ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ぽこけん的ハノイ観光 2014年1月17日

ぽこけん的ハノイ観光 2014年1月17日

今日はハノイ観光です。ベトナムの魅力は田舎に有り、と感じているぽこけんですが、久しぶりの大都会は嬉しいものです。田舎にはない都会的なベトナムをハノイで満喫したいと思います。

 

P11771370

ここが、滞在しているバンブーゲストハウス。日中バイクは路上に駐車し、夜間は1階のレストランに入れてもらえます。日本でいうと東京の上野みたいなところです。ここの5階がぽこけんの部屋。1泊15ドル(ドルで請求されたのもベトナムでは初めてです)と高いですが、こんなゴチャゴチャした町中でバイクを2台ちゃんと管理してくれるのを考えれば安いのかもしれません。

 

P11771410

宿近くの店でブンという米製の麺の朝食。田舎のブンに比べるとちょっと高めで35000ドン(175円)しますが、鶏肉に骨が付いていないのが都会的?スープの味も洗練されている感じ。

 

P11771381

朝食を食べた食堂にいたニャン公 です。名前はミトン、オス。

 

P11771533

まずは、ハノイ大聖堂の方へ歩いていきました。ホーチミン市同様、電線は凄いことになっています。近くでコーヒーを飲むと30000ドン(150円)。ハノイは物価が高いんですね。

 

P11771704

フランス植民地時代には監獄として、ベトナム戦争時代は捕虜収容所として使われていたホアロー収容所を見学。20000ドン(100円)。人形を使った当時の収容所の様子や、拷問の道具も展示してありました。米軍の兵士からは厳しい暮らしを皮肉ってハノイ・ヒルトンと呼ばれていたそうです。

 

P11771795

昼食はガイドブックにも書いてあったクアンアン・ゴンという屋台が並ぶフードコートへ行って見ました。屋台がずらりと並び、ベトナム全土の料理約200種類が味わえるということで、人気があるようです。ポークソーセージみたいなのをライスペーパーで包んで食べる料理を食べてみました。それとハノイビール。2人で174000ドン(870円)。

 

P11770590

タンロン遺跡がちょうど昼休みで午後2時からしか入場できなかったので、すぐ横のレーニン広場で休憩していると何でも屋売りのおばちゃんが来ました。ちょうど、靴下が一足欲しかったので購入。

 

P11771876

世界遺産のタンロン遺跡です。入場料30000ドン(150円)遺跡そのものが重要なのですが、ちょうど広場で盆栽展が行われていて、そっちに目が行ってしまいます。ベトナムでは盆栽が人気のようで、これまでもたくさん見て来ました。でも、気候が良すぎて育ちすぎてしまうのか、ベトナム人の好みなのか、日本の盆栽より大きめのものが多いです。今日のは展示会に出品されたものなので、工夫を凝らした盆栽が多く、見て楽しめました。

 

P11772957

夜は水上人形劇を観劇。座席指定10000ドン(500円)。元々タイビン省の農民が収穫祭に水辺で演じていたのが始まりですが、11世紀には娯楽として宮廷にまで広まったというから、歴史は古く、ハノイの伝統芸能として確立されているということです。水を上手く利用した人形の動きも、奏でられるベトナムの伝統楽器の音色や歌にも大感動でした。

 

P11773208

今日は朝から歩き通しで足が疲れました。夜の10時ころのハノイ旧市街です。写真は交通量の途絶えた瞬間にシャッターを切っていますが、人通りも交通量も多い一角です。宿に戻って寝ます。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です