ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブログ

鳥海山 2021年5月13日

昨晩は祓川の駐車場で車中泊。今朝は予報通りの快晴です。5時に起きてゆっくり準備して6時に出発。

平日ですが登山者は多いです。

だんだんと山頂が近づいて来ました。

4時間かかって山頂到着。帰りはわずか1時間の滑走でした。

月山 2021年5月12日

昨日、夜勤明けで北上を開始して鳥海山を目指す予定でしたが、途中で眠くなって寝てしまったので、今日は月山に変更です。明日も天気は良さそうなので、明日に鳥海山へ行くことにします。

思ったよりも雪がたっぷり残っているし、波打っている部分も少ないので、まだまだ快適に滑れそうです。

姥ヶ岳にも雪がたっぷり。湯殿山はそろそろ終わりな感じでした。

今日一番気持ちよく滑れた斜面です。山頂までは行かずに、下山してゆっくりと鳥海山へ向けて北上します。

燧ヶ岳 2021年5月6日

今年も来ました、燧ヶ岳!

御池から登り始め、熊沢田代を巻いて進むと、山頂が見えてきました。

とても良い天気、風もありません。
今年はどこも雪解けが早いんですが、燧ヶ岳は思っていたより、雪がたっぷりと残っていました。

3時間ちょっとで山頂到着。なかなか良いペースで登ってこれました。最近は、歩数は増えても、あまり急な斜めラインを取らず、緩やかなラインを切るようにしています、何だかその方が疲れないように感じます。

尾瀬沼と日光白根山。

尾瀬ヶ原と至仏山です。

山頂から滑降開始!

遠く、会津駒ケ岳を眺めながら滑ります。

時間はたっぷりあるので、広沢田代で昼寝・・・
桧枝岐で温泉に入って帰宅しました。

八甲田・温泉コース 2021年5月1日

八甲田遠征もとうとう最終日。今回まだ行っていなかった銅像コースへ行こうとしたところ、雪の途切れた部分ができたため、昨日閉鎖されたんだとか。残念ですが、温泉コースに変更です。

何より、最終日に晴れてくれて良かった!

まずは、井戸岳、大岳を眺めながら滑降します。

一昨日滑ったコースなので、気分も楽。勝手が分かっているので、昨日より早めにシールを外します。

箒場袋のような、開放的な大斜面の連続とは行かないけれど、それなりに滑りやすい斜面が続きます。

意外と個人で滑っている人が少ないです。ほとんどが、ガイドツアーというのも驚きました。なので、ロープウェーは一杯でも、山に入ると誰も居ない感じになります。

気分よくラストランを楽しみます。

樹林帯に入ればゴールは間近。


今回の八甲田のGPSトラックです。

午前中で山スキーを終え、黒石へ移動しランチは名物汁やきそば。平たい独特な麺のやきそばに汁をかけて食べます。なかなか美味しかったです。

たまたま見かけたお土産屋さんで、実際のねぶた祭りに使った和紙のランプシェードを買いました。
後は、一路500キロ南下!

津軽観光 2021年4月30日

今日は天気が悪くて登山には向かないので、津軽観光に行くことにします。
まずは、太宰治の斜陽館へ行ってみることにしました。
マントを着て記念撮影。

隣の津軽三味線館で生演奏を聞きました。

吉幾三のふるさと、五所川原で煮干しラーメン、なかなか美味しかったです。

土偶のデザインがインパクトあるJR木造駅。

日本一長い木の橋、鶴の舞橋。

岩木山神社の逆立ち狛犬。

最期は百沢温泉に入り、道の駅田舎館で車中泊。

八甲田・箒場岱コース・温泉コース 2021年4月29日

今日から八甲田のシャトルタクシーが動くので、天気はイマイチなものの、以前から気になっていた箒場岱コースへ行ってみることにします。

雨が降ってないだけマシな感じの天気。箒場岱までどれくらいかかるかわからないけど、シャトルタクシーの第2便12時半を予約。

それでは出発!

