ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ジョンとポールはニャチャンへ走る 2013年12月27日

ジョンとポールはニャチャンへ走る 2013年12月27日

2泊したダラットを出発。高原の避暑地は私たちにとって特に魅力的な町ではなかったけれど、どんな場所でも、まずは行ってみないとわからないことが多いと思います。

インドにイギリス人が植民地時代に作ったダージリンという町があります。紅茶でも有名な町ですが、標高の高い丘陵地にへばりつくように町ができています。坂の多い町歩きは上り下りが大変ですが、歩いていると角を曲がるたびに美しい風景に出会える、とっても魅力的な町です。

フランス人がベトナムに作った高原の町は、いったいどんな町なのだろう、と期待していましたが、ちょっとあてが外れてしまったようです。あくまでも、私たちの偏見に満ちた主観では、ということですよ、ダラットはベトナムを代表する優れた観光地であることに違いありません。

たとえ、来てみてその町が好きにならなくても、そう感じることができたことが、来てみた甲斐があったということだと思います。そう思って町を出発します。

PC2750360

物価高のダラットで昨日目を付けて置いた、朝だけ営業のフォー屋さん。坂道の階段を上手く利用したオープン屋台です。

 

PC2748860

具に大根が入ってるのが、高原の地ならではなのかも。具は鶏肉を焼いて細く裂いたもの、チャーシューのスライス、これで充分。朝から肉のかたまりとかいらないし、値段も20000ドン(100円)とダラット中心部では相場の3分の2程度。ベトナムですでに何十杯もフォーを食べてますが、味もかなりのイケ麺。

 

PC2748891

ダラットの町を出てしばらくしたところで、私たちと同じようにベトナムでバイクを買って旅している2人にい会いました。イギリス人のジョンとポールです。ジョージとリンゴも後から来るのかと思ったけど、今回は2人だけだということです。6週間の休暇でベトナムツーリングを楽しむのだとか。

海外ツーリングをしていると、6週間の休暇で旅行に来たというヨーロッパ人によく会います。一般的な休暇の基準なのかもしれませんね。自分に置き換えてみると、1年間に毎年6週間の休暇などもらったことはありません。一番長かったのが新婚旅行の特別休暇で2週間くらいだったかな。それでもあっという間でした。6週間と聞くと、いいなぁ、と思います。

 

PC2748902

ビートルズと別れてしばらくすると、更に霧が濃くなり、寒くなってきました。カッパその他、持っている衣類をすべて着込んで対処します。う~、ブルブル、寒いっす。

 

PC2748943

この後、道を間違えてることに気付きます。ファンラン方面に進む予定が、ニャチャン方面に来ている。地図を見ると標高2000mの峠越えになってました。どうりで寒いわけだ。

PC2750562

ニャチャンに到着.道を間違えたら間違えたで、それもいいよね、ということになって、軌道修正案とか一斉無し。けんいち、地図をチラチラ見てる割には頼りになりません。あー、寒かった。やっと平地にたどり着きました。海では泳げるくらいの気候じゃなかったの?と思いながらまだ、厚着でブルブル震えてます。

 

PC2748954

国道1号線に出ました。さすがに交通量が多いです。道を間違えずにファンランンへ出たならば、静かなビーチでのんびりと、といきたいところでしたが、ニャチャン(ベトナム屈指のビーチリゾート)に出てきてしまったので、もうニャチャンのど真ん中に突っ込む以外ありません。国道1号線は競争も激しいのでしょう、食堂もうちは15000(75円)だよ、みたいに値段を前面に出してお客にアピールしています。揚げ豆腐に目玉焼き、キュウリ、スープが付いて20000ドン(100円)でした。

 

PC2749015

買うつもりはないんですが、明るい光に誘われて、ナイトマーケットで賑やかな界隈へもくりだして みました。圧倒的にロシア人が多いです。店の看板も「ジーマの旅行代理店」「ユーラのレストラン」などキリル文字で書かれていました。ロシアの人はロシア語で書かれていると安心するのかもしれませんね

PC2750633

フルーツもメコンデルタの値段の3倍くらいするので買うのがばかばかしくなってやめました。。ロシア人が高くても買うので物価が高くなっているようです。夕食はあちこち彷徨ったあげく、春雨のカレースープの店に落ち着きました。30000ドン(150円)。

うしろを振り返ってもしかたありませんが、メコンデルタな日々が懐かしい。

今後のベトナム旅行の作戦を練る。

●海がどれほどのものなのか、ニャチャン近郊で見極めたい。それによってルートの変更の余地あり。今日の気温では寒くて海水浴する気にならない、明日以降に期待。

●基本、カンボジアやラオス国境に近い山を旅した方が、良い出会いや風景が待っていような気がする。だからこそ、海が気になる。山道だけでは偏り過ぎたベトナム旅行になりそうな気がして。

●温泉は押さえておきたい。が、金持ちご用達のスパばかりだとつまらない。庶民に愛される温泉がベトナムにないものか?

 

バンメトート4

ニャチャンまでのルート

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    6週間の休暇。羨ましいというか、1年の多くを旅行に費やす誰かの方がもっと羨ましいデス。。。(^^)

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、私たちの場合休暇じゃなく、何にも属してない状態なのですが。。。お仲間になりませんか?

  • メガラッキー より:

    羨ましいですが、まだまだ養わないといけない家族が居る私には無理みたいです。子供の為に休む暇はありません(T_T)。

  • ぽこけん より:

    めがラッキーさん、では、これからですね。60代、70代でも私たちのような旅をしている方々もいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です