ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブログ

会津駒ケ岳 2021年1月21日

厳冬期でも時々、日本がすっぽりと高気圧に見舞われて、風がピタッと止まって日本海から太平洋まで穏やかな快晴、という日があります。なかなか仕事の休みとタイミングが合わず、今までも随分悔しい思いをしたものですが・・・

1月21日はラッキーにも快晴の約束された休日。ちょっと遠出してみようかなと、朝4時に起きて会津駒ケ岳へ。

標高830Mの国道352の駐車場を7時半に出発。この山は、最初が一番傾斜がきついんです。1350Mのヘリポートまで登って大休止。

こんなにも良い天気なのに、今日の登山者は私一人です。3密を避けるには良いのでしょうが、ラッセルはきついです。標高1900Mの森林限界を越えたあたりまでで、既に5時間を費やしてしまいました。崩れるようにへたり込んで大休止。

この時点で、ここから滑って帰ろうと思っていたのですが・・・

30分も休んでいるとだんだん気持ちよく、幸せな気分になってきました。下界では色々あるけれど、雲ひとつないどこまでも青い空、真っ白な会津駒、風も無風で何の音も聞こえてきません。もう少し歩いて見ようと思いなおし、ゆっくりと、一歩一歩雪を踏みしめて行きます。

東北最高峰の燧ケ岳が見えてきました。

振り返れば、諦めて帰ろうと思った標高1900M地点がどんどん遠くなって行きます。

駒ケ岳の肩の小屋は2階建ての山小屋ですが、屋根が僅かに顔を出しているだけで、すっぽりと雪の中に埋っています。一体、何メートルの雪が積もっているのでしょう。

標高差1300M、ひとりラッセルで6時間半かかって、2132Mの会津駒ケ岳の山頂に着きました!中門岳と越後の山々がきれいです。

山頂からの滑走は雪質も最高で至福の時間でした。

登りに時間を取られたので、あまりゆっくりもしていられません。日は確実に傾き夕方へ向かって行きます。慎重に、でも急いで滑走しながら下山していきます。

余りに景色が素晴らしいので、滑走中何度も後ろを振り返りながら下山しました。

登りは6時間半もかかったのに、さすがにスキーは速い。山頂から1時間で駐車場まで戻ってきました。

今日のGPSトラックです。

鉄山・迷い沢 2021年1月18日

今日はテレマーク仲間のむぅさんとぽこゆうこと自分の3人での山行です。整備された橋をありがたく渡らせていただきました。

登っている途中、スノーモビルと思われるキャタピラの深いわだちが沢山ありました。この辺りでは見たことないので、どこから入って来たんだろうと不思議に思うと同時に、ガタガタに荒らされてスキーで滑りにくくなってしまっている斜面を見ると嫌~な気分になってしまいました。

森林限界を越えたあたりから天気が回復してきて、落ち込んだ気分も持ち直してきました。

真っ白な鉄山が見えてきました。

鉄山避難小屋も見えます。

しゃくなげの塔まであと一登りです。

磐梯山もくっきりと見えます。

しゃくなげの塔へ到着したむぅさん。

記念撮影。今日はここまでとして、コルまでシールを付けて下りました。
風も強くないのでコルでランチの後はいよいよ滑走です。

いやぁ~、最高です!

磐梯山を見ながらさらに下っていきます。やっぱり天気は大事ですね。前回は雪質は最高だったけど真っ白で何もみえませんでしたから・・・

むぅさんのテレマークターン!
荒らされていないところを選びながら滑ります。雪質もそこそこ滑りやすいパウダーでした。

私、けんいちの滑走。磐梯山が良い感じ。

山スキーのぽこゆうこ。ベテランの安定した滑走です。

樹林帯の滑走中、所々にうさぎの足跡が・・・

滑って来た山を振り返ります。

今日もお疲れ様でした~

今日のGPSトラック。

猪苗代スキー場 2021年1月14日

今日は山は風速20~30Mの強風で大荒れの予報。樹林帯山スキーとも迷いましたが、無料のスキー場もコロナならではで、良いかもと思って稲苗代スキー場へ。

今日は先週と打って変わって、暖かいんです。降っている雪がすぐ溶けちゃってウエアーがずぶ濡れになってしまい、帰りにダイユーエイトで撥水スプレー買うことをリフト上の家族会議で決定。

