ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブログ

権太倉山 2017年6月23日

昨年の今頃は、雄国沼あたりでニッコウキスゲが満開だったようですが、今年は開花が大分遅れているようです。今一つ花の期待できる山が思いつかなかったので、近場でいいやと我が家からすぐ近く、白河市大信地区の権太倉山に決めました。ここへ登るのは4度目。いつの間にかビジターセンターがリニューアルされていました。ここから登山開始です。

 

今回は熊対策のため爆竹を持って歩くことにします。私たちはザックに鈴を付けて歩くのはうるさいのであまり好きではないので、今まで何のクマよけグッズも持っていませんでした。先日、斉藤山で出会ったご夫婦が爆竹を持ち歩いているのをお聞きし、私たちもお守りのつもりでザックに入れておくことにしたのです。

 

しばらく登ると風穴がありました。穴から涼しい風が吹いてきます。今日は蒸し暑いので気持ちが良かったです。

 

馬の背というポイントまで来ました。山頂まではもう少し。

 

山頂到着です。羽鳥湖方面がきれいに見渡せました。

 

下りは、登りと別の源流口コースを通って登山口のビジターセンターへ戻りました。

 

登り90分、下り60分。私たちにはちょうど良いくらいの運動です、良い汗が流せました。

 

昼食は鏡石町のラーメン屋「うさぎ」。けんいちは950円のチャーシューワンタンメン、ぽこゆうこは650円の手打ち中華。この店も我が家から近場の美味しいラーメン店です。

 

食休みに鏡石町内の鳥見山運動公園を散歩。4万株のあやめが見頃を迎えていました。

 

今日の温泉はお隣矢吹町のあゆり温泉。ここはヌルヌル系のアルカリ単純泉です。

帰りは鏡石のイオンスーパーセンターでカツオの刺身を買って帰宅。

遠出せず、近所でのんびり休日を楽しむことができました。

 

 

 

 

 

湯田川温泉・羽黒山・大の目温泉 2017年6月15日

湯の浜温泉の海岸線の駐車場で車中泊した翌朝、朝風呂に入るため鶴岡市の湯田川温泉へ。共同湯の正面湯へ入ることにします。斜め前の商店で入浴券200円を買うと、脱衣場への扉の鍵を開けてくれました。まだ朝7時と早いのに地元の人が続々と入りに来ていました。

 

湯舟はこんな感じです。湯の浜温泉は塩っぱくて熱めだったけど、ここは硫酸塩泉で42度くらいの適温でゆっくり入ることができました。

 

月山に登るつもりで弥陀ヶ原登山口へ車で向かいましたが、6月23日開通予定とのことでまだ除雪が完了していませんでした。今日は予定を変更して羽黒山へ登ることにします。

 

うっそうとした森の中を歩いていくと五重の塔がありました。ここまでは観光客も多いのですが、ここから先は参道とはいえ2446段もの階段を登らなければならないため、少し覚悟が必要です。

 

苔の帽子のかわいいお地蔵さん。

 

延々と参道を登りつめていきます。

 

1時間ほど登ると、標高414メートルの羽黒山山頂に到着しました。月山、湯殿山にここ羽黒山を加えたのが出羽三山で修験道の山岳信仰が盛んです。月山や湯殿山は歩いてでないと山頂に立てませんが、ここ羽黒山は自動車道も通っているので気軽に来ることができます。観光ガイドの方が説明しているのを小耳にはさんだところによると、この社殿は日本最大の茅葺木造建築なんだとか。

 

下山後は、山形市の大の目温泉へ。ラーメン屋と旅館も兼用されている温泉施設でした。入浴料は300円。

 

泉質はがっつり濃いめの、ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉でした。

 

湯の色は緑とグレーの間くらい。かなり満足できる入浴感でした。山形市は都会の割に良い温泉が点在していて侮れません。

加茂水族館までは2連休にしては長距離ドライブになってしまいましたが、温泉も良かったしなかなか楽しい休日でした。

 

 

 

 

加茂水族館 2017年6月14日

6月14日、15日と福島県はどうも天気がパッとしないようです。日本海側は比較的降水確率も少なそうなので遠征旅行することに。とりあえず新潟方面へ向かった後、山形県へ北上してみました。青い空と海、良い感じです。

 

琴平荘のラーメン食べたかったのですが、10月まで休業とのこと。残念。

 

鶴岡市で以前も入ったことのある金太郎寿司にて昼食。

 