温泉コースと箒場岱コースの分岐。

井戸岳への斜面は雪が付いていないので、スキーを担ぐことにしました。

勝手が分からないので、とにかく夏道を忠実に辿った結果、藪に阻まれ大苦戦!
アウェイな雪山あるあるなんじゃないでしょうか?

何とか藪を抜けても、夏道をえっちらおっちら・・・雪が無い山とスキーはホントミスマッチ!重いだけ!

何とか箒場岱コースの出発地点にたどり着きました。雪を縫って、井戸岳経由で来ればもっと楽だったような気がしますが、そこは今後の課題です。

今まで味わったことのないような大斜面の連続にゾクゾクしてしまいます。

さすが、八甲田屈指のロングコース。素晴らしいです!

滑っても滑っても、きりが無いほど良い斜面が続きます。

12時20分に下山口に到着。シャトルタクシーで八甲田ロープウェイに戻ってから、昼食を摂り、午後はもう1本!温泉コースを滑ることにしました。

箒場岱コースに比べると随分と地味な斜面の続く、樹林帯のコースでした。

箒場袋と温泉コースのGPSトラックです。

硫黄岳BC 2021年4月28日

青森市内で車中泊した後、再び今日もすいれん沼へ。ここから今日は硫黄岳に登ってみます。昨日と打って変わって天気は下り坂になってしまいました。

しばらく登ると真っ白な硫黄岳が見えてきました。

後ろに見えるのは大岳です。以前訪ねた避難小屋も見えました。吹雪の中、愛犬のぽこと入ろうとしたら、犬はダメだよと別の登山者に言われ、外にツエルトを張って休憩したことを思い出します。

小岳と高田大岳をバックに硫黄岳に登ります。

硫黄岳に到着!

大斜面を滑ります。
早く下山したので、青森市内で煮干しラーメンを食べて、三内丸山遺跡を見学して、さんない温泉に入って、再び青森市内で車中泊しました。

櫛ヶ峰BC 2021年4月27日

今年の春の連休は八甲田にやって来ました!
今年は積雪量が多かった割に雪どけも早いと嘆かれていますが、さすがに八甲田、たっぷりの雪が迎えてくれました。

初日は南八甲田の櫛ヶ峰へ行ってみます。

快晴、誰も居ない雪原。

所々、ツアー標識がありました。

櫛ヶ峰の大斜面が見えてきました。これは滑り甲斐がありそうです。

頂上に到着!
ランチの後は大斜面の滑降を堪能しました!

櫛が峰を滑った跡は、駒ケ峰の斜面も楽しみます。

すいれん沼まで滑り降りて今日の山スキーも終了。

GPSトラックです。
国道から上半分は翌日の硫黄岳のトラックです。

湯殿山 2021年4月21日

今日は湯殿山です。ネイチャーセンターを7時半に出発しました。

天気は快晴!気分よく高度を上げて行きます。

2時間ちょとで稜線に出ました。

山頂までもう少しです。

朝日連峰も良く見えています。

姥ケ岳の雪は大分溶けてしまってます。

湯殿山の東斜面はクラックだらけ。

湯殿山の山頂に到着しました。3時間ほどで登ることができました。

いよいよお楽しみの滑走ですが、こんな場所もあるので要注意です。

南斜面を一気に滑ることにします!

気持ちよく滑れました!雪質も良かったです。

動画です。

西大巓 2021年3月25日

グランデコスキー場から登山開始。

天気は曇り。磐梯山が見えています。

西大巓の山頂から、西吾妻山を望んだところ。

西大巓の山頂。雪が溶けて三角点が出てきました。

東斜面を滑走。ザラメで気持ち良かったです。
この後は、南西尾根を滑って、スキー場に戻りました。ウロコ板なので、最後の林道も快適でした。