ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


内戦終結後のジャフナへ (2013年7月31日)

内戦終結後のジャフナへ (2013年7月31日)

無事に日本へ帰って来ました。パソコンが壊れてブログが止まっていましたが再開します。

image_1017_12_56

このパソコン、買って3年ほどでしょうか。今年5月に日本でハードディスクが壊れ自分で交換したものの、6月にはインドネシアでキーボードが故障、そして、スリランカではスクリーンが破損。直接の原因はサイドスタンドが中途半端なままバイクを離れたとき倒してしまったことによるものです。ハードディスクは生きているので、大切な写真データなどの被害はありませんでした。スリランカのジャフナのパソコン屋さんでも3日の時間があれば14000円で修理可能と言われましたが、もう充分使い込んだし、買い替え時かなという判断をくだしました。しばらくブログは休むことになるのは残念ですが、あと10日あまり、昔ながらのアナログ旅行も良いではないかと思い直しました。

 

さて、ここからは旅のブログの続きです。

25年という長い年月続いたスリランカの内戦が終結したのが2009年5月。その最激戦地であったジャフナ。今回のスリランカ旅行で一番訪れてみたかった町でした。

image_017_12_52マンナール島の食堂で朝食。あつあつのミルクティーをポットからカップへと何度も移動させることで適温に冷まして泡立ててからお客さんに出してくれます。1杯35ルピー(約27円)。

image_117_12_53乾燥した台地と、低い人口密度。南部スリランカとは全く異なる風景の中を走ります。交通量も極端に少ないので、マシントラブルが起きないこと、パンクしないことを願いながら進んでいきます。

image_217_12_53トカゲがいました。近づいてもすぐには逃げなかったので何とか写真に撮ることができました。これはこの前見たものよりずっと小さいです。頭の先から後ろ脚までが10センチくらいでしょうか。この前見たのはその部分だけで30センチほどありました。こうして写真に撮ってみて、はじめて、尻尾がすごく長いということがわかりました。別の種類でしょうが、1メーター以上のトカゲもスリランカにはいるようです。

image_317_12_53軍のチェックポイントがありました。ここで、ジャフナ方面へ向かう全ての車両と人、滞在日数等のチェックを行っていました。

image_417_12_54舗装路だったのは最初だけ。赤土のダートも多くなって来ました。そして、橋という橋が全てことごとく戦争によって破壊されていました。内戦終結から4年経ち、あちこちで大々的に補修工事を行い、本格的に復興へ向かっているようです。今現在、道路の舗装率は約50%くらいでした。

image_517_12_54ジャフナ半島へはフェリーで渡るものとばっかり思っていたのですが、現在は、浅瀬の海を埋め立てた道ができていました。両脇が海の道を走るのは爽快でしたよ。この道を抜けてしばらく行くとジャフナの町です。

image_018_31_21宿の数はそれなりにありますが、WIFIが使える宿が少なかったです。やっと見つけたWIFIの使える数少ない宿、ジャフナパレスホテル。1泊1500ルピー(約1190円)しかし、この後すぐ、パソコンのスクリーンが壊れてしまっているのを知ることになります。

image_617_12_55パソコンが壊れてしまっているのを知って落ち込みましたが、海が見たくなってジャフナの漁村を見学に行くことにしました。日本の郵便カブがこんなところでも大活躍しているんですね。荷物満載で裸足のおじさん、いい味だしていましたね。

image_917_12_56漁村の路地裏では、でぶワンが、重力に逆らわない楽な姿勢でくつろいでいました。別に寝ているわけではなく、しっかり目は開いています。このワン公にとってはこれが基本姿勢なのでしょう。

image_717_12_55漁師のお父さんのお手伝い中の少年。後ろにいるお父さんの指示で投網の状態を整えていました。明日の漁の準備だと思います。こうやって仕事を覚えてこの子も一人前の漁師になっていくのかな。カメラを向けると少しはにかみましたが、どこか誇らしげな表情でした。僕ってかっこいいでしょ!大人と一緒に仕事できるんだよ、と私に伝えたがっているようにも感じました。

image_817_12_56スリランカ南部同様、ここジャフナでも漁師はクリスチャンが多いみたいですね。

image_1117_12_57漁村を見て回っているうちに、パソコンが壊れたことも別に大したことではない、と思えるようになってきました。一番困るのは大切な写真データが消えてしまうことですが、外付けDVDプレイヤーを接続して音楽CDを入れると音楽が鳴ることからして、ハードディスクがちゃんと生きていることがわかります。写真さえ無事ならパソコンなんてどうでもいいじゃないか、日も暮れてきたし、宿にもっどてビールでも飲んでまた美味いカレーを食べよう!

スリランカの海の景色に癒されたこともあります。しかし、それ以上に、あの2011年3月11日以降、何が起きてもあれほどひどくはないもんな、こんなの大したことない、という思考回路が自然と働くようになってしまったような気がしています。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    今はいずこへ。。。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、ご無沙汰です。

    福島の自宅に帰って来ました。羽田に降り立ったとき、スリランカより暑くてびっくりでした。

    日本に帰ってきてまず最初に食べたのは、味噌ラーメンと餃子でした。

  • まっくす より:

    おかえりなさい!
    お疲れ様でした~~~~

    PC壊れていたのですね・・・
    少し心配していました。
    外国で1人トラブルかと・・・・

    御無事で御帰国何よりです!

    ”日本の旨さ”満喫して、冷えたビール・・・
    いっちゃってくださいね♬

  • ぽこけん より:

    まっくすさん、
    いつも心あたたまるコメントありがとうございます。

    最後の10日間、PC無しのアナログ旅行もなかなか良かったですよ!これから記事アップしていきます。

    次は9月に夫婦で北朝鮮を旅行してみるつもりです、そちらの記事も期待していてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です