ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ラオスの温泉、ナムケン温泉露天風呂に入浴 (2013年1月29日)

ラオスの温泉、ナムケン温泉露天風呂に入浴 (2013年1月29日)

014_30_34バンビエンを出発。国道13号線を北上します。

614_30_43ラオスの道は牛に注意です。昨日、牛が車にひかれてしまっている現場を見てしまったので、十分減速して通過します。

214_30_37

 切ったった岩の景色が続きます。

 

314_30_38今日目指すのはカーシー市の北のナムケン地区にある、ナムケン温泉です。ラオスの温泉は初めて、どんな温泉か楽しみです。

場所は、バンビエンから国道13号線を北へ87キロ行った左側。国道から見えます。隣に宿泊できるバンガローがあり、道路を挟んで向かいにはレストランもあります。カーシーからだと、北へ23キロ地点、ポウコウンからだと南へ27キロ地点にありました。

 

714_30_44

これが、ナムケン温泉です。国道のすぐ脇に25メートルプールくらいの露天風呂がありました。無料で入れるようです。

 

015_14_23

40度くらいの源泉が滝になって露天風呂に流れ込んでいます。無色透明、無味無臭です。

 

414_30_40

着替える所がないので、女性は大き目の布を1枚持って行くと便利かと思います。

 

814_30_45

こんなに広いのに貸切状態。ぬるめなので30分くらいゆっくりと入浴しました。

 

914_30_47昼食は温泉の向かいのレストランでヌードルスープを注文。タイでは見たことのない、うどんとそっくりの米の麺が出てきました。美味しいです。これがラオスの「フー」というやつかな?15000キープ(180円)とタイに比べて高いですが、量が2倍くらい入っているのと、野菜を皿にたっぷりと盛って出してくれるのが嬉しいです。

 

514_30_41午後は走りに走って、古都ルアンパバーンへ到着。今日1日で295キロも走ってしまいました。ちょっと走りすぎですね。

 

1014_30_48

ルアンパバーンのナイトマーケットは8年前に比べ規模が拡大していました。好きなおかずをお皿に盛り放題で1皿10000キープ(120円)の屋台が大繁盛していました。安いの大好きの私たちもここでいただきました。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • hide より:

    山岳風景と温泉がいいですね~♪

  • メガラッキー より:

    牛に注意、っていうか、牛とバイクでは、牛の勝ちですよ。農産物はとても良さそうですね。日本では野菜も高いですから良い事です。
    こんなに走ると燃費の良いバイクでもガソリンスタンドの心配もありますね。バイクの調子も良さそうですね。

  • おくさん より:

    ラオスの風景と、バイクはよく合いますね~♪

  • ぽこけん より:

    hideさん、ラオスは山国なので景色の変化に富んでいます。ツーリングには最高ですよ。他にもいくつか温泉があるみたいなので行ってみたいと思っています。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、ラオスも麺類がポピュラーでとても美味しいので助かります。ガソリンは今のところどこでも手に入るので苦労していませんが、いざというときに備えて1リッター分の予備を携帯できるようコカコーラのペットボトルを準備しています。

  • ぽこけん より:

    おくさん、東南アジアの風景とカブはマッチしますね。まれに、BMWなどで旅しているヨーロッパ人も見かけますが、東南アジアの道路事情からいって、110㏄でも1100㏄でも快適さはそんなに変わらない気がするし、地元の人が乗っているのと同じバイクで旅する方が威圧感を与えず、その国の人達と親しくなれる機会も多いと思っています。

  • アフロずらの人 より:

    2005年にインドシナを放浪したときは、ぽこけんさんの何倍ものんびり外こもりの旅でした。

    しかし、バハでツーリングしたときは、気がつけばラオスビザが切れる、こりゃいかん!ということで、帰りはナムターからバンビエンまで1日620km走ったことがあります

    いまは発展して旅行者も多いけど、昔は声援もすごくて、bajaに乗っていると、まるでパリダカの気分でしたね。

  • ぽこけん より:

    アフロずらの人さん、ラオスも日々変わっているようですね。しかし、あのロードコンデションで620キロとはすごいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です