ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


フエ王宮見学とミーアン温泉 2014年1月7日

フエ王宮見学とミーアン温泉 2014年1月7日

今日はフエのグエン朝王宮を見に行きます。

 

P10762937

泊まっているフォーフエホテルから歩いて行きます。フォーン川に架かるチャンティエン橋を渡り、城壁内へはトゥオント門から入りました。ここまで歩いて来る間、シクロ(自転車タクシー)に乗らないかと何十回も声を掛けられました。いちいち断るのもなかなか疲れます。

 

P10762950

105000ドン(525円)の入場券を買って王宮内へ入りました。チケットカウンターの女性はスマホをしながらチケットを販売しています。お釣りが100000ドン(500円)足りなかったので指摘すると、返してくれました。いつも釣り銭をごまかしては小遣い稼ぎをしているのでしょうね。王宮門は工事中のため、上に登ることができませんでした。目の前の建物が太和殿です。

 

P10762991

太和殿の屋根。現在のベトナム語はアルファベット表記ですが、それはフランスの植民地になって以降生まれた新しい文字、元々は東南アジアでは例外的な漢字の文化圏なんですね。

 

P10763032

ベトナム戦争で王宮の大半がアメリカ軍に破壊されてしまったので、敷地が広いのに見るべき建物はあまりありません。午前中で見学終了。

 

P10763203

王宮付近の観光客向けの食堂に入ります。手前がバイン・コアイというベトナム風お好み焼き20000ドン(100円)。おに奥がネム・ルイという、つくねを野菜と一緒にライスペーパーに巻いて食べるもの、30000ドン(150円)。

 

P10763294

午後はバイクに乗ってフエの郊外にあるミーアン温泉に行って来ました。ゲートですでに硫黄臭がただよって来ます。これは期待できそうです。

 

P10763536

施設の名前が、ミーアンONSENリゾート。温泉の文字がそのまま使われていることから、日本を意識していることがうかがわれます。灯篭やら盆栽やらも置かれていました。入浴料金はひとり120000ドン(600円)とベトナムの物価に換算すると高めです。

 

P10763395

泉質は硫化水素型ではなく、硫黄型の硫黄泉でしょう。お湯の感じは鳴子温泉の藤島旅館っぽくもありますが、緑の色はもっと濃い感じです。塩分も入っていて、濃くてパンチのある温泉です。長時間入っていると湯あたりしそう。源泉は52度ですが、湯船?プールの湯加減は42度くらいでした。別にもっと温度の低いプールもあります。

思いの他、ベトナムで良い泉質の硫黄泉に入ることができました。

 

P10763580

夕食はブン・ヘンというシジミの麺料理。10000ドン(50円)。シジミの味が美味。シジミのだしを取ったスープも出してくれます。

フエ、正直イマイチでした。明日は再び北上です。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    漢字が珍しいですね。どこの影響が濃いのでしょうか?不思議です。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、ベトナムは中国の影響も強く受けていて、前世紀の初めくらいまでは漢字が使われていたようですよ。

  • ディア・ママ より:

    写真素敵ですねぇ~!
    あっ、出来ればぽこさんの水着ショットもっと増やしてくださいw

    私は、なかなか旅行が出来ないので、けんいちさんのブログを拝見して「脳内旅行」しています♪

    今後も記事up楽しみにしていますぅ~

  • ぽこけん より:

    ディア・ママさん、ぽこけんへようこそ。

    いつも、ペットレスキューの活動ご苦労様です。

    ベトナムでは、毎日おもしろい風景に出合うので、写真を獲るのも楽しいですよ。

    水着ショットはまずいですね~、ご飯が美味しくてお腹回りが今まで以上に膨らんでしまって困ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です