無料だから、せめて食事くらいしてあげようと思っていたんですが、お昼頃になると、そろそろ切り上げて味噌屋行く?の問いに全会一致で可決。

絶品の味噌ラーメンと我が家で噂のラーメン屋、「味噌屋」へ直行!
今日もまた、滑って、食べて、大満足の一日でした。

ラーメン屋と温泉施設での感染リスクは、どっちがどうとか全く分からないけれど、今日も我が家は温泉無しで帰宅。

家で風呂に入って家で飲んでお休み~です。



鉄山・迷い沢 2021年1月10日

昨日の赤面山もそうですが、ここの情報もなかなかインターネットで見つけることができず、積雪量がどのくらいまで増えているのか見に行くことにしました。須賀川のすき家で朝食を摂り、郡山を抜ける時見た気温の電光掲示板はマイナス10度、良いですねぇ。寒いと嬉しくなっちゃいます。

猪苗代町内での雪はそれほど多くないので心配していましたが、登山口まで来るとそれなりに積もっていてほっとしました。

いつものつららも健在でした。

スノーブリッジもスキーを履いたまま渡れるほどでした。

笹もだいぶ隠れていて積雪量は充分です。この辺りまで登ってきて、自分の後ろの車がKナンバーだったことを思い出しました。それと昨日SNSでやりとりしたSさんが福島に遠征に来ていることが重なり、もしや?と思ってスマホにコメント記入、送信。

良い感じに積もっています。気温も低いので雪も昨日に負けず劣らずサラサラ。

大斜面にはすでに昨日のシュプールが付いていますが、それでも場所を選べば充分楽しめるレベル。

プロペラ手前の1600M地点のコル付近まで登り、真っ白で何も見えないので帰ることにしました。
下る途中、お世話になっている山道具店の一行と会って挨拶を交わし、大斜面手前では、「天栄村の人ですよね?」と声を掛けられました。

そして、後から分かったんですが、大斜面を私が下ってるとき、SさんとTちゃんが登っていたようで、すれ違っていたようです。後でSNSでわかりました。またどこかで会いましょう!

そして、樹林帯では「ぽこけんさん!今日はおひとり?」と声を掛けられました。もうずいぶん前浄土平でお話したことのある栃木の方でした。

こちらは、WEBにばっちり顔出しはしているけれど、帽子もかぶっているしサングラスやゴーグルをしているのにどうして自分と分かってしまうのかちょっと不思議です。相手は自分を知っているのですが、こちらはあれ?どこかで会いましたっけとなってしまい、失礼のないようにしなければと思いました。

あっという間に滑り降りてきてスノーブリッジの手前でシールを貼って駐車場まで戻ります。このコースはテレマークに適した斜面が連続して好きなので、雪がたっぷりあることが確認できて良かったです。また、すぐにでも来ます。

今日のGPSトラック。プロペラ手前の1600M地点で引き返しました。

12時20分に下山して、磐梯熱海のお気に入りラーメン屋「味噌屋」へ。味玉味噌屋ラーメン大盛&餃子セット。最近はずっとこの組み合わせ。餃子に付いてくるニンニク辛子味噌はラーメンに投入、餃子は普通に酢醤油&ラー油で食するのももうルーティン化しております。

昨日といい、今日といい、絶品の粉雪&絶品のラーメンでたまらんです!