久しぶりの回転寿司。貧乏な我が家にとってはかなり贅沢なことです。一番安い皿を5皿も食べたところでもう、懐具合が心配になって打ち止めです。死ぬ前に一度で良いから気兼ねなく食べてみたいものです。

 

加茂水族館へ行ってみました。昔来たときは、訪れる人も少ない昭和の香り残る地味な水族館でしたが、今や、クラゲの展示で大ブレイクし、全国からお客さんが殺到する水族館になりました。クラゲ、すごいものですね、美しいです。感動しました。

 

世界最大のクラゲ水槽は圧巻でした。

 

クラゲだけでなくアシカショーも楽しかったですよ。入場料1000円なのに充分楽しませてもらいました。

 

夕方近所の湯の浜温泉共同湯でまったり。海沿いなので塩分たっぷりの塩化物泉。入浴料は200円とリーズナブル。

 

夕日を見ながら海辺で一杯。

 

日が暮れて来たので車内に戻って宴会モード。

 

落陽。ちょっと遠かったけどクラゲも温泉も良かったなぁ・・・

 

 

 

尾瀬 2017年6月9日

先週、6月4日は尾瀬へ行こうとして悪天で斉藤山へ変更したのですが、今日6月9日は快晴!尾瀬リベンジです。それにしても御池駐車場の雪の壁、今年は高いですね。ところどころ、藪に阻まれるでしょうが、頑張ればまだスキー登山できそうな雰囲気でした。ヘルニアンなけんいちと膝の弱いぽこは、もちろんハードな藪山スキーなどできないので、お気軽ハイキングに出かけることにします。もう、この年になると、山も旅もユルユルくらいが丁度良いみたいですね。

 

御池駐車場から先は一般車は通行規制で入れませんのでシャトルバスで沼山峠へ。520円なり。ここで標高すでに1600M。ユルユル歩きを開始します。

 

さすが、世界の尾瀬。全国各地からハイカーが来るんですね。耳慣れない方言も沢山聞こえて来ます。中には6月の残雪にびっくりされている方もいらっしゃいました。

 

沼山峠から小一時間歩くと、大江湿原という巨大な湿原に飛び出します。雪解けから間もないこともあって、色は薄茶色。水芭蕉の他数種類の植物しか確認できません。このあと、徐々に湿原は緑に覆われ様々な植物が咲き乱れ、表情を変えていきます。

 

大江湿原をしばらく歩くと、後ろに東北地方の最高峰でもある燧ケ岳が見えて来ました。もう何十回と登っている山です。何も遠くまで行かなくても、我が家から近くにこんな素敵なところがあるんですけどね。なぜか隣の芝はより青く見えるというように、遠くの山にあこがれてしまいます。ちなみに、今登りたい山は岩手山。

 

大江湿原にはところどころ川が流れており、川のほとりには水芭蕉が咲き始めていました。水芭蕉は別に珍しいものではなく、水のきれいなところならどこにでも咲く春の植物です。福島県内の平地であればだいたい4月下旬くらいでしょうか。尾瀬の水芭蕉の珍しいのは咲くのがあまりにも遅いことです。標高も高く、豪雪地帯なので、今頃やっと春の花が咲いていることが凄いんです。

 

更に木道を進んで行くと、尾瀬沼が見えて来ました。川では天然のイワナが悠々と泳いでいました。

 

尾毛沼湖畔にある長蔵小屋です。泊まったことはありません。

 

尾瀬沼湖畔に咲き乱れる水芭蕉。

 

水芭蕉の接写。

 

尾瀬沼越しに見る燧ケ岳。

 

尾瀬沼湖畔にシラネアオイが咲いていました。

 

尾瀬沼湖畔、沼尻で昼食休憩とします。

 

昼食はカップ麺とおにぎり。

 

湿原に咲くリュウキンカ。

 

ショウジョウバカマも僅かですが、咲き始めていました。

 

往復約14キロ。標高差が少ないのでストレスなく景色を楽しみながら運動できました。歳を取ると急斜面は苦手になってきます。

 

下山後の温泉。今日は道の駅キララ289。割引で半額の350円で入浴。鉄分の多い塩化物泉でした。

 

 

 

 

 

 

 

