ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カンボジアからラオスへ国境越え (2013年3月11日)

カンボジアからラオスへ国境越え (2013年3月11日)

018_49_563.11から今日で2年です。ラトナキリの宿チャイバンゲストハウスを出発し、カンボジアとラオスの国境へ向かいます。今回の東南アジアツーリングは国境で何度も追い返されているので、今回もどうなるか不安です。

 

618_50_04出発してすぐに黒カブがパンク。近くの修理屋さんで直してもらう。修理代2000リエル(50円)。

 

218_49_59カンボジア側の国境。後ろに見える立派な建物は現在建設中でまだ機能していません。ここに居た人にイミグレはどこかと聞くと、200メートル先の掘っ立て小屋へ行くよう教えてくれた。出国スタンプを押してもらい何故かひとり2ドル払わされ、審査終了。バイクに関して何の質問も無し。カンボジアにさようなら、また来るよー。

 

カンボジア3今回走ったカンボジアツーリングのルート。走行距離は2200キロでした。

 

318_50_00

カンボジアの出国スタンプをもらって、バイクで100メートルくらい進むと、ラオス側のイミグレがありました。ここで、アライバルカードをもらい、必要事項を記入して提出すると、何故か、ここでもひとり2ドルを支払わされ、15日間有効の入国スタンプをもらい入国審査終了。

 

718_50_05ラオスの入国スタンプをもらって、バンザーイ!あれっ、税関はないの?

 

818_50_07と思って1キロほど走ると、止まれの合図。横を見ると税関の建物。ガッガーン!また、追い返されるのか?ここで手続きするよう係官に指示される。税関へ進むとどこの国のナンバーのバイクか聞かれる「タイです」と私たち。「カンボジア出国のバイクの書類ある?」と聞かれ「何ももらいませんでした。タイ出国時のバイクの書類ならあります」と私たち。

あー、いやな雰囲気になってきたぞと思ったのですが、「じゃぁ、タイ出国時のバイクの書類見せて、今、ラオス入国のバイクの書類作るから」だって。。。見せます見せます、いくらでも見せちゃいますよ!

それでもって、「Customs Declaration for Temporary Imported Passenger Vehicle 」というラオスへの正式な車両の一時輸入許可証を作ってもらいました。1台につき10ドル払わされました。

イミグレの2ドルも税関の10ドルも、怪しい匂いはしますが、もし、彼らの機嫌をそこね、追い返されて1000キロ以上も戻らないといけないことを考えると、したがう他無いでしょう、ここは。

 

418_50_02

何はともあれ、無事に自分達のバイクでラオス入国です。

まず、はじめに訪れたのは、コーンパペンの滝。ここ3か月、あちらこちらでメコン川に遭遇していますが、こんなに荒々しいメコンは無かったですね。舟が主な交通手段だった昔、クメール族とラオ族の文化が交わりにくかった理由が明らかです。

 

518_50_03

最初の予定では今回のツーリングは3月10日までの予定でしたが、3月25日までに延長しました。

東南アジアは魅力的な国が多く、思った以上に旅行に時間が掛かかることがわかりました。マレーシアは次回。今回の東南アジアツーリングはこのままラオスを北上し、チェンダオをゴールとします。

 

●出入国データ

<カンボジア側>

立派な国境事務所を建設中だが、2013年3月現在機能していない。200メートル程先左側の小さな小屋がイミグレーションオフィス。ここまでバイクで来て出国スタンプを押してもらう。ひとり2ドル請求される。何のお金か不明。バイクについて特に何の手続きもなし。

 

<ラオス側>

カンボジアを出国すると100メートルくらい先の右側、電車を改造した青い建物がラオス側のイミグレーション。(さらに300メートルほど先に立派な国境事務所が出来ているが、こちらは寄る必要なし)入国手続きにひとり2ドル請求される。15日滞在有効のスタンプをもらって審査終了。

1キロほど進むと、右側に白い建物、税関がある。カンボジア出国時のバイクの書類を要求されるが、作ってもらってないので、タイ出国時のバイクの書類と、タイでのバイクの登録証を提出。1か月有効のラオスへの車両一時輸入許可証を作ってくれる。1台につき10ドル。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • よしよし より:

    じゃぁケーキバイキングはちょっと無理かしらん?
    また来年のお楽しみにかなぁ?

  • メガラッキー より:

    でも何とかなって安心。ここの川は海の様に荒れてますね。

  • ぽこけん より:

    よしよしさん、ケーキバイキングじゃなくて居酒屋にしましょう!

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、念願のバイクでラオス入国ができました!
    チベット高原からベトナムの南シナ海へ抜けるまで、メコン川がこんな姿を見せるのはここだけだそうです。

  • すなお より:

    どもです。
    去年の5月の時は出国で1ドル、入国1ドル、税関2ドルでした。
    出入国の1ドルはごねたら不要。
    税関はもめたらいやなので素直に払いましたがw
    完全にポッケナイナイですよね。

  • ぽこけん より:

    すなおさん、ベトナムでバイクを買ってカンボジア、ラオスとツーリングしたお話をしていただいた神戸の方ですよね。覚えています。袖の下の値段も上がっているのか、または、私たちが中高年なのでお金をたくさん持っているように見られてしまったか、でしょうか?今回は特に出入国で5度失敗した後の悲願の国境越えだったので、値切ったり、ごねたりの余裕がありませんでした。

  • KEITA より:

    はじめまして。
    国境越えの件でお聞きしたいことがあり連絡させていただきました。

    自分は、ベトナム→カンボジアへバイクで抜けたいと考えています。
    もしよろしければ、知ってるかぎりで教えていただけると幸いです。

    返信お待ちしています。
    よろしくお願いします。

  • ぽこけん より:

    KEITAさん、はじめまして。

    ベトナム→カンボジアのバイクで国境越えとのことですね。私はベトナムへ行ったことさえありませんが、上記のすなおさんの他やられている方はいると思います。

    ワールドツーリングネットワークジャパン(WTNJ)
    http://www.wtn-j.com/

    の海外情報掲示板などへ質問すると誰か経験者が答えてくれるかもしれませんね。

    英語版サイトでしたら、ホライゾンアンリミテッドhttp://www.horizonsunlimited.com/
    というサイトもあります。

    私の知る限り、人づてに聞いたところによると、ベトナムへバイクを持ち込むのは難しいが、あちらで買って出国するのは可能らしいということ、カンボジアへの入国に関しては、本来はプノンペンで許可を取ってから入国するのが正攻法だが、実際国境では許可証がなくても入国させてしまっているのが現状、保険は入れない、ということくらいでしょうか。

    お力になれなくてすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です