赤面山 2021年1月9日

今日は赤面山です。どの位の積雪があるのか情報が無かったので、自分で確かめたい気もあってイチかバチか行ってみることにしました。ここは近いので家で7時に朝食を食べてから出発。登山口にはすでに車が3台停まっていて、出発準備している間にもう1台来ました。

積雪量は十分で取り合えず一安心。板を傷付ける心配も無さそうだし、フワッと軽い雪が30センチくらい積もってるので滑走が楽しみです。

スキー場跡を登り詰め、8合目へ。
積雪量は100センチ前後でしょうか。

更に進んで行きます。なかなか良いコンディション。昨年は雪不足で1回も来れませんでしたので、今年は期待できそうな赤面山です。

9合目を過ぎると藪がちょっとうるさいです。あと100センチ欲しいですね。

標高1700Mの山頂到着。今回は、ヤフオクでゲットしたザックを初めて使ってみました。なかなかいい感じです。昨年あたりから買い替えようと思っていたんですが、今季はグレゴリーのターギー、オレンジ色がラインナップされずネイビーのみ。ならばとヤフオクで探したら定価3万以上のが使用感ある中古ですが7800円で落札出来てラッキーでした。気に入った道具って大事ですよね。

たまたま、山頂で会った那須塩原から来た山スキーの男性に写真を撮ってもらいました。なかなか、ソロの時はこんな写真取れません。ありがとうございます。

気温も上がる気配なく激寒で今季一番の雪質。軽い粉雪をカッ飛んで下山。


今日のGPSトラック。

下山口からは、お気に入りの「二代目今の家」へ直行!チャーシュー麺大盛りに会津地鶏煮卵トッピング。相変わらずの激ウマでした。しもやけ後遺症&コロナでここ最近は温泉は入らず、自宅のお風呂でまったり。

猪苗代スキー場 2020年1月5日

年末から右足の第4指がしもやけになり、靴を履くのも歩くのも痛くて一苦労、という状態になってしまいました。年が明け水膨れになり遂に破裂!新年明けて4日に内科、循環器内科、皮膚科など5項目もの看板を上げている近所のOクリニックに駆け込むと、あなたのしもやけは重症なので、ホントの皮膚科へ行っとくれとのこと。

で、H皮ふ科医院へ。現在は化膿しないように抗生剤の治療中ですが、水膨れが弾けてからは指も細くなり、痛くも痒くもないし、包帯を薄めに巻けばスキーブーツも履けるので、今季平日無料の猪苗代スキー場へ行って来ました。

猪苗代スキー場は今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響で平日無料です。
せっかくなら色んな板で滑ってみようと思います。

20年以上前にテレマークスキーを始めた頃に買ったブラックダイヤモンドの206センチの板です。やはり細い板は曲がりにくいけど、難しいところが面白い。最近買ったマジシャスのウロコ板もセミダブルキャンバーですが、センター幅が78ミリあるので、あまり違和感なく滑れました。シールを付けなくてもある程度の斜面は登れるので、アップダウンの連続する山では活躍しそうです。南八甲田とか行きたいなぁ・・

206センチの物干し竿のようなクラシックスキーで滑走。プラブーツでもバランスがシビアですね、ちゃんと板に乗ってないと曲がってくれません。

歴史のある国設スキー場なので、昭和後期にたくさん作られた民間スキー場とちがってコース幅がだだっ広いので、悠々と滑ることができます。

だんだん天気も良くなってきました。

ゲレ食は、喜多方ラーメン&ソースカツ丼セット。美味しかったしこれで1200円はそう高くないと思いました。

今日までは駐車料金が1台2000円でリフト代平日無料という設定でしたが、何と、1都3県が緊急事態宣言になるということで、明日以降は駐車場も全日無料となりました。
シーズンパス買った人かわいそうかも。

刈田岳 2020年12月23日

日本海側は雪が多すぎてラッセルが辛そうなので、今日は宮城蔵王へ。登山口の澄川スキー場です。空はどんより・・・

リフトを3本乗り継いで、シールを貼って登山開始。今日はG3のファインダー86の板を使います。センター幅が100以上の板も持ってますが、最近はほとんど使わなくなってしまいました。86ミリで充分です。ターンの終わりで沈み込んだら、次のターンでちょっとジャンプしてまた雪面に上がれば良い。100ミリ以上の太い板でずっと浮いたままもいいけど、86ミリで浮き沈みするのも、いとおかし・・・

エコーラインに出ました。ミヤコーバスの大黒天停留所。

エコーライン沿いに行けば山頂まで行けたと思うけど、それも何だかなぁと思って、尾根に上がって刈田岳目指すも、1650Mあたりで本格的に真っ白で何も見えなくなってきたので撤退することにしました。

無事下山。次は温泉とラーメンかな?これでいいのだ!

