ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


「ぐるり東南アジア3カ国・タイカブツーリング」その10

「ぐるり東南アジア3カ国・タイカブツーリング」その10

▼ 滝野沢優子の「ぐるり東南アジア3カ国・タイカブツーリング」その10
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

聖地チャイテイヨーから北へ向かいます。次なる目的地は高原の景勝地・イン
レー湖です。インレー湖へ向かう途中、バスの乗り換えのついでに宿泊した、
バゴーという町で、ある”できごと”がありました。

バゴーで宿泊したホテルの向かいの路上には、バスチケットやバイクタクシー
を手配する店がありました。机を1つ出しただけの店の横には、そこのオーナ
ーらしい、押しの強そうなガタイのいい男がヒマそうに立っていました。

私たちが何気なくその前を通りがかったとき、
「アイツだ! 間違いない」
と、けんいちにしては珍しく語気を荒げてつぶやきました。

実は夫のけんいち、15年前に一人でミャンマーを旅して、やはりこの町に1泊
したそうです。まだ強制両替がある時代で、公定レートよりも闇レートのほう
がずっとレートがいいので、旅行者は路上で両替するのが普通だったそうです。
用心深い我が夫のけんいち。滅多なことでは騙されないのに、ここバゴーで不
覚にも両替詐欺に遭ったことを、ずっと悔しがっていました。

奇遇にもその相手に再会してしまったのです。
けんいちのほうは会った瞬間に顔を思い出したのに、その男はまったく覚えて
ない様子で、バイクタクシーの営業をしてきます。ヤツにとっては日常茶飯事
だったのでしょう、いちいち相手の顔を覚えているはずもありません。
闇両替がなくなった現在、ヤツは一応マトモな商売をしているようでした。

まさか15年ぶりにまたヤツに出会うとは…。

さらに、宿で手配してもらったバスターミナルまでのタクシーが、なんと! 
ヤツのバイクタクシーでした!
けんいちは、奇しくも15年ぶりに出会った詐欺相手の後ろに乗る羽目になって
しまったのでした。

image_214_15_39▲パゴーの町並み
image_014_15_38▲パゴーのシュエターリャウン寝仏

image_114_15_39

▲ピッタインダウンと呼ばれるミャンマーのダルマ、押すたびに起きるという意味だそうです

その後、冷房の効きすぎるバスでインレー湖へ向かいます。

インレー湖は標高900mの高原にあり、一帯は風光明媚な観光地です。ミャンマ
ー旅行のツアーには必ず組み込まれている場所ですが、ミャンマーは激増する
観光客に対応しきれず、宿泊施設が不足気味です。インレー湖周辺はとくにひ
どく、私たちが泊まるレベルのゲストハウスにまでツアー客が押し寄せていま
す。そのため、夕方には宿はどこも満室でした。そのような状況のため宿は強
気です。料金も高めで、とても値下げの交渉などできません。
「空いていたら、ラッキー♪」という状況であるため、時には食堂や寺院の空
きスペースを有料(20ドルくらい)で開放することもあるそうです。

ここでも、タクシーをチャーターしたり、ツアーに参加するのがイヤな私たち
は、宿で自転車を借りて湖周辺をフラフラと走り回りました

image_314_15_40▲インレー湖畔の町、ニャウンシュエの尼僧さん
image_514_15_41▲小坊主さんにお弁当箱の写真撮らせて、と頼んだら照れてしまいました

image_414_15_40▲片足で舟をこぎ漁をする独自の漁法を見ることができる

image_614_15_41▲ニャウンシュエの町のワン達

ローカルな集落を訪れたり、温泉に入ったり、小さなボートに自転車を乗せて
湖を渡ったり…。途中、自転車の変速機が壊れるといったトラブルもありまし
たが、ほんのちょっと押していけば修理してくれる店が見つかります。バイク
で入国できないのであれば、自転車で旅するのも良いかもしれません。欧米人
にはインレー湖周辺のトレッキングも人気のようでした。近い将来、ミャンマ
ーのアウトドアレジャー基地になりそうです。

