ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブログ

口太山 2019年11月19日

11月は低山ハイクが向いている、と思います。天候が多少荒れても標高が低いので安全に楽しめるし、標高が低いので、まだ紅葉が楽しめるし、何より落ち葉をカサカサと踏みしめて歩くことそのものが喜びだったりする。今日は川俣町の口太山です。

低山ハイクもやっぱり旅的な要素が多いので、できれば初めての山と出会いたいと思っています。参考にしているのが、うつくしま100名山。あの、田部井順子さんも選定委員になって、福島県の100名山が決まりました。地味な山も多いですが紅葉から山スキーシーズンの隙間を埋めるニッチな旅の指針となってます。

おお、登山口はキャンプ場になっているのか!いいですね。いつも空いてそうでいいかも。

晩秋の枯葉を踏みしめる幸せ・・・

標高を上げていくと展望も開けてきました。しかし、昨日の大戸岳も誰とも会いませんでしたが、今日も誰も居ません。秋の野山を歩くのは最高に気持ち良いし、お金もかからないし、健康にも良いしと良い事尽くしのような気がしますが・・・

と言いながらも誰も居ない静けさがなければ魅力は半減してしまうでしょう。これで良いんですね、やっぱり・・・

単調な山道ですが、所々楽しく命名されたポイントもあり・・・

すっかり落葉しているものの、時折目を引くモミジがあったりして・・・

そうこうしているうちに、山頂も間近になってきました。山道には枯葉がたっぷりと溜まっていて歩くのが楽しいです。

口太山の山頂(843M)に到着。

下山は行きと別ルートで下ることにします。

今日のGPSトラック。県北の阿武隈高原の秋を満喫できました。

下山後の昼食は福島市の伊達屋にて。塩ワンタンメンの大盛りです。美味しく頂きました。

福島市の山道具屋teku-tekuでぽこゆうこの山スキー板を受け取りました。膝の負担が大きいので、今シーズンからテレマークから山スキーに転向というか、元の姿に戻ります。けんいちはまだまだテレマーカー続けますけどね。

出費は22万5千円。収入は微々たるものなのに・・・と思うのですが、最近、節約に対する考えが変わりました。カメラのレンズにしても、広角レンズが10年くらい前から欲しくて我慢していたんです。50歳を越えて、5万円足らずのレンズを買うのをいつまで我慢するのかと・・・我慢している間に死んでしまうかもしれないならば、買うのは今でしょうと・・・買ってみたら、もっと早く買っていたら良かったと思った次第です。そういうことで、必要なものは高価であってもどんどん買うことにしました。

岳温泉にて汗を流して帰宅。

若いころは、旅がしたいけど時間と資金の確保に苦労して、ましてや周囲の理解も当然得られず、こんな生き方で良いのかな?とか、いや、やるしかない!とか揺らいでいた気がします。

歳を重ねることで全て吹っ切れてしまったのでしょうか。時間、お金、やりたい事、しがらみなど、自分が何をなすべきか、何はしなくても良いのかが全てクリアーに見えます。

今は、仕事もプライベートも毎日が楽しい日々です。一日一日、一瞬一瞬をとても大事に思います。やりたいことをこれからもやれるような気がしますし、周りの人にも、「人生一度きり、お互い楽しみましょう!」というメッセージを送りながら生きていきたいと思います。

大戸岳 2019年11月18日

今日は低山ハイクへ行くことにしました。目指すのは会津の大戸岳。天栄村の自宅から鳳坂峠を越えて会津方面へ向かいます。羽鳥湖を見ながら進んで行きます。

芦ノ牧温泉付近から闇川登山口へ向かいました。
ここの標高は400M以下なので、1000Mの標高差を登らねばならないようです。低山と舐めて来ましたが、なかなか苦労するかも・・・

