ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


風葬の村トルニャン (2013年6月16日)

風葬の村トルニャン (2013年6月16日)

今日は、標高1500メートルのキンタマーニ高原へバイクで行ってみることにします。

image_018_38_27標高200メートルのウブドから、棚田を見ながらどんどん細い道を登っていきます。

バリ島は米が1年に3回取れるそうです。だからこんなに暮らしが豊かなのでしょうね。暮らしに余裕があるからこそ、芸能や芸術活動をここまで発展させてこれたんじゃないかなと思います。

image_418_38_32バトゥール湖畔にあるトルニャンの村までの道は細くてアップダウンもあり、対向車とすれ違うのが大変でした。

image_118_38_28バトゥール山とバトゥール湖です。キンタマーニ高原最奥の村、トルニャンに来ました。ガイドブックによると、「閉鎖的なこの村はヒンドゥー教を拒み続けたため、ヒンドゥー教入ってくる以前のバリ島の古い文化を残していて、その代表的な特徴が風葬です」、ということですが、観光客もたくさん来ていて閉鎖的なイメージはありませんでした。かつてはそうだったのかもしれません。

image_318_38_31樹木の枝から根っこが垂れ下がったように見える、バニヤンの木。この木がある場所で風葬が行われるそうです。

image_218_38_30バニヤンの根っこが伸びて行った先に、亡くなった人を横たえ、竹で三角形のテントのようなもので囲い風葬(風にさらしそのまま安置する)します。竹のテントは動物や鳥を避けるためということです。テント前の竹かごには、食べ物、飲み物などお供え物が入っていました。

風葬を見せることが観光ツアーになってしまっているのが現状のようでした。

image_718_38_37湖を半周して温泉もあるトヤ・ブンカ村へ移動し、昼食です。カブに屋台を積んだバッソ屋さんです。

image_618_38_35私たちはインドネシア語がまだあまり話せないし、おじさんは英語まったくだめ。うしろのおばちゃんが親切に通訳してくれたのでスムーズに注文できました。

image_518_38_34おじさん、これでもかっ!とたくさん具をサービスしてくれます。これで5000IDR(約50円)。観光バリバリの場所なので、安いごはんあるかなと心配していたのに、おじさんのカブ屋台に出会えてよかったです。

村営温泉へ行ってみると、なんと外国人は12ドル!高すぎです。それでもたくさん観光客が入っていきます。みなさん、お金持ってますね~、いくらなんでも温泉1200円はないでしょう。しかも村営なのに。5年前のガイドブックによると5ドルのはずが今12ドル。払う方も払う方だし、請求する方も請求する方です。あまりにたくさんの観光客が来て大金を落としていくので、お金の感覚がおかしくなってしまったのでしょうね。

がっくり肩を落とす我々に50000IDR(約500円)で入れるところがあると教えてくれた人がいるので行ってみました。

image_1018_38_41村営温泉からも近い「B’MAS」という温泉施設。温泉は単純泉っぽかったです。源泉かけ流し。湯の花も浮いていました。お湯の温度は40くらいとちょっと温めでした。ここはのんびりできて良い温泉でした。外国人なので50000IDR(ウェルカムドリンク付き)でしたが、地元の人はもっと安い値段で利用しているようです。

image_1118_38_42夜は竹製のガムラン、「ジェゴグ」という楽器のショーを見に行きました。青銅のガムランもいいですが、竹のジェゴグもまた味わいがあって良かったです。特に、太い竹の重低音の響きが素晴らしかったです。もともとは、バリ島西部で発展した楽器ということです。これから、ツーリングで西へ行ったときにはまた聞いてみたいと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です