斉藤山 2017年6月4日

尾瀬へ行こうと思って昨日から登山基地の桧枝岐村で車中泊していたのですが、今朝起きたら雨。新潟方面ほど天気が悪いようなので東へ移動することにしました。ちょうど会津田島辺りまで来ると雨がやみ曇り空になってきたので、以前から気になっていた斉藤山へ登ることにしました。ここ斉藤山は毎年10月の第3日曜日、全国から山愛好家の斉藤さん達が集合し、ふれあい合同登山をすることで有名なんですよ。

 

会津長野駅に車を停めて登山開始です。手前の山小屋風のが駅舎、奥に見える山が斉藤山です。正しい呼び名は斉藤ヤマではなく、斉藤サンですよ。

 

会津長野駅で記念撮影。

 

雷神様ルートをたどります。

 

珍しいギンランが沢山咲いていました。

 

ちょうど山頂までの中間地点にある展望台に到着。会津長野駅方面の眺めです。天気は相変わらずの曇り空。

 

山頂付近にはこのようなアンテナ?がありました。

 

三角点のある山頂に到着。標高差は750メートルほど、2時間で登って来てしまいました。なかなか良いペースです。風が強くて寒いので、少し下ったところでサンドイッチの昼食。温泉は須賀川市まで戻って藤沼温泉やまゆり荘に入りました。

 

下山路は別の林道ルートをたどりました。

 

 

 

 

中山風穴・金山のアサギ大根 2017年6月3日

会津下郷町の中山風穴でオオタカネバラが見頃というニュースを聞き、行ってみることにしました。オオタカネバラは本来標高1500メートル付近に咲く高山植物ですが、風穴から噴き出る冷気のため周辺は温度が低く、標高500メートル足らずですでありながら、周辺では高山植物が見ることができ、国の天然記念物となっているそうです。

 

おお!これがオオタカネバラです。

 

昨日の大雨のせいか、花びらがしなびているようなものが多く、ちょっと残念でした。

 

そのほか、周辺に咲いていたフタリシズカ。

 

アザミ。

 

 

これは、キノコのなかまですがギンリョウソウ。ユウレイソウなどとも呼ばれることもあります。

 

南会津の中心の町、会津田島で昼食。この町では何度も食事処へ入ってみたことがありますが、値段が高めな割に味がいまいちということが多く、また食べに来たいというお店に出会っていません。最近ではあきらめてスーパーで買って食べることが多いです。

 

今日はカップ麺とサンドイッチ。

 

アサギ大根の花も見頃をむかえているというので、会津金山町まで移動してきました。天気はどんより曇り空ですが、花はさすがに見事なものです。

 

もともとは野生の大根で苦いだけで食べ物にはならないと考えられていたそうですが、蕎麦の薬味にしてみたところ、その苦みが絶妙に美味しいことがわかり、この地で栽培するようになったそうです。

 

今日は、湯倉温泉の共同湯に入りました。

 

昔は混浴風呂しかなかったけど、今は男女別にリニューアルされました。相変わらず濃厚な泉質でした。

 

今日はこのまま南下して、桧枝岐村で車中泊しました。

 

 

 

 

高柴山・矢大臣山・鬼ヶ城山 2017年5月23日

高柴山

今日も低山ハイキングでリハビリです。ツツジがもうそろそろ見頃かなと思って阿武隈高原の高柴山へ向かいました。山頂近くになると満開のツツジが迎えてくれました。

 

山頂到着。なんでも、ここ高柴山のなだらかな山頂付近は昔、放牧地だったそうで、多くの植物が餌として食べられていた中、僅かに毒性のあるツツジだけが食べられずに残り、今のような大群生地が残ったそうなんです。

 

山頂展望台からの眺め。

 

山頂付近のツツジ大群生地。

 

去年は少し時期が遅い時期に行ってしまい、花が少し色あせていて残念だったけど、今年は満開のタイミングで行けて良かったです。

 

 

矢大臣山

今日のメインは阿武隈高原の高柴山でしたが、一日たっぷり楽しめるほど高い山ではないので、近くの矢大臣山へも足をのばすことにします。ここもうつくしま100名山のひとつです。駐車場にこんな看板がありました。時間はまだ10時です。川羽登山口というところから登り始めます。

 

駐車場付近から矢大臣山を遠望。山頂までは片道4280メートル。麓まで車で行ければもっと楽そうなんですが、リハビリハイキングだしむしろ平地歩きもウエルカムです。

 

しばらくアスファルトを歩くと林道になりました。今日も日差しが強いです。

 

歩きはじめは杉林でしたが、標高が上がって来ると広葉樹林になり明るい雰囲気になってきました。鶯の鳴き声も聞こえてきます。

 