枯葉を踏んで歩くのは快適です。

すっかり落葉してますが、所々、目を引く色もありました。

倒木のコケに日が当たって綺麗でした。

足元で目を引いたモミジ。

標高1000Mを越えると、昨日降った雪が残っていました。

風の又三郎と呼ばれる岩場で崖っぷちの難所を通過。

標高1416M、一等三角点のある大戸岳山頂に到着。風が強くて長居したくない状況だったので、写真を撮ったらすぐ下山することにしました。

山頂からは、一等三角点だけあって360度の大展望が楽しめました。磐梯山もくっきり見えました。

下山後のお目当ては、芦ノ牧温泉駅近くの「うえんで」というラーメン屋へ初めて行ってみる、というミッションでしたが臨時休業。仕方なく、何度か食べている「牛乳屋食堂」へ。手打ち極太しょう油ラーメンとハーフソースカツ丼をいただきました。相変わらず美味しかったので満足できました。

帰りは、藤沼温泉やまゆり荘で汗を流して帰宅しました。

今日のGPSトラック。

紅葉ドライブ 2019年11月13日

今日は天気も良いので志津倉山へ登る予定でした。荒々しい岩壁と紅葉の写真が撮れるかなと思っていたのに、台風19号の影響が1カ月経った今でも残っていて、会津もあちこち通行止め。登山口まで行くこともできなくて、結局は紅葉ドライブとなりました。

でも、結果的には今年のベストショットともいえる撮影ができて満足な一日となりました。

矢吹町のすき家で、まぜのっけ朝食ミニ(税込み320円)を食べ、これお気に入りです。甲子街道の雪割り橋へ。紅葉の名所です。橋が老朽化しているため、新しい橋を建設中でした。

甲子トンネルを抜けて下郷町から昭和村へ、県道346号を通っていると何と台風19号の影響で通行止め。昭和村へ行くには会津田島を経由しなければならないとのこと。遠回りだけれど、仕方ありません。昭和村まで来るとお目当ての喰丸小学校の大イチョウの撮影です。

イチョウの黄色って何とも言えず好きです。咲いている時も綺麗ですが、散ってしまった後もまた美しい。レトロな小学校校舎とイチョウの落ち葉、雲一つない青空、とても満足のいく撮影ができました。

人それぞれ好みは分かれるでしょうが、私はこの縦のアングルが気に入りました。自分の中で、今年のベスト10に入る写真が撮れたと思いました。

喰丸小学校は現在は小学校としては機能していません。現在は交流・観光拠点としてカフェも併設され、映画「ハーメルン」のロケ地にもなったそうです。学校内部は無料で見学することができます。私の通っていた小学校はもっと大きかったですが、古さや作りは同じような感じで大変懐かしくなりました。

教室には机や椅子も置かれていました。

国道400号から志津倉山の登山口へ向かうも台風の影響で通行止め。もう、今日は紅葉ドライブに切り替えます。

更に国道400号を、野尻川沿いの紅葉を見ながら金山町へ向かいます。

金山町まで来ると、只見川沿いの国道252号を進みます。大志集落です。

道の駅「みしま宿」からJR只見線只見川第一橋梁の展望台へ。実は数日前にも来ているのですが、天気が曇り空でしたので、今日は再訪です。素晴らしい景色ですね。良く案内板を見てみると、1日片道6本列車が通るようで、通過時刻も書いてありました。あと1時間後の13時05分に通過するようです。今日は紅葉もなかなか見事だし、せっかくなので列車を入れて撮影してみたくなってきました。

JR只見線只見川第一橋梁を列車が通過するまでの間、1時間あるので道の駅で昼食とします。「新そば」の張り紙に惹かれて、天ざる大盛りにしてみました。税込み830円というのもなかなかお得と思いましたが、自販機の料金設定に誤りがあったのか、630円で食券が買えてしまいました。ラッキー?私の勘違いかもという思いもあり、道の駅にはこの件伝えていません。すみません。

味はなかなか美味しかったです。

昼食後は、展望台で撮影。やはり、列車が入ると写真が格段にいい感じになります。鉄道マニアではないですが、素晴らしい撮影場所だと思いました。列車が3両と短いのも可愛くて良いです。

