ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


タップバー温泉訪問記 2013年12月28日

タップバー温泉訪問記 2013年12月28日

朝起きて空を見上げると、真っ白な曇り空。

白い砂浜とコバルトブルーの海、輝く太陽に抜けるような青い空、をイメージして山を越えて来たのに。。。

気を取りなおして、温泉にでも行くことにしますか。
 

PC2850700

ニャチャンのビーチリゾートをバイクで出発。海岸通りには高級ホテルが並んでいますが、私たちの宿は道路を一本入った裏通りにあります。私たちの宿だって、海は見えませんが、部屋は広いし、冷蔵庫もクーラーもTVも付いていて180000ドン(900円)、これで充分です。

 

PC2849100

空もパッとしないので、ビーチも今一つ活気がありません。皆さん寒くないのでしょうか?私たちとは体の出来が違うのか、それとも、せっかくの休暇で来たので意地で泳いでいるのか。気温は20度くらいだと思います。

 

PC2849121

ニャチャンのビーチから数キロ走って、タップバー温泉に到着しました。

料金体系が何種類かあって、私たちは、共同のドロ風呂&温泉&スイミングプールコースにしてみました。このコースだと、ひとり、120000ドン(600円)です。共同ドロ風呂でなく、プライベートのドロ風呂にすると、2人で2500円。スイミングプールだけだと300円でした。チケットを買って中に入って見ます。南国風でなかなか雰囲気がいいです。

 

PC2849282

まずは、水着に着替えて泥風呂体験。係りの人が蛇口をひねるとドーっと泥湯が湯船に満たされます。2人で行けば共同といってもプライベートみたいなものですが、このドロ水温かくはないんです。正直、今日の気温ではちょっと辛い。2人で2500円のプライーベートコースのドロ風呂は39度くらいに温めた泥湯が体験できるということです。

 

PC2849313

シャワーでドロを洗い流して、次は、透明の温泉に入ります。お湯を口に含んでみます。ドロ風呂も塩分が含まれていましたが、この温泉も塩分が強いです。温度は39度くらいでした。ここで30分くらいまったりしました。

 

PC2849434

温泉の滝もあります。これも、かけ流しの塩化物泉。

 

PC2849505

こちらはスイミングプール。湯量が豊富なんですね、これも全て温泉です。39度くらいと長湯にちょうど良い温度でした。

温泉に来ているお客さんのほとんどは外国人でした。設備も整っていて清潔で、値段も600円なら許せる範囲。なかなか良かったです。

 

PC2850458

温泉の帰りに、温泉の名前の元にもなっているタップバー遺跡へいきました。ここで、昨日のライダー、ジョン&ポールに再会。彼らは明日、北上するということです。私たちも、ニャチャンはもういいかな、という気持ちです。どこまで走るかは未定ですが、明日はこの町を出ようと思います。

 

PC2850397

小高い丘に建つ、タップバー遺跡から眺めたニャチャンの町並みです。

 

PC2851261

帰りに、市場でザボンとマンゴーを買いました。ザボンもマンゴーも1個10000ドン(50円)。ビーチリゾートのフルーツ屋の3分の1の値段でした。

 

PC2850550

 

今日の夕食は屋台でブン・ズィエウ。カニのすり身のつくねと麺がカニのだしで取ったスープに入っていて美味しかったです。1杯25000ドン(125円)。

 

PC2850661

ビーチリゾートのナイトマーケット前でタバコをふかしながら客待ちをしていたシクロのおっちゃん。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • hide より:

    気温20℃って意外に暑くないんですね。
    この気温での冷たい泥湯入浴は厳しそうですが、39℃の温泉は湯量豊富で気持ちよさそうです。
    小舟の浮かぶ街並みもいい感じですね。

  • メガラッキー より:

    ジョンとポールも元気で良かった。再会するって、何か嬉しいですね(^^)。

  • ぽこけん より:

    hideさん、そうなんですよ。暑いかと思ったのに、ぜんぜん。海も閑散としげいます。風も強くてとても南国とは思えません。部屋もエアコンもファンも使わず窓を閉めてちょうどいい気候です。温泉的には日本のほうが情緒がありますね。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、リンゴとジョージにも会えたら最高なのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です