前も入ったことのある金太郎寿司にて昼食。

 

久しぶりの回転寿司。貧乏な我が家にとってはかなり贅沢なことです。一番安い皿を5皿も食べたところでもう、懐具合が心配になって打ち止めです。死ぬ前に一度で良いから気兼ねなく食べてみたいものです。

 

加茂水族館へ行ってみました。昔来たときは、訪れる人も少ない昭和の香り残る地味な水族館でしたが、今や、クラゲの展示で大ブレイクし、全国からお客さんが殺到する水族館になりました。クラゲ、すごいものですね、美しいです。感動しました。

 

世界最大のクラゲ水槽は圧巻でした。

 

クラゲだけでなくアシカショーも楽しかったですよ。入場料1000円なのに充分楽しませてもらいました。

 

夕方近所の湯の浜温泉共同湯でまったり。海沿いなので塩分たっぷりの塩化物泉。入浴料は200円とリーズナブル。

 

夕日を見ながら海辺で一杯。

 

日が暮れて来たので車内に戻って宴会モード。

 

落陽。ちょっと遠かったけどクラゲも温泉も良かったなぁ・・・

 

 

 

尾瀬 2017年6月9日

先週、6月4日は尾瀬へ行こうとして悪天で斉藤山へ変更したのですが、今日6月9日は快晴!尾瀬リベンジです。それにしても御池駐車場の雪の壁、今年は高いですね。ところどころ、藪に阻まれるでしょうが、頑張ればまだスキー登山できそうな雰囲気でした。ヘルニアンなけんいちと膝の弱いぽこは、もちろんハードな藪山スキーなどできないので、お気軽ハイキングに出かけることにします。もう、この年になると、山も旅もユルユルくらいが丁度良いみたいですね。

 

御池駐車場から先は一般車は通行規制で入れませんのでシャトルバスで沼山峠へ。520円なり。ここで標高すでに1600M。ユルユル歩きを開始します。

 

さすが、世界の尾瀬。全国各地からハイカーが来るんですね。耳慣れない方言も沢山聞こえて来ます。中には6月の残雪にびっくりされている方もいらっしゃいました。

 

沼山峠から小一時間歩くと、大江湿原という巨大な湿原に飛び出します。雪解けから間もないこともあって、色は薄茶色。水芭蕉の他数種類の植物しか確認できません。このあと、徐々に湿原は緑に覆われ様々な植物が咲き乱れ、表情を変えていきます。

 

大江湿原をしばらく歩くと、後ろに東北地方の最高峰でもある燧ケ岳が見えて来ました。もう何十回と登っている山です。何も遠くまで行かなくても、我が家から近くにこんな素敵なところがあるんですけどね。なぜか隣の芝はより青く見えるというように、遠くの山にあこがれてしまいます。ちなみに、今登りたい山は岩手山。

 

大江湿原にはところどころ川が流れており、川のほとりには水芭蕉が咲き始めていました。水芭蕉は別に珍しいものではなく、水のきれいなところならどこにでも咲く春の植物です。福島県内の平地であればだいたい4月下旬くらいでしょうか。尾瀬の水芭蕉の珍しいのは咲くのがあまりにも遅いことです。標高も高く、豪雪地帯なので、今頃やっと春の花が咲いていることが凄いんです。

 

更に木道を進んで行くと、尾瀬沼が見えて来ました。川では天然のイワナが悠々と泳いでいました。

 

尾毛沼湖畔にある長蔵小屋です。泊まったことはありません。

 

尾瀬沼湖畔に咲き乱れる水芭蕉。

 

水芭蕉の接写。

 

尾瀬沼越しに見る燧ケ岳。

 

尾瀬沼湖畔にシラネアオイが咲いていました。

 

尾瀬沼湖畔、沼尻で昼食休憩とします。

 

昼食はカップ麺とおにぎり。

 

湿原に咲くリュウキンカ。

 

ショウジョウバカマも僅かですが、咲き始めていました。

 

往復約14キロ。標高差が少ないのでストレスなく景色を楽しみながら運動できました。歳を取ると急斜面は苦手になってきます。

 

下山後の温泉。今日は道の駅キララ289。割引で半額の350円で入浴。鉄分の多い塩化物泉でした。

 

 

 

 

 

 

 

斉藤山 2017年6月4日

尾瀬へ行こうと思って昨日から登山基地の桧枝岐村で車中泊していたのですが、今朝起きたら雨。新潟方面ほど天気が悪いようなので東へ移動することにしました。ちょうど会津田島辺りまで来ると雨がやみ曇り空になってきたので、以前から気になっていた斉藤山へ登ることにしました。ここ斉藤山は毎年10月の第3日曜日、全国から山愛好家の斉藤さん達が集合し、ふれあい合同登山をすることで有名なんですよ。

 

会津長野駅に車を停めて登山開始です。手前の山小屋風のが駅舎、奥に見える山が斉藤山です。正しい呼び名は斉藤ヤマではなく、斉藤サンですよ。

 

会津長野駅で記念撮影。

 

雷神様ルートをたどります。

 

珍しいギンランが沢山咲いていました。

 

ちょうど山頂までの中間地点にある展望台に到着。会津長野駅方面の眺めです。天気は相変わらずの曇り空。

 

山頂付近にはこのようなアンテナ?がありました。

 

三角点のある山頂に到着。標高差は750メートルほど、2時間で登って来てしまいました。なかなか良いペースです。風が強くて寒いので、少し下ったところでサンドイッチの昼食。温泉は須賀川市まで戻って藤沼温泉やまゆり荘に入りました。

 

下山路は別の林道ルートをたどりました。