山頂はまだまだ先。

 

山頂到着。下界は気温30度ですが、標高1000M近くあるので風もさわやかでした。

 

山頂展望台からの景色。アンテナだとか風車があるのは阿武隈高原の山ではよくあること。私は嫌いですがこういうものと思い、気にしないようにしています。

 

矢大臣山のトラック。

 

低山ハイキングの良いところは、短い時間で下山できるので昼食のバリエーションが広がること。その土地ごとの有名ラーメン店などで昼食できるのは大きな楽しみです。今日は小野町へ来たということで、約1年ぶりに仙台屋食堂へ。忘れてました、ここの並盛は量が多いんです。なのに大盛を注文してしまいました。最近歳を取って食べる量が減ってきた身には辛かったけど、何とか完食。次回は絶対並盛で行きたいと思います。

 

 

鬼ヶ城山

昼食ガッツリと大盛りラーメンを食べてしまったので、食休み後に近くのうつくしま100名山、鬼ヶ城山へ登ることにします。登山口はいわき市の鬼ヶ城キャンプ場。

 

立派な施設を通り抜け登山道を登って行きます。

 

鬼ヶ城などという名前の割には地味な景色が続きます。

 

花もチゴユリくらいしか咲いていなくて何とも地味。

 

山頂到着。後方には羽山の風力発電の風車、その奥に阿武隈高原最高峰の大滝根山が望めました。

 

鬼ヶ城山のトラック。いくら、低山とはいえ1日に三つの山は多過ぎたかもしれません。下山時間は16時と良い感じでしたが、お目当ての温泉が定休日だったけど、時間も時間だしと他の温泉を訪ねることなく帰宅となりました。14時くらいにハイキングは切り上げて温泉にじっくり時間を取ったほうが充実できたなぁとちょっと反省。

今日は17キロ歩きました、標高差では970メートル登りました。

 

 

 

 

鹿狼山・羽黒山 2017年5月19日

昨日の田代島観光、かなり充実してました。あの後、石巻から女川と震災後の復興状況を見学して、結局は1泊目と同じ道の駅「上品の郷」で宿泊。連休3日目は福島へ戻ってうつくしま100名山のひとつ、鹿狼山へ。

 

鹿狼山は福島県と宮城県の県境に山頂があり、太平洋からも近く、初日の出を拝むポイントとしても有名です。何と山開きは元旦。日本で一番早い山開きの山としても知られています。東北の山というと、元旦だと雪が積もっているのでは?と思う人も居るかも知れませんが、鹿狼山は標高も430Mと低いし海沿いなので雪の心配はあまり無いようです。道がきれいに整備されており、ストレスなく登ることができます。体力づくりがてら登っているような地元の方もたくさんいるようで、平日というのに30人くらいハイカーに会いました。太平洋沿岸は人口が多いわりに、これという山が少ないので一見地味な鹿狼山のような山にもたくさんの人が訪れるのかもしれません。

 

1時間ほどの登りで山頂到着。太平洋と新地町、遠くは相馬市の方まで見渡せます。この展望の良さも鹿狼山の魅力なのかもしれません。

 

山頂にはベンチも整備されています。

 

太平洋とは逆の西側には、2日前に登ったばかりの蔵王連峰の展望がばっちり望めまました。

 

道が整備されている上、周遊コースになっていて至れり尽くせり。物足りない方は北への縦走ルートもあるようです。我が家からは遠い新地町と宮城県境の山ですが、満足度の高い山でした。機会があれば再訪したいおススメの山です。

 

鹿狼山は良い山でしたが山歩きにはちょっと物足りないので、もう一つ、近くの羽黒山へ行ってみることにしました。羽黒山もうつくしま100名山のひとつです。

 

この山はよくある地味系の低山のようです。道ははっきりしているものの、訪れる人はかなり少なそうです。

 

羽黒山というだけあって山頂には神社が祭られていました。

 

あっという間に登頂できてしまう地味山でした。

この後、相馬、南相馬、浪江、大熊、双葉、富岡、川内と原発被災地を久しぶりに訪れながら天栄村の我が家へ戻りました。腰のヘルニアの方も何とか少しづつ回復し、旅行やハイキングができるようになりました。このまま、順調に治っていって欲しいものです。今回はなかなか充実の3連休でした。

 

 

 

 