インレー湖の次は、西へ200kmほどのバガンを訪れました。このバガンは、カ
ンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに世界
三大仏教遺跡のひとつです。広大な平原地帯に3000ともいわれる大小さまざま
な仏教遺跡が林立しています。
私的にはミャンマーでの一番の見どころと思っていましたので、かなり観光地
化されているだろう…と思いきや、まだまだ庶民的な町でホッとひと安心しま
した。
image_914_15_42▲パガンの古代遺跡群

image_714_15_41▲ポッパ山

image_814_15_42▲ミャンマーで大人気の聖人ボーミーガウン

image_1014_15_43▲ミャンマーの女性は重い荷物を頭にのせて 歩く

image_1114_15_43▲パガンの町をながれるイラワジ川

パガンはA級の世界遺産に登録されてもおかしくない遺跡ですが、いろいろな
理由で登録されないようです。とてももったいないのですが、世界遺産に登録
されたら観光客が今以上にドドッと訪れ、外国資本もたくさん入って観光開発
され、アッという間に変わってしまいそうな気がします。
image_1214_15_44▲アマラプラのウー・ベイン橋、長さは1200メ-トル、木造の橋としては世界最長

image_1314_15_44▲ウー・ベイン橋

image_1414_15_45▲マンダレーヒルのニャン

最後はミャンマー中部の第2の都市、マンダレーからエア・アジアの1時間余り
のフライトでタイのバンコクへ。1月7日に入国してから2週間ほどのバックパ
ッカー旅も1月22日に無事終えることができました。
バイク旅の合間に、このような目線を変えて旅をしてみることも変化があって
良いものでしたし、改めてバイク旅の良さを実感しました。

さて、次回からはタイカブツーリングを再スタートさせます。次なる目的地は
国境越えて、タイの東隣の国ラオスへと向かいます。
無事にラオスへ入国できるのか、ドキドキです。

来週に続く。

※ミャンマーの旅の様子は、ホームページ「ぽこけん」のブログでもレポート
しています。画像や動画もありますのでぜひご覧ください!

●バゴー
http://c.bme.jp/35/3/1968/520416

●インレー湖
http://c.bme.jp/35/3/1969/520416

●バガン
http://c.bme.jp/35/3/1970/520416

●マンダレー
http://c.bme.jp/35/3/1971/520416

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

週刊連載コラム、第91回はいかがでしたでしょうか。

ヤンゴンから出発し、聖地チャイテイヨー、インレー湖、仏教遺跡バガンと巡
りマンダレーで終了した滝野沢さんのミャンマー・バックパッカー旅。きっと
滝野沢さんの記憶にたくさんの「ミャンマーの現在」が刻まれたことでしょう。
バイクで入国できるようになったら、おそらく滝野沢さんは再度ミャンマーを
訪れるでしょう。その時のミャンマーはどのような状況になっているのでしょ
うか? 滝野沢さん、楽しみですね…!

来週も滝野沢さんのコラムをお楽しみに!

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • hide より:

    15年ぶりに詐欺師と逢い、しかもそのタクシーに乗るとはなんとも奇遇でしたね。
    行動範囲は狭くなるけど、自分の思うままに行動できる自転車はいいですよね。
    独特の漁やパガンの古代遺跡群ご画像がとってもいいです。

  • メガラッキー より:

    ほんと、その詐欺師の机にせめて鼻くそでも。。。
    失礼(>ω<)

  • ぽこけん より:

    hideさん、奇遇といえば奇遇ですが、小さな町で外国人旅行者を相手に仕事をしている人は多くないってことですかね。

    外国人相手の人ではなく、普通に暮らしている人と沢山出会える旅、それが、バイク旅行なのだと再認識しました。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、彼も生活するのに必死なんでしょう、と思うようにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です