ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ウドンタニのラーメン屋台 (2013年3月20日)

ウドンタニのラーメン屋台 (2013年3月20日)

007_11_04タイの東北部、ウドンタニの町に日本のラーメン屋台が出ていてタイ人に大人気。日本人も絶賛する美味しさ、とのことで、行って来ました。

 

ウドンタニ ラーメン場所はウドンタニの駅前の道を正面に200メートルくらい進んだ右側。赤ちょうちんが出ているのですぐわかります。営業時間は夕方からのみ。

 

107_11_06ほんとに日本そっくりのラーメン屋台。店主のラーさん、メンさん夫婦は日本に6年住み、ラーメン屋その他飲食店で働いた経験があるという。日本語も通じます。

 

507_11_11メニューは2種類のみ。とんこつラーメン69バーツ(210円)。しょう油ラーメン59バーツ(180円)。タイのラーメンの約2倍の値段。でも、メンの量もタイのより多いし、チャーシューもたくさん入っているのでそれほど割高感はない。

 

307_11_08

これがとんこつラーメン。日本のよくあるコッテリ系ではなく、スープを飲み干せるような味わい。チャーシューも本格的で美味い。この味なら日本で出しても繁盛するんじゃないかな。私たちはとんこつの方が好みでした。

 

407_11_10こちらはしょう油ラーメン。全体的なバランスもよく美味しい。が、ちょっと残念なのは、しょう油スープ。日本には無い独特の妙な甘い香りがするのがちょっと気になる。日本のしょう油ではなく、中華しょう油をベースにスープを作っているのが原因かなと推測します。それでも十分美味しいですが。

タイの観光客もあまり来ないようなウドンタニに日本の本格的なラーメン屋台があることにビックリしました。ひっきりなしにタイ人のお客さんが来ていたので、そのうち、チェーン屋台が出たりお店もオープンするかもしれないですね。

 

107_12_39ちなみに、タイのラーメンてどんなの?っていう人のために紹介しておきます。朝から営業しているタイのラーメン屋台。白色の米のメンが主流ですが、黄色の小麦のメンを注文すると日本のラーメンのイメージに近くなります。

 

007_12_38スープはナンプラー(魚醤)ベース。これに、トウガラシ、砂糖、酢などを足して自分好みの味にするのがタイ風。具は豚や鳥、つみれ、空心菜やパクチー(香菜)など。さらに、お好みで生のモヤシ、レタス、ハーブを加えます。これで35バーツ(100円)。日本のラーメンに比べると椀も小ぶりで量も少なめです。日本のラーメンに負けず劣らず美味しいですよ。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    私はやっぱり日本の食べ物が安心します。口がそうなっているのでしょう。歳をとるごとにそうなりますね。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、やっぱり、日本食は最高ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です