ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


スリランカ最南端 (2013年8月7日)

スリランカ最南端 (2013年8月7日)

image_013_27_20タントンパタを出発。今日はマドゥナガラ温泉というところへ行く予定です。海沿いの道から温泉の場所を聞きながら内陸部へ入って行くと、田んぼの真ん中にカカシがポツンと立っていました。スリランカのカカシもなかなか味があるものだなぁとしばしバイクを止めて見とれてしまいました。

image_1013_27_24主要国道のA2号線から30キロ以上内陸に入ったところにマドゥナガラ温泉はありました。入場料はスリランカ人が30ルピー、外国人は100ルピー(約80円)です。スリランカではここが2湯目の温泉です。チケットを買って中へ入ってみます。

image_213_27_21一見、湯船がたくさんあるのかな?と思いましたが、ここも前回のカンニャ温泉同様お湯の中に入るのは禁止。あくまでもかぶる式の温泉のようです。設備はきちんとしていてとても清潔な印象です。

image_313_27_21中央の井戸のような部分が湧出口らしく、覗くと底から湯が沸きだしているのが見えました。触ってみたらけっこう熱いです。50度くらいはありそうでした。ここから、周りの仕切りへ湯が流れて行きます。湯を移動させることによって、場所によって熱めの湯やぬるめの湯が楽しめるよう工夫されていました。

image_113_27_21私も腰布に着替えてお湯を浴びてみることにします。ざぶんざぶんとお湯を浴びると汗が流れて気持ちがいいです。若い女子達がたくさんいましたが、その中の先生のような人と話をしてみると、女の子たちは両親のいない孤児たちで、今日は孤児院から温泉に皆で遊びに来たということです。私が日本人だというと、東京のまさこをしっているか?と聞かれました。東京のまさこと言われても、もちろんわからないのでそう答えると、まさこはときどき孤児院にくる日本人女性だということです。何らかの国際協力の活動をしている人なのかもしれません。あなたも孤児院に来てください、と言われましたが、日本の福祉施設を退職して気ままに自由旅行をしていることは、彼女たちには言いにくいなと思ったし、孤児院となると旅の寄り道としては自分には敷居が高い気がして断ってしまいました。

image_413_27_22海沿いのA2号線に戻って、今度はスリランカ最南端を目指して走ります。

image_313_35_19とうとう着きました!ここがスリランカ最南端のデウンダラ岬です。

image_813_27_23灯台もあって海の景色の素晴らしいところでした。

image_1113_27_24今日はローカル色漂うボルヘナビーチというところに泊まることにします。海岸が目の前のコーラルブルーゲストハウスというところが1500ルピー(約1200円)でした。海岸全体では欧米からの旅行者も10名近くは来ているようです。夕食もうちのゲストハウスで食べれるよ、と言われましたが、食堂の3倍くらいの値段だったので丁寧にお断りしました。もう夕方近かったんですが、すぐに海パンに着替えて海で泳ぎました。ほんの2時間くらいでしたが充分楽しめました。このビーチはスノーケリングも楽しむことができるそうなので、明日はそっちも体験してみたいと思います。

image_913_27_24そして、夕食問題。海岸近くには旅行者向けの値段の高いレストランしかないので、バイクで国道まで出てテイクアウトの食事を買い出しに行かなければなりません。ついでに、ビールも仕入れておきます。スリランカでは酒類はどこででも売っているわけではなく、緑の看板が目印の政府直売店で買わなければなりません。ビールの大瓶が180ルピー(約140円)です。でも、これは空き瓶を持参した時の値段で、空き瓶がないと店によって30~50ルピーほどのデポジット(預け金)を取られます。デポジットは同じ店でないと返してもらえないし、ツーリングに出発するころの時刻は店が閉まっています。ということで、私は常にビールの空き瓶1本を携えながらツーリングしていました。

スリランカ3旅のルートです。ずいぶん走って来ました。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    スリランカの南から北まですごいですね。
    でも、東京のまさこさん、偉い人ですね。頭が下がる気持ちです。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、バイク乗りは皆、端っこまで走りたがるものなんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です