ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


世界遺産ハロン湾クルーズ 2014年1月20日

世界遺産ハロン湾クルーズ 2014年1月20日

今日はハロン湾クルーズです。

海の方に薄くモヤがかかっていますが、概ね晴れの天気。

私たちが泊まっている宿、なかなか良いです。ホテルよりワンランク低いニャーンギというスタイルなので冷蔵庫は付いていないけど、部屋は清潔で使いやすく、3階の窓からの海も眺められるし、ベランダも付いています。バイクも駐車OK。値段も1泊200000ドン(1000円)とお手頃。クルーズ船乗り場へも1キロくらい、周りには観光用の海鮮レストランもありますが、地元の人が利用する食堂や商店もあり大変便利です。Nha Nghi Anh Tho(ニャーンギ・アント)、ハロン湾観光におススメの宿です。

クルーズ船乗り場へバイクで行き、係員の指示に従って駐車。駐車料金を節約するためにわざわざ1台に二人乗りで行ったのに、10000ドン(50円)を請求してきます。10000ドンの駐車料金などベトナム中探してもないでしょう。どういうことなのか聞いてみると、バイクは5000ドンだけど、アライのヘルメットも5000ドンだということ。ヘルメットが獲られないようワイヤーロックも用意してある、と伝えると5000ドンでOKとのこと。ベトナムの観光地はこういう細かい金銭トラブルが日常茶飯です。観光客の来ないような町のベトナム人は親切だし、お金 を多く獲ってやろうなどという人には会いませんでしたが。

 

P12075628

バイクを駐車し、チケットカウンターへ行き、ハロン湾クルーズのチケットを買いました。

 

P12074690

これがチケット、2枚組になっています。上は、世界遺産ハロン湾の入域料120000ドンと、その中にある鍾乳洞どれかひとつ、1回入場料50000ドンが一緒になった170000ドン(850円)チケット。下はクルーズ船のチケット100000ドン(500円)。

クルーズ船で一緒になった白人バックパッカー2人は鍾乳洞に入らなかったので、その場合は入域料と船代で、ひとり220000(1100円)でハロン湾クルーズに参加できます。

ハロン湾クルーズは私たちが参加した4時間コースから、もっと長い6時間、8時間、1泊2日などもありますが、チケットカウンターのお姉さんの説明では、乗合いクルーズの場合は4時間しかないそうです。もっと長いクルーズの場合は、好みのツアーを見つけて自分で申し込むか、大金を払って船をチャーターするかのどちらか、ということのようです。

 

P12074701

ハロン湾の乗合いクルーズは、このような船で回ることになります。私たちのクルーズ船にはベトナム人、白人バックパッカー、私たち、合計約20名が乗ることになりました。ベトナム人も1名で参加している人、5人グループと色々です。

 

P12075034

ハロン湾を形容する言葉でよく、海の桂林などと呼ばれます。

ぽこは桂林二十数年前に桂林に行ったことがあるそうですが、けんいちはまだ行ったことがありません。

水面からにょきにょきと尖った山が屹立しているのが特徴です。

世界中でも、海にこのような景色が展開されている地域は珍しいそうです。

 

P12074802

 4時間コースなので遠くまでは行きません。ティエンクン鍾乳洞にも寄りましたが、照明の色使いが派手だったのが残念。鍾乳洞に関しては、ベトナム中部で行ったフォンニャ鍾乳洞が良すぎたので、ここでは写真アップはなしにします。

 

P12074923

 

ハロン湾の景勝地には、観光客を相手に水上生活をしている人たちがいます。いかだの上に家を建て、クルーズ船のバイキング用の魚を売ったり、クルーズ船では入って行けないような岩場へ観光客を小舟で案内したりの商売をしています。この小舟のプチツアーはひとり200000ドン(1000円)でしたが、私たちは参加しませんでした。

水上生活をしている人たちは意外と多く、いかだの託児所までありました。ベトナム政府はこの人たちに対し陸に戻って生活するよう要請しているそうですが、世界遺産になり商売はますます大繁盛しているようなので当分はこの状態が続くのではないでしょうか。いかだではワン公も何頭か飼われているのを見ました。ワン公にとってはやっぱり陸のほうがいいのかな。

 

P12075246

水上生活の人たちがクルーズ船に近づいてきては色々な商品を売り歩いていました。また、中には、野菜や生活用具一式を水上生活者に売るための小舟も周辺に徘徊していました。

 

P12075045

ハロン湾クルーズは絶えず景勝地が連続するわけではなく、やはり絵になるポイントは絞られるようです。私たちが行った4時間コースでは、香炉島周辺が一番景色が良かったです。

 

P12075367

 短いクルーズでしたが、ハロン湾の景勝地を満喫できました。それに、ガイドブックに書いてあるように、「個人でハロン湾に来てクルーズをすると船を貸し切ることになり高く付く。クルーズのみが目的ならハノイからのツアーに参加する方がお金も時間も節約でき、現実的だ。」ということでもないんだ、いうことがわかりました。

 

P12075639

お昼はハロンのバイチャイ市内の食堂で、ポー・ラー・ロットという牛肉のミンチを香菜で包んで焼いたものと、豆腐料理、野菜、スープを食べました。ひとり30000ドン(150円)。

 

半日ツアーだったので時間が空き、バイクのオイル交換、銀行で両替をした後、町をのんびりと散策。ベトナムへ来て以来ずっと忙しかったので久しぶりにゆっくりできました。

 

P12075640

夕食はハロンの町の定食屋へ。鳥から揚げ、肉団子、さつま揚げ、厚揚げ、野菜など6品のおかずとスープ、ご飯で30000ドン(150円)、ビールは10000ドン(50円)。安くてお腹いっぱいになって良い店でした。

 

明日からはラオス国境の山岳地帯目指して走って行きます。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    人が集まる所にやっぱりお金を目当ての人があつまりますね。生活のため仕方ないし。それが良い商売ならいいですが、だましてぼったグルのはダメだなぁ。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、ベトナムの観光地、特に北部は観光ズレしているようです。観光地しか行かない人にとってはベトナム人の印象が悪くなりますが、ふつうの人はいい人なのです。もっと観光ルートから外れて普通のベトナムも見てほしいなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です