ねこの島(田代島) 2017年5月18日

3連休の2日目は、人間の数よりねこの方がたくさん住んでいるという宮城県の田代島へ行ってみることにします。フェリーは石巻から網地島ラインが出ています。私たちは9時出発のブルーライナーというフェリーに乗り込みました。運賃は片道1230円、田代島までは1時間弱で到着です。ねこ目当てのお客さんも外国人を含め、20人くらいはフェリーに乗っていました。あとは、工事の人と地元の人が10人くらい。

 

フェリー乗り場でもらったねこマップを頼りに島を散策しはじめると、さっそくお出迎え。ここはねこポイントのひとつ、ポンプ小屋付近です。

 

更に郵便局付近まで歩いていくうちに、ぞろぞろとねこが出てきて餌をもらえるのではないかと人間についてきました。

 

島の人もねこを大事にするし、ねこ好きの人しか来ないためかみんなとってもフレンドリー。

 

上の猫と同じねこ。仁斗田集落の民宿付近もねこポイントのひとつ。

 

ねこの最大の敵はカラス。各家庭ではねこの餌を狙うカラス防止のためネットを掛けているところが多かったです。

 

島で唯一の商店「阿部ツ商店」付近もねこポイントです。

 

撮影に夢中のぽこゆうこ。

 

ねこ好きにはたまらない島です。

 

島の真ん中付近にある島の駅で昼食。昔は小中学校だったのですが、今は廃校になってます。ここでは食事もできますが私たちは自分達で石巻で買ってきたカップ麺とおにぎりを外のベンチで食べました。たべてるときもねこが寄ってきました。

 

昼食後、ねこ神社へ行ってみました。ここにも2匹の黒ねこがいました。

 

次に島のもうひとつの集落、大泊へ。ここもねこがいっぱいです。

 

視線の先にはカラスが。

 

ここはまんがアイランドというキャンプ場付近。のどかな風景が広がっていました。

 

まんがアイランドへ続く道にもねこが。

 

高台にあるまんがアイランド。景色が素晴らしいです。

 

まんがアイランドのねこ達。

 

仁斗田の集落へ戻ってきました。路地裏はねこでいっぱい。

 

リラックスしきったねこ。横を人間が通ってもまったく起きる気配なし。

 

私たちが歩いた田代島の軌跡です。やはり、ひとの住む集落付近にねこポイントは多いようです。写真を撮ったり、ねこと遊んだり、散策したりしながら約8キロの楽しいハイキングでした。私たちは午後3時半の最終便のフェリーで石巻へ戻ったのですが、ほとんどのお客さんは2時のフェリーで戻ったようです。田代島、かなりおススメです。

 

 

 

 

蔵王刈田岳・熊野岳 2017年5月17日

待ちに待った3連休!例年なら月山、鳥海山と東北の山々をスキー登山しているはずなんですが、けんいちが3月上旬に腰のヘルニアになってしまってから2か月経過、やっと痛みや痺れが取れて来たところなので無理はできません。連休1日目の今日は宮城蔵王の山々をハイキングして楽しみたいと思います。

 

大黒天から歩きはじめると、眼下に蔵王エコーラインが見えて来ました。

 

1時間弱で一つ目のピーク刈田岳に到着。実はこのすぐ近くまで自動車で来ることができるのですが、それではあまりにあっけないので下の大黒天から登山道を辿ることにしたのです。方角によっては暑い雲に覆われている今日の空ですが風が弱いのが救いです。悪天のときは風速30メートル以上の強風であることも珍しくないので、今日はラッキーでした。

 

刈田岳の山頂から見た蔵王のお釜。

 

熊野岳へ向けて馬の背という稜線を歩いて行くと、東側にお釜が近づいてきます。吾妻連峰の魔女の瞳はきれいなブルーですが、なぜか蔵王のお釜はグリーン。あまり美しくないかも・・・

 

更に稜線を進んで行くと蔵王最高峰の熊野岳に到着。ここからさらに、北への縦走路も伸びていますが、私たちはここから引き返すことにしました。往復で約9キロのハイキングでしたが、天気も景色も良くて楽しめたし、良いリハビリになりました。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は更に北上して石巻へ。車中泊しながら東北の温泉巡りをしていた友人と合流して宴会開始。

 

その友人は、保護猫のヨン様を引き取ってくれ今回は一緒に旅行中でしたので、私たちも久々にヨン様と再会。相変わらず落ち着きのないヨン様でした。

明日は、田代島観光です。