ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ジャフナ近郊へツーリング (2013年8月1日)

ジャフナ近郊へツーリング (2013年8月1日)

image_220_11_12スリランカの北部と東部はタミル人の世界です。漁村にはキリスト教徒も居ましたがほとんどはヒンドゥー教徒。早朝、ジャフナで一番大きなカンダスワーミ寺院へ行ってみました。南インドのヒンドゥー寺院と同じように、寺院の東西南北にゴープラムという塔があります。ちょうど、笛や太鼓を鳴らして何かの儀式を執り行っている最中でした。

image_120_11_12ジャフナの町で朝食。写真を撮る前に美味しそうなのでひとつまみ食べてしまいました。これが、ドーサというクレープ状の主食。米とケツルアズキという豆をすりつぶして発酵させた生地を鉄板で焼いたもの。ちょっと酸味があるのが特徴です。付け合せは右からダール(豆カレー)、サンバル(タマリンドのスープカレー)、ココナッツチャツネ(青唐辛子を練ってあるので辛いです)。ドーサは南インドではポピュラーな主食ですが、インドでも北部ではあまり見かけませんし、スリランカでも置いてない店があります。タミル人の多いジャフナではどこででも普通に注文できるのが嬉しいです。これで40ルピー(約32円)でした。

image_420_11_13さあてと、朝ごはんも食べたので、今日はジャフナ半島のさらに沖に浮かぶカイツ島へ行ってみます。この島へも浅瀬のサンゴ礁の上に石を積み上げ盛り土した道を走って行くことができました。雲ひとつない快晴、周囲360度サンゴ礁の青い海。

image_320_11_13さらに、沖合いに浮かぶパンクドゥティブ島へも走っていきました。村の暮らしは、南国にずいぶん慣れてきた私が見ても、すごくのんびりしているように見えました。とくに産業もなさそうだし、お米も取れないみたいだし、漁で暮らしているのかな。何をするでもなくぼんやり座っていたり、ぶらぶら散歩してるだけに見える人が目立ちました。笑顔で爆睡中のワン公。のんびりした島にいると犬もこんな風になっちゃうんでしょうか。

image_820_11_15車もほとんどないし、本当にヒマそうな人が一杯いるなぁ、と思って走っていましたが、そのうち逆に、ガソリン代を無駄にして暑い中走り回っている自分の方がバカバカしくなって来ます。パンクドゥティブ島の一番端っこにあるヒンドゥー寺院まで来たので、ここから引き返すことにします。

image_520_11_14帰り道はカライティブ島を経由して行こうと思い島の桟橋まで行ってみると、舟は2時間に1本とのこと。福島の我が家前のバスの本数と同じようなものです。ここで舟を待っても良かったのかもしれませんが、360度海の盛り土の道をまた走るのも悪くないので、戻ってジャフナまで自走しました。

image_620_11_14お昼ごはんです。久しぶり、南インドと同じでバナナの葉っぱをお皿にしていました。カレーの味もスリランカ南部で食べていたものと違い、南インドに近い味付けでした。何と言ってもこの中央にかかっているサンバルが美味しく、赤くて丸っこい米によく合います。これで100ルピー(約80円)。今まではスリランカのカレーをスプーンで食べていました。お皿に盛り付けしてあったのでそれでもおかしくはなかったのですが、さすがに、バナナの葉っぱのカレーでスプーンはミスマッチです。久しぶりに右手でカレーを食べましたが、やはり、スプーンで食べるより美味しいですね。これ以降、帰国するまでお皿が何であろうとスプーンは使わず右手で食べ続けました。

image_720_11_14午後はジャフナの町の北の部分をツーリングです。2000年以上前のストゥーパ群があるというカンサロダイビハールへ行ってきました。人に聞きながら行きましたが、これが分かりにくいったらなかったです。タクシーなどでドライバーに連れて行ってもらったら簡単なのでしょうが、バイクの旅の面白さのひとつは、今日のように、人に聞いて聞いて道に迷って、苦労して目的地に着くということにあるのではないかと思います。野外活動などで経験のあるオリエンテーリングみたいなもので、目的地に着くまでの過程が楽しいんですよね。正直、学者でもないんだし、2000年前のストゥーパなど見てもその価値はよくわからないです。

その後、スリランカ最北端を目指しましたが、軍の施設があり、迂回しましたが、また別の軍施設があり通り抜けることができませんでした。スリランカ最北端にはペドロポイントという町もあるはずなのでバイクで行けるはずなのですが、どのルートからでも行けるわけではないようです。今日も日が暮れてきたので、最北端は明日目指すことにしましょう。

image_020_11_11

夕食はコットゥという料理をテイクアウトし、宿に戻ってビールと一緒に食べました。ローティー(小麦粉を練って伸ばして焼いたもの)と野菜のカレーを鉄板の上で刻んで炒めたもの。カレー味の焼うどんのようなものをイメージしていただくと近いかも。80ルピー(約63円)。ライオンストロングビール8.8%は180ルピー(約142円)。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です