今日のGPSトラック。

安達太良山 2020年12月22日

連休は月山方面へ行こうと考えていましたが、雪が多すぎて皆さん引き返していたり、人海戦術でラッセルしてもやっと姥沢までたどり着くような感じみたいなので、逆に雪が少なそうなところを狙ってとりあえず家から近い安達太良山へ偵察。

スキー場はオープンしていないものの、雪はたっぷりとありました。スタッフの都合もあるでしょうから、雪が降ったからと前倒しでのオープンは難しいのでしょう。

橋の辺りは約50センチ程度の積雪。
今日は新調したウロコ板で登ってみましたが、急坂はやはり登れないのですぐにシール登高に切り替え。

馬車道を登ります。スノーシューの足跡があり、ラッセルも無く楽ちん。雪もたっぷりなので、帰りもスキーで最後まで滑って来れそうです。

勢至平との分岐です。天気が好転してくれないかなと思いながら進みますが・・・

くろがね小屋が見えてきました。ガスはどんどん濃くなってきました。

くろがね小屋を眼下に見ながら急斜面をキックターンで登りきったあたりからは、雪が飛ばされ固くなっていて、岩も所々出ていました。下りはスキーを傷つけないように注意しないと・・・

峰の辻まで登りましたが、完全にホワイトアウト。下りはボーゲンで安全第一で視界の効くところまで降りました。
馬車道まで戻ってからは快適な林道滑走を楽しみ下山しました。

今日のGPSトラックです。

グランデコ登り 2020年12月18日

どっかーん!と来ましたねぇ。グランデコスキー場の朝8時半の光景。良いですねぇ、西大巓も西吾妻も真っ白です。スキー場の積雪情報では今朝は80センチとのこと。動いてるリフトは一番下の1本のみ。積雪量は充分でも客足が伸びる土日まではリフト一本でやりますよ、ということのようです。今年は1回券が600円もするので、望むところじゃ!ということで1回券を購入して登山開始!

第2リフト区間は一応圧雪されてましたが、リフトが動いていないので誰も居ません。ここが所謂デコ平と言われている地名の場所で、スキー場の名前の由来もここにあります。傾斜も緩く楽々と登れました。これが、ラッセルだったらかなり辛かったかも、ありがとう、圧雪車!

第3リフトトップまではラッセルとなります。かなりの積雪量があることが確認できました。

第3リフトトップからは山に入って行くことにします。雪の量は1メーター越えです。今夜からまた降るようですし、豪雪の隙間を付いて来れて良かった、良かった。

笹はまだ出ているものの、スノーモンスターの大きさは厳冬期並!

結局、山道を100メートルほど進んでみましたが、木の枝や笹が沈み切ってないまま、1メーター越えの雪がふわりと積もっている状態でラッセルも沈みすぎて超疲れるし、下りも枝が危なくて滑れないという印象。安全策でシールを貼ったままスキー場のリフトトップに戻ってきました。
板を外すと膝上まで雪に潜ってしまうような状態でした。

まぁ、山は滑れなかったけど、とにかく降ってくれて良かった!今後もどんどん降ってほしいです。

後は、スキー場の非圧雪エリアを気持ちよく滑らせていただいて・・・

やっぱり、深雪滑りは気持ち良いですね!スキーの楽しみはやはり、登り9割(イメージを盛り上げながら雪質を味わい、下りを想像しつつ踏みしめる喜び)、その代償として、ほんの1割、短い滑降ですべてが報われ幸せになれるという感覚を思い出せました。
圧接バーンに戻った途端、テンション下がってもう帰ろう、と思っちゃいました。

今日は、登り返したりせず、午前中にスキー場を後にして福島市へ。味噌ラーメンがおいしいと評判の「紺や」へ。辛子味噌ラーメンが美味しかったです。

飯坂温泉で汗を流した後、福島市の山のお店teku_teku(てくてく)へ行って、ウロコ板をピックアップしてきました。今回の新板はヤフオクで見つけた、マズシャスのウロコ板です。懐かしいセミダブルキャンバー。20年ぶりのウロコ板、どんな風に登れるのか、滑れるのか、楽しみです。