その後は柳津町の福満虚空蔵尊「円蔵寺」へ。ここも紅葉の名所であります。そして周辺は、映画「ジヌよさらば」(松田龍平主演、西田敏行、阿部サダヲ、松たか子助演)の舞台でもあります。

福満虚空蔵尊「円蔵寺」も紅葉真っ盛りでした。
須賀川まで戻って、夕方、やまゆり荘で温泉に入って帰宅。

今日も良い一日でした。

ベトナムの旅 その4 2019年10月10日

今日はベトナム最終日です。ホテルはハノイ旧市街のど真ん中にあります。町のぶらぶら歩きが楽しいエリア、特に朝方は生鮮食材や雑貨、軽食などの移動屋台も出て来て活気があります。

早朝のハノイ旧市街。

肉屋さんも朝が一番のかきいれどき

スーパーカブに荷物満載。

魚もスーパーカブで運ばれます。

物を売る人、買う人で賑わっています。

食べ物の屋台も。

朝食は旧市街の中でも賑わっていたフォー屋で食べることにします。飲食スペースは歩道。低いテーブルとイスが並べられていました。3万ドン(150円)の明朗会計。

朝食を食べ、ひと休み。飛行機は深夜便なので、ホテルに荷物を夜まで預かってもらい、日中はハノイ観光です。水上人形劇の劇場前では舞台関係らしいイベントが行われていました。舞台監督と主演女優?かも。

旧市街の花屋さんです。

相変わらず、小型バイクであふれかえるハノイ。

ハノイ大聖堂近辺のフルーツジュース屋。

旧市街の路地。

ドンスアン市場の近くの定食屋で昼食。肉、野菜、豆腐と好きなものを指さし注文、ハノイビールも付けてひとり7万5千ドン(370円)。

午後はドンスアン市場をぶらぶら歩いて見て周りました。

ハノイ旧市街のドンハー門。

夕方、水上人形劇を観劇。「天女の舞」のシーンはハイライト。

ベトナムでの最後の夕食はバインミー(フランスパンを使ったベトナム風サンドイッチ)です。思えば、ベトナムに着いて最初に食べたのもバスターミナルでのバインミーでした。

ベトナムの旅もあっという間に終わってしまいました。ホテルで荷物をピックアップした後、ハノイ鉄道駅まで歩いて、ここからエアポートバスに乗りました。飛行機は遅れましたが無事に日本に帰って来ました。

5日間という短い期間のベトナムの旅ですが、サパの棚田をツーリングしたりハノイ旧市街を歩いたり、美味しいベトナム料理を食べて充分満喫できました。

かかったお金は、
航空券 往復2万7000円×2人
ホテル代 3泊で1万円
現地での小遣い 約2万円

1年間にたった5日間の休暇を3回、というのが最近のスタイル。次回は2月に北海道の予定。今から楽しみです。

ベトナムの旅 その3 2019年10月9日

今日は午後1時のバスで首都ハノイへ移動する予定。それまで時間があるので歩いてハムロンの丘へ行ってみました。中国にありそうな怪しいミッキー発見!

丘から戻って、サパの町を散策。どんどん町が新しくなっているサパですが、市場があったあたりには昔の雰囲気が残っていました。

旧市街の一角。

バスターミナルへ向かう前にフォーで昼食。

専門店だけあって、市場のフォーとは一味違う感じ、洗練された味でした。5万ドン(250円)。

バスに6時間ゆられて首都ハノイヘ。

サパと違ってむっとする熱気に包まれたハノイ。前回と同じ宿に泊まりました。

ベトナム料理店で奮発してセットメニューを注文。もちろんハノイビールも。

オプションで春巻きも。

中華ともタイとも違うベトナム料理、ここでの食事が今回の旅で一番美味しかったです。短い旅だと予算を気にせずこんな店にも気軽に入れるってもの。

旧市街をブラブラしながら宿へ戻りました。明日はハノイを散策して深夜便で日本へ帰国の予定です。

ベトナムの旅 その2 2019年10月8日

ベトナム2日目。サパの宿で目覚め、窓の外を見てみるとどんより曇り空、小雨も降っていました。短い日程で旅行に来ているので、バイクツーリングができる日は今日と明日の午前中だけで、明日は首都ハノイに戻らなければなりません。残念な天気です。

