ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ハノイ南西部山岳地帯ツーリング 2014年1月15日

ハノイ南西部山岳地帯ツーリング 2014年1月15日

今日はヴィンロックを出発し、ラオス寄りの山岳地帯をツーリングしながらハノイ方面へ近づいていきたいと思います。ハノイのすぐ近くまで来ているのですが、あっちもこっちも見てみたいとウロウロするのでなかなかハノイにたどり着きません。

 

P11567840

ヴィンロックの宿の前です。昨日夕食を食べに7時ころ町を歩いたときは閑散としていたのに、朝は活気があります。道路が路上市場のようになっていました。

 

P11569780

まずは、朝食。宿から100メートルくらい離れたフォー屋さん、うずらの卵が2個も入って具沢山の店でした。これで25000ドン(125円)はベトナムではお得です。

 

P11569861

ヴィンロックを離れるとすぐに、田舎の風景が広がります。大きな道に出れば、首都のハノイまで1日で行ける距離ですが、これから更に西の山岳地帯へ進んで行きます。

 

P11568051

田舎の商店でお座りしていたワン公。真面目な性格がにじみ出ています。

 

P11568262

カムチュイの町で、チャンナン方面の道を聞きます。ベトナムの人は皆親切です。こっちはベトナム語わからないのに、一生懸命教えてくれます。何となく、右行って次左かな?というのは分かりました。

 

P11568363

カンナンの町へ行商または買い出しでしょうか?山岳民族の女性2人を見かけました。ラオスの国境に近い方の山に住んでいる人たちだと思います。

 

P11568464

チャンナン、クアンホア、マイチャウ周辺は茅葺で高床式の家に住んでいる人たちが住んでいました。この一帯も少数民族なのでしょうが、さっき会った人たちのような民族衣装は着ていませんでした。

 

P11570164

田んぼと切り立った岩山の風景が続きます。ハノイの西側はやはりどこかラオスに風景が似ているような気がします。他のベトナムとは違った独特の雰囲気でした、やっぱり遠回りになってしまったけどこっちにも来てみて良かったと思います。だから、いつも旅が長くなってしまうんですけどね。

 

P11568816

マイチャウの町で見たブタ1頭を載せたカブ。

 

P11570305

マイチャウからは峠越えでハノイ方面へ向かいます。峠からマイチャウを振り返ると、田植えの準備で水を張った水田が鏡のようでした。

 

P11569017

峠を降りると、道は交通の要所で奇岩の目立つタンラックという町へ進みます。ここで泊まってもいいかなとも思いましたが、もうひと踏ん張り、この先のホアビンまで行くことにします。

 

P11569098

ホアビンは町の中心部というのがはっきりしない、村をいくつも寄せあつめたような広い町でした。ホテルも二つ星が一軒ありましたが、丘の上で不便そうです。昨日と同じタイプのNHA NGHIという宿を見つけました。直訳では休息の家、という意味。ゲストハウスやモーテルなどと同じように、ホテルよりランクの低い宿ですが、160000ドン(800円)と安いし、別に不都合はありません。

早速夕食に町へ、といっても真っ暗な町にポツン、ポツンと灯りがともっている程度。食事できる店を探すだけでも苦労しそうです。一番最初に目に付いたやところに入って見ました。ジウ・ルアモーイというベトナムの米焼酎を飲ませる店でした。日本でいうと居酒屋みたいな雰囲気で数人ずつのグループが酒を飲んで盛り上がっていました。

つまみは、串焼き肉とか、肉の煮物とか、ソーセージとか肉づくし、そのほか主食は米の麺とフランスパンもありました。店のご主人が大歓迎してくれ、食べ方のレクチャーをしてくれながら、あれもこれもとこの店自慢の料理のフルコースを頂くことになりました。2人でお酒も飲んで160000ドン(800円)でした。

 

P11570606

宿に戻ると、私たちのバイクの他に、玄関先に2台の不思議なカブが停まっています。水牛の頭のはく製を行商する人たちのカブのようです。

 

ハノイ3

ホアビンまでのルート。明日はいよいよハノイかな?

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • まっくす より:

    カブ積載技に・・・・
    日々瞠目してしまいます~^^!

    今回も、豚さんゲージの素晴らしさ!
    わけわかんない水牛角とか・・・

    なんだかダリの世界を見ているようです(@^^)/~~~

  • もんがぁ〜さとみ より:

    水牛頭を載せたバイク、インパクトすごい〜!!!

    前のコメントに対するコメントのお返事ですけど、
    私の出会ったベトナム人は、根っからの悪人には幸い出会いませんで
    したが、ちょっとこちらが油断するとぼったくろうとする人の割合が
    多めだったかな、と思います。
    あと、観光地でちょっと休んでいて、ガイドブック見たり、日記を書こうと
    すると、すぐに自称ガイドが寄って来て、ガイドをお願いすることは
    皆無なので、断るのですけど、食い下がってきて、静かに一人でいる
    ことがなかなかできないのが、う〜む、という感じでした。
    まあ、私が観光客であり、観光地に行くことが多かったからでしょうけど。
    でも、観光業に絡まない人は、普通に親切な人ばかりでしたよ。
    レンタルしたバイクが北部のダートの振動で前カゴが取れかけ、修理を
    バイク屋でお願いしましたが、数百円くらいだったでしょうか。
    パンク修理も値段は忘れましたが、たぶんベトナムの物価に見合った
    正当な額のようでした。

  • ぽこけん より:

    まっくすさん、カブはやっぱりスバラシイですね! 今日もカブを積んだカブを発見! もうすぐけんいちがUPします。水牛のライダーたちは、朝早く出発したようで出会えずに残念。またすごいのを見たら激写してUPしますね

  • ぽこけん より:

     さとみちゃん、「根っからの悪人」って、ほとんどいないと思います。ベトナム人、ほとんどよい人です。バックパッカーやツアーの人が行ける範囲には面倒な人が多いということですね。北に来てから、観光地で勝手に写真を撮ってプリントアウトして売りつけにきたり、チップを強要したりする商売が多くなっています。物価も高い感じ。特に観光地はダメだね。ふつうの人は本当に親切。地図を見ているだけで寄って来て教えてくれます。ベトナム語だけど。
     バックパッカーの人に、もっとバイク(レンタル含む)で旅してほしいなあ。全然印象が違うと思うよ。
     あと、パンク修理は100円でした。さとみちゃんが言っているカゴの修理ももっと安かったんじゃないかな。というより、ベトナムのバイクで前カゴがついているのって、ないよ。タイならふつうだけど。

  • メガラッキー より:

    水牛?あのままで盗まれない???

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、夜は宿の門が閉まります。こちらではバイクは必ず安全なところに駐車させてくれるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です