ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


バリ島最高峰アグン山を眺めながら (2013年6月29日)

バリ島最高峰アグン山を眺めながら (2013年6月29日)

今日はロビナを出発して、海岸線を走りながらのツーリングです。バリ島最高峰のアグン山(3142m)が見れればいいな、と思います。

今日のうちにどこまで進もうと決めてはいませんが、どこか気に入った場所があればそこで泊まろうと思います。

今後の旅のコースはバリ島から、ロンボク島、スンバワ島へ渡ろうと思っています。

image_020_45_30出発前にロビナの海岸線を散策。犬の頭をなでてあげたらとても気持ちよさそうな顔になりました。手を放してもしばらくはこの顔が続いて、また真顔に戻ります。面白いので何度か繰り返してしまいました。

image_220_45_32バリ島最高峰のアグン山です。中腹は雲がかかっていますが、何とかてっぺんも見えています。見れて良かった!

今日はこの山を眺めながらぐるっと海岸沿いのツーリングです。

image_120_45_31なかなか、街道沿いにこれといった食堂がなくて困りました。ひとつ前のトゥランベンという町はリゾートで高そうなレストランしかなくて入れませんでした。少し進んだガソリンスタンドの前の食堂に入ります。ガラスケースに入っているおかずを少しずつ全種類ちょうだい、と頼んで出てきたのがこれ。ゆで卵、テンペ2種類、鳥肉の細切り、鳥のからあげ、揚げ豆腐、野菜カレーが付いています。田舎なのであまり期待していませんでしたが、どうしてどうして、味も洗練されていて美味しかったです。これは150000IDR(約150円)くらいするかもよ、と話していたら、会計時やはり15000IDRでした。昼食が当たりだと午後のツーリングにも気合が入るというものです。

image_420_45_34海沿いを離れると田園風景に変わります。風景はのどかそうに見えても意外と交通量の多いバリ島、よそ見運転は禁物です。

image_820_45_37王様の水の離宮・だそうです。観光地も一応見ておきます。入場料外国人は10000IDR(約100円)、インドネシア人は半額。

image_620_45_35どこか途中で良いところがあったら泊まろうと思っていたのに、結局、ロンボク島へのフェリーターミナルのある、パダンバイの町まで来てしまいました。ジャワ島では、ホテル探しに苦労したのに、バリ島では走っていると宿の客引きが声をかけてきてくれます。1泊だけのつもりなので、どこでも泊まれればいいやと、値段を聞いてみると朝食付きで150000IDR(約1500円)。朝食付きでWIFIが使えて70000IDR(約700円)くらいのところを探しているんだけど、というと、80000IDR(約800円)の部屋もあるから見に来ないかとのこと。見に行って不足はないのでそこのPARTA INNに決めました。

image_920_45_38夕方、海岸沿いを散歩していたら、小舟におまじないをしているところでした。安全を祈願してのことでしょう。

image_1120_45_40夕食は屋台の魚定食、カリカリに油で揚げてあって美味しいです。

image_1020_45_39

食べ終えて値段を聞くと2人で50000IDR(約500円)とのこと。紅茶はいままで2500IDRか3000IDRのどちらかです。5000刻みの値段設定のが基本の屋台飯なので、あきらかに魚定食の値段がおかしいと思い、自分たちで魚定食は20000IDRということにして、紅茶が2500IDR、合わせて45000IDR(約450円)ね、とお金を渡すとOKということです。いったい本当はいくらなんでしょう?こっちはOKな気分じゃないんだけどな。

タイやラオスではごはんの料金を高く言ってくることって、まず、なかったし、ジャワ島もなかった。バリ島はやはり、ちょっと気を付けなきゃいけないのかな、と思いました。

image_1220_45_40夕食後、海岸をぶらぶら歩いていると、サイコロ賭博に人だかりができていました。以外なのはお客の半分は子供だということです。掛けてるお金も10円単位。これも娯楽のひとつなのかもしれませんね。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • まっくす より:

    棚田、素晴らしいですよね~~~♪
    山古志村も少し似たような景色です。
    夕方の仕事を終えた農民が棚田の川で沐浴していて、バリの印象がとても深く残った記憶が有ります。

    外人観光客多い地域は、変なもの売りに来るしつこいあやしい人が居たり、どこいってもありますね。
    残念な気になりますが、美しく素敵な景色や優しい現地の方に癒され、いい思い出ばかりになるのが旅の醍醐味ですね。

    温泉レポート最高です!
    バイク旅の疲れインドネシア泉質でカバーして、楽しいレポート待ってますよ!

  • タカ より:

    ケンイチさん初めまして
    ぽこの友人でタカと言います。 宜しくです。

    私も少しだけオートバイに乗ったことあります。
    今は乗っていないのですけど、小型バイクの旅羨ましいです。
    軽さが気楽さなのではないでしょうか?

    それより私は二人の写真がとても好きです。
    写真から現地の匂いが伝わってくるのです。
    子供の賭博の写真も怪しげな灯りを入れなが人気の青い部分迄
    賭博な?感じが伝わって来ていますよ。

    撮った本人にしか解らない様なマニアックな写真もリクエストしてもいいですか? 笑

    時差も感じながらも毎日楽しみにしている雨の少ない梅雨の日本より。

  • ぽこけん より:

    まっくすさん、ありがとうございます。

    まったくその通りですね。残念な気分になったあと、親切な人に会って癒されるものですよね。

    バリの風景は確かに日本の山村の風景に通ずるところがありますね。田んぼの中に神様が祭ってあったりしますしね。

  • ぽこけん より:

    タカさん、ようこそぽこけんへ。

    バイクが小さいのは気楽でいいですね。現地の人が乗ってるのと同じなので目立たないのもいいし、スピードが出ないのも、景色をのんびり楽しめるし、ちょっとした風景を見逃しにくいのではないでしょうか。

    写真はあまり詳しくないですが、旅の途中で目にとまった風景や、面白いと思ったものをいろいろ撮って行きたいと思います。

    今後もよろしくお願いします。

  • メガラッキー より:

    屋台の御飯は一体おいくらなんでしょうね(^O^)。
    値段が書いてあれば良いのですが、慣れない土地では不安です。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、おみやげものの値段を吹っ掛けるのは世界共通ですが、食べ物や日用品まで吹っ掛ける地域はあまりないですね。それとも、昔のことは忘れてしまっただけなのかな?エジプトがひどかったのだけは確かに覚えてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です