今回は三ツ星ホテルなので朝食付きです。欧米式の朝ごはんんだったら嫌だなぁと思っていたのですが、さすがベトナム。選択肢の中にフォーもあったので迷わず注文。美味しかったです。

とりあえず、サパの町をブラブラしていたのですが、雨も上がり天気も好転してきたので、予定通りバイクをレンタルしました。1台1日5ドルと格安です。ホテルに戻って雨対策もしっかりして、いざ、バイクツーリングスタートです!

海外でのレンタルバイクは、ガソリンがほぼ空っぽ状態で借りるのですぐに給油が基本。

早速、棚田の広がる農村へゴー!

サパ市内から歩いても行ける一番手前のカトカト村はベトナム人観光客で一杯でした。少数民族の貸衣装を着てインスタ映えする写真を撮るのが人気の様です。

私たちはバイクなので更に奥へと進んで行きます。今回、もしかしたら青々と実った稲の棚田の写真が撮れるかも?と淡い期待をしていたのですが、残念ながら刈り取った後でした。9月ころ来れば良かったのでしょうか・・・

小雨も上がってくれました。

のどかな農村風景が続きます。

黒モン族の女性。雨季だからでしょうか、ゴム長を履いている人が多かったです。

道端の民家。犬と男の子が居ました。

雨で道が荒れているところもあります。

一旦、カトカト村まで戻って、車も通れる上の道から棚田を見下ろしながらのツーリングに切り替えます。

天気はすっきりしませんが、やはりこの辺りの棚田は素晴らしいなと再認識。

棚田の素晴らしい景色が続きます。

バイクも快調です。

所々、良さそうな小道を村まで降りて行ったりもしました。

つり橋です。

のんびりと棚田を見ながらのツーリング、最高です。

村でもお昼ご飯を食べれるところはあるのですが、割高だったので、一旦サパ市内まで戻って市場をぶらぶらしながら食べる場所を探すことにします。

市場の食堂です。

安い上、色々なメニューを食べることができそうです。

私たちは、このアバちゃんの店でフォーを食べることにしました。

なかなか美味しかったです。3万ドン(150円)。
市場で焼き栗も買いました。

そうこうしているとバケツをひっくり返したような雨が降ってきました。村は道がドロドロになり大変なことになっていることでしょう。サパの市場へ戻ってきて正解でした。

午後、土砂降りの雨も止んだので再びツーリング開始。明日の午後発のハノイへ戻るバスの予約も済ませました。

水牛が歩いていました。

午前中行けなかったエリアまで足を伸ばします。

素晴らしい景色が続きます。

前回来たときは棚田に水を張っている状態でした。今回は稲を刈り取り後の状態。次回はぜひ稲の実った棚田を青空の元で見てみたいと思いました。

短い旅行期間中、バイクツーリング充てられる時間は限られています。天気が良くないとはいえ、雨も上がってくれている時間も多かったので、遠くまで足を伸ばすこともでき、たくさん写真も撮れて満足できました。

ここまで来ると、観光客もほとんど居ません。ここから戻ることにします。

タヴァン村まで戻ってきました。

タヴァン村でちょっと休憩。

もう夕方になってしまいました。サパへ向かう道沿いの商店にて。

夕食はサパの新市街へ。庶民的な食堂で食べることにしました。ご飯の上に気に入ったおかずを何品か指さして乗せてもらうスタイルです。一皿5万ドン(250円)、ビールは2万ドン(100円)。