テレマーク最初の板は今から20年以上前に買ったブラックダイヤモンドのポーラスターという2メーター以上の細長い板でブーツはイタリア製の革靴でした。

バックカントリー以前に、ゲレンデを滑ることすら難しいのでシーズンパスを買って、この板を乗りこなしたいと試行錯誤していたものでした。

今のように、インターネットも無かったので私は、テレマーカーに5年くらい一人も会うことなく、一人で修行僧のようにどうやったら滑れるようになるか、あぁでもない、こうでもないと試していました。

テレマークスクールなどがあることも知りませんでしたので、誰にも習わずに20年以上自己流でやって来てしまいました。

その後は、フラット板とプラブーツで長年やってきました。今、ビンディングでの革命が起こっていますねぇ。NTNと3ピンという対極の選択肢があるテレマークスキーの自由さって良いですね。

NTNよりウロコに興味津々な今日この頃っす。

天元台スキー場 2020年12月5日

今季の初滑りは12月5日の天元台となりました。
四季の中ではダントツ冬が好き!という全国の山スキーバカの皆さま、あけましておめでとうございます。今季もどうぞよろしくお願いします。いや~ワクワクしますねぇ。単に、2本の板に乗っかって雪の上を滑るだけなんですが、悩みも何も吹っ飛んでしまうくらい気持ち良い。

原点は駄菓子屋で売っていた、長靴に2バックルくらいで括り付ける30センチくらいのミニスキーです。今はあまり見かけませんが。危険すぎて発売中止にでもなったのでしょうか?
あれでアスファルトの上に積もった雪だろうが、木々の込んだ山道だろうが、どこでも滑ったものです。

なまじ、スケートが盛んな土地で育ったため、氷とスケートはコントロール下に置いていましたが、おもちゃのミニスキーは、スピードも行きたい方向もコントロールが難しく、乗りこなせないじゃじゃ馬的な魅力に満ち満ちていました。

スケートは決まりきった枠内をグルグル回るための道具ですが、スキーというものはスキー場というものは一応あるものの、どんどんコースからはみ出して、山を越え谷を越え、どこまでも自分の足で自由に旅をできる道具なのだという感覚を、小学生の時の遊びの中のミニスキーで獲得したんだと思います。まさにスキーの原点ですよね。

自転車とか、バイクとか、車とか、カヌーと同列にスキーがあるんだと思います。
酒を飲みながら書いてるんでツイツイ熱く語ってしまいました。

今年は雪が多く寒そう、という噂が流れてますが、出足は鈍く、豪雪地の月山あたりでもまだまだ、去年より少ないというレポを見ています。本番はこれからなのか・・・頼みますよ!

天元台もオープンしたとは言いましても、一番下のリフトを動かしてるのみで、とても、バックカントリーのツアーへ行こうというほどの雪は積もってません。

古いK2 の板で滑って正解でした。所々雪が少なすぎて滑走面に傷が付いてしまいました。2年前に買ったG3の板だったらショック~となっていました。
毎年、雪不足の時期に頑張ってくれ!K2のBack Up!
圧雪車が入れないほどの雪不足。なので、ゲレンデは降ったまんまのパウダースノー。板に傷がどんだけ傷ついてもOKなので、初滑りからパウダーなの?これでいいの?これでいいのだ?っと最初の数本はウハウハで滑っていましたが、そのうち、雪面が荒れてくると、テレマークではちょっと難しい感じになってきて、ボーダーとか、ゲレンデスキーヤーが難なく滑れる斜面も、自分的にはタジタジになってきて、気持ちがブルーになる前に終了!

結局6本くらい滑ったのかな。もう、お腹いっぱいです。そう、私は登りが好きなのであって、滑りはほんのついでなのだと自分に言い聞かせつつ、荒れたゲレンデにおさらばしたのです。

私は天元台サポートクラブのメンバーなので、メンバー向けの食事券でカレーを無料喰いして退散することにしました。コロナ禍のため、リスク軽減のため、温泉も入らず帰宅することにしました。