ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


プノンペン脱出、アンコールワットを目指せ! (2013年3月2日)

プノンペン脱出、アンコールワットを目指せ! (2013年3月2日)

019_31_50バイクの海を泳いでプノンペンを脱出。

 

019_29_26トンレサップ河に架かる日本カンボジア友好橋を渡って、320キロ先、アンコールワット拠点のシェムリアップへ向かいます。

 

019_21_09国道6号線沿いに、自動車教習所?

両隣の商店と変わらぬ店構えだが、看板に道路標識などが書いてあって、やっぱり教習所っぽい。

 

119_21_11興味を持ってのぞいてみると、教官のお姉さんにおいでおいでされました。やはり、カーライセンスのスクールとのこと、ここで道路交通法について勉強して、試験にパスするとカンボジアの免許証がもらえるとのことです。

カンボジアのドライバーは運転が非常に荒くて、僕たち困っていますと教官に訴えると、ハハハと笑いながら、ホント、そうですね、だって。。。共感してる場合じゃないでしょう、教官!

 

219_21_12国道6号線とチクレン川が交わる地点には橋が架かっている。意識せずに走っていると新しい橋を通過してしまうが、旧道のう回路を通ると、スピアン・ブラップトゥフという古代橋がある。欄干の4隅には蛇の神様ナーガの石の彫刻が残っている。橋の手すりも蛇模様。今は橋の保護のため、バイクと自転車、徒歩でしか渡れない。

 

319_21_14こんなにも手の込んだ古代の石橋が残っていて、見学料を取るわけでもなく、通行料を取るでもなく、バイクで渡れるなんてすごい。アンコールワットへ続く重要なルートだったんだろうな。

 

419_21_16

そして、プノンペンから320キロ。アンコールワットに到着しました(写真は朝のアンコールワット)。

私たち、別に遺跡ファンではないんですが、アンコールワットには、何だかすごく引き付ける特別な雰囲気がありますね。

明日からじっくり遺跡めぐりしてみます。
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です