美味いです。ベトナム料理最高!
明日は首都ハノイへ戻ります。

ベトナムの旅 その1 2019年10月7日

今日から5日間のベトナム旅行です。約4年半ぶりのベトナムです。成田空港発なので、昨日のうちに千葉の実家に犬のユキを預けて車中泊。今朝9時半成田発ハノイ行きのベトジェットエアに乗り込みます。航空運賃はオプションの食事代など、全て込みでひとり往復27000円ほど。最近は本当に安く行けるようになりました。

ハノイの空港に午後2時ころ到着。今日中にサパまで行きたいので、ハノイ市内へは向かわず、ミーディン・バスターミナル行きの市バス109番を待っているところ。30分くらい待っているとようやく市バスがやってきて出発。運賃は8000ドン(40円)と安くて喜んでいるのもつかの間、車掌がスマホでベトナム語を英語翻訳した画面を見せます。何事かと覗いてみると、「CAR BROKEN」の文字。運行途中にバスが故障してしまったようで、皆ぞろぞろと下車することに。日本語の話せる乗客(写真のマスクをした青年)が乗っていて、しかもラッキーなことに行き先は私たちと同じミーディン・バスターミナル。案内してくれるとのこと。別のバスに乗り換えて無事に到着できました。

サパまでのバスのチケットはすぐ買うことができました。4時半出発でひとり26万ドン(1300円)。小腹がすいたのでフォーでも食べようと思ったのに、バスターミナルに食堂などは無し。屋台のバインミーを食べることにしました。

相変わらずバイクでいっぱいのハノイを抜けてバスは走ります。

サパまで同じバスで行くのかと思っていたら、さっきまで乗っていたバスはハノイ郊外までのピストンバスで、郊外からサパまではこの寝台バスに乗り換えるようです。

日本ではあまり見かけることのない寝台バス。ほぼフラットになり、wifiも飛んでいて快適です。

サパには夜10時近くに到着。宿もなかなか快適そう。

町のレストランは閉店してしまったので、商店でビール、スkナック菓子、カップ麺などを買ってきて無事到着を乾杯して1日目は終了しました。

安達太良山 2019年10月2日

今日は安達太良山です。朝から快晴!最近バイクが多かったけど、下山後温泉に入るのが面倒になってしまったり、移動にも体力を消耗するので、今回は楽にキャラバンで移動です。朝7時前に家を出発、本宮市の「松屋」で朝食を摂り、あだたらスキー場の登山口へ。登山開始しようと思って車内を見てみると、ザックを忘れてきたことに気づきました。買い物用の手さげ袋に、食料や水などを入れて出発。

小一時間で奥岳まで登ってきました。ここまで来ると、ロープウエー利用の人もたくさん居ました。私も手さげ袋なので、見た目はロープウエー派ですね。

標高1500M付近の安達太良山直下付近の紅葉が始まっていましたがメインは黄色。赤がきれいな安達太良の見ごろはもう少し先になりそうです。

矢筈森付近の紅葉も始まりました。

山頂への中腹で小休止。この辺りは紅葉の真っただ中。

黄色・・・

赤・・・
色鮮やかです。

安達太良山の頂に着きました。平日というのに大人気。

沼ノ平の爆裂噴火口。

鉄山を眺めながら、カップ麺とおにぎりでランチタイム。

勢至平経由で下山します。矢筈森の振子沢も紅葉が始まっていました。厳冬期は山スキーで滑るお気に入りの斜面。

下山して岳温泉の「空の庭リゾート」で汗を流し、歯科受診して帰宅しました。歯ブラシで歯垢は取れてもプラークは取れないのでメンテナンスしてもらってます。老人ホームのスタッフになり、歯の重要性を痛感するようになりました。今では出勤バックにも歯ブラシを忍ばせ、1日3回歯磨きをしております。

今日のGPSトラック。
たまーに山に来た人なのでしょう、今日のビールは旨いぞ!などと話されているのを聞きながら・・・運動は麻薬なんだろうか?と考えてしまいました。
自分には足りないんですね、もっと激しい運動を求めてしまいます。ヘトヘトになりたいという欲求があるけど歩いても歩いても疲れないので、時間が足りないというのが今の状況です。


