ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


クルネーガラ周辺ツーリング (2013年7月18日)

クルネーガラ周辺ツーリング (2013年7月18日)

エレファントロックシティー(象の岩の町)と呼ばれるクルネーガラには昨日着いたばかり、毎日移動もしんどいし、雰囲気のいい町なので連泊します。宿に荷物を置いて、今日は日帰りツーリングへ行ってきます。

image_116_52_53まずは、町のどこからでも見えるエレファントロックに登ってみます。多少は歩くのを覚悟で行きましたが、頂上までバイクでいけちゃいました。下から見えたときは小さかったブッダがこんなに巨大だったとは!頂上からは町が一望に見渡せました。

image_016_52_52朝食は町の軽食屋さんに入ってみました。サモサが1個35ルピー(約28円)、ミルクティーが40ルピー(約32円)。朝食付きのホテルで出てくるトーストとフライドエッグより、こんなものの方が美味しいです。

image_216_52_54地図で見ると、クルネーガラから40キロほど離れたところにアランケㇾという遺跡があるようです。そこへ向かったつもりが、道に迷ってしまい、ちいさな仏教寺院に着いてしまいました。道を聞いたついでに、お寺の中を案内しましょうと言われ、お言葉にあまえました。このワン公、お坊さんが大好きなようで、案内される間ずっと付いて来ていました。

image_316_52_55どうも、このアランケㇾという遺跡、とても分かりにくいところにあるようで、また、別のお寺に付いてしまいました。最初はこのワン公に吠えられてしまいましたが、頭を撫でてあげるとすっかりなついてしまいました。

このお寺でまた道を聞いてやっとアランケㇾにたどり着きましたが、別に、何てことのない建物の土台が残っているにすぎない規模の小さな遺跡でした。

行く途中で道に迷ったからこそ出会えた、お坊さんやワン公と過ごした時間の方がずっと面白かったです。

ちょうど、ランべという町でお昼時になったので適当な店に入ってみます。

image_416_52_56ランチ食べられますか?と聞きながら店に入ると、ビュッフェスタイルになっているから好きなものを選んでお皿に乗せて、と言われました。欲張ってたっぷりめにカレーを盛り、ゆで卵も付けました。昨日の昼食の味があまりに洗練されていたので、べたぼめは控えますが、普通に美味しかったです。とにかくカレーが好きなので、カレーを毎日食べれるだけで幸せです。120ルピー(約100円)。

image_516_52_56次に向かってみたのは、ヤーパフワという岩山。

image_1016_53_01街道の道端ではこのような、果物などの露天がたくさん出ています。

image_616_52_57そこで、昨日から気になっていたオレンジ色のヤシの実をひとつ買ってみることにしました。おじさんが起用に切ってくれます。

image_716_52_58てっぺんにちょこっと穴を開けて渡してくれました。ストローをさしてくれそうな気配はありません。この穴に唇を密着させて飲むもののようです。慣れていないのでかなりこぼれてしまいます。もうTシャツべとべと、でも美味い!

image_816_52_59飲み終わると、貸せみたいなジェスチャーをするので実を渡すと、パコーンと真っ二つに割ってくれました。これを指でグジュグジュと削り取って食べろ、の指示です。これも美味い!ストローとスプーンがあったらもっと良かったけど、大変気に入りました。どこででも見かけるし、明日からのツーリングの良き水分補給になりそうです。35ルピー(約28円)。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • タカ より:

    次ストローもらえないとシャツがベタベタになっちゃうからトトロー買いましょうよ。28円は素晴らしい。
    次回はバックに映っているスイカも味見してくださいな。

    それとー  一つお願いがあります。

    私 SQ(シンガポールエアライン)の機内の香りが大好きなんです。乗られた事ありますか?

    そこで旅の途中であの香りが飛び込んできたらば、そいつを買ってきてもらえませんか?あの香りはSQの戦略らしいです。
    日本ではどこにも売っていないんです。
    その付近は上空にSQが飛び交っていますので、もしかしたら売っているかもです。

  • メガラッキー より:

    良いものをみつけましたね。これで水分と栄養の両方が摂れるかも。

  • ぽこけん より:

    タカさん、何でもためしてみるのは面白いし、新しい発見がありますね。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、美味しかったのはもちろんのこと、目の前でココナッツを切ったり穴をあけたりしてくれるので、見ても楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です