ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


天上の楽園?ポンサーリーへ進め! (2013年2月2日)

天上の楽園?ポンサーリーへ進め! (2013年2月2日)

019_05_47山のてっぺんに町があるというポンサーリーへ向けてウドムサイを北上。かなり民族色が濃くなってきました。何族の人たちでしょうか?箒の材料となる草の実を落とし、乾燥させたものを出荷している様子。

 

119_05_48川の対岸の集落の人たちが、道路の通っているこちら側まで、竹の筏に箒の材料を乗せて何度も往復していました。

 

219_05_50赤土のダートが続きます。

 

219_21_12ガソリンスタンドは売り切れだったので、こちらの商店で給油します。スタンドよりちょっと高めでした。

 

319_05_51小さな村をいくつも越えていきます。カラフルな民族衣装の女性もたくさんいました。

 

419_21_15途中のボウンタイ村の市場で会った女性に写真を撮らせてもらいました。なかなかの美人。

 

619_21_17ポンサーリーに到着の5分前に大雨に降られました。赤土のダート道で降られなくて良かった。ウドムサイから265キロのところ、道を間違え50キロのロス。315キロも走ってしまいました。町の入り口にあった看板。やけに社会主義的な絵ですね。

419_05_52ポンサーリーはラオスから来るより中国からの方がアクセスしやすい位置にあって、町は中国の影響を強く受けています。ここが1泊目に泊まった宿「ポンサーリー大酒店」。標高1400メートルの山のてっぺんで寒いです。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    写真の様なお店でガソリンが売っているのですね!よくみつけましたね。それと、宿の名前に「大酒店」って。。。中国の「飯店」みたいなもの?

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、ちょうど給油している人がいたのですぐに見つかりました。大酒店は本当は飯店より上のランクのホテルなのですが、ここは、ロビーで家族が食事していたりと値段が高いわりに雰囲気は庶民的でした。愛想もサービスも良くないので、翌日ラオス人経営のゲストハウスに移りました。でもさすが中国人、1階のレストランのご飯は美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です