流石山~大倉山~三倉山 2019年9月30日

紅葉にはまだ早いかなと思いつつも、天気も良さそうなので裏那須連山の流石山から三倉山まで縦走してみることにしました。7時前に天栄村の我が家からバイクで出動。矢吹町の「すき家」で朝食を摂り、甲子トンネルを越え、林道大峠線の行き止まりの駐車場に8時半到着。既に3台ほど車が停まっていました。

30分ほどで森林限界を越えた大峠へ。ここから気分の良い尾根歩きが三倉山まで延々と続きます。天気の良い時には爽快な気分の味わえるお気に入りルートです。

流石山への斜面。少しですが草紅葉が始まっていました。北側が福島県、南側が栃木県、県境の小道を歩いて行きます。

北側遠くに旭岳と秋らしい雲が見えています。

尾根の上まで登ってきました。この辺りで標高は1800Mほど。見事に紅葉が始まっています。

流石山到着。体力、気力充分なので休憩もせず次の大倉山を目指します。

後ろを振り返れば、茶臼岳、三本槍岳と那須連山が見えます。

大倉山へ続く、気分の良い尾根歩き。後ろを振ったところ。

大倉山が見えてきました。風もなく、秋にしては暖かくTシャツでちょうどよい快適な気候。鼻歌でも唄いながら1時間もぶらぶら歩けば着くでしょう。至福の時間です。

右手には三倉山も見えます。あそこまで行ってランチの予定。

標高の高い尾根のてっぺん周辺のみ紅葉真っ盛り。紅葉を見下ろすのが秋の山歩きの醍醐味ですが、こういうのもまぁ、なかなか良いかも・・・夏でも冬でも思いますけど、一番気分を上げてくれるのは青い空。紅葉や花や雪質はその次。

五葉の泉に到着。

大倉山手前から茶臼岳方面を眺めたところ。
絶景を堪能できる贅沢な散歩道。
大倉山に到着。コンディション抜群で全く疲れないのでここも休憩なしでパス。何時間でも続けて歩けそうな感じ。

今日の目的地、三倉山が間近に迫ってきました。山頂近辺は良い感じに紅葉していました。

三倉山までもう一息。

11時半。三倉山山頂到着。ここで、大信のセブンイレブンで買ってきたおにぎりとカップ麺でランチタイム。

往路と同じルートで下山します。
あと、1週間か2週間後には、眼下に一面の紅葉を見下ろしながら尾根歩きが楽しめそうです。
そのころまた来ようかな。
今日のGPSトラック。
往復約15キロの山歩きでした。
日が暮れるのも短くなってきたため、温泉もパスしての帰宅となりました。

尾瀬 2019年9月25日

山では紅葉が始まった頃かなと思い、天気も良さそうなので尾瀬に行くことにしました。中通りから会津地方へ来ると、晴れてはいても雲が目立つようになってきました。尾瀬の入り口、御池まではバイクで2時間ほどで到着。車だと駐車料金が1000円ですが、バイクは無料です。

自家用車で来れるのは御池までです。駐車場にバイクを停めて、電気バスで沼山峠へ向かいます。

大江湿原は草紅葉がきれいでした。奥に見えるのが東北地方で最高峰の燧ケ岳です。

花の季節の終わりといえばリンドウですね。

大江湿原をひたすら歩いて行くと、尾瀬沼が見えてきました。

大江湿原から尾瀬沼へ流れ込む小さな川。

橋の上から川を覗いてみると、50センチほどの巨大岩魚が悠々と泳いでいました。ちなみに国立公園なので釣りは禁止です。

尾瀬沼と燧ケ岳を眺めながら昼食休憩。

長蔵小屋です。
平日なのでとても空いている尾瀬を楽しむことができました。
日帰りで気軽に来れるのがありがたいです。再び2時間のバイクツーリングで帰宅しました。

今日のGPSトラックです。
往復7キロのお気軽ハイキング。