ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ミャンマー第2の都市マンダレー (2013年1月17日~20日)

ミャンマー第2の都市マンダレー (2013年1月17日~20日)

609_38_35バガンからミャンマー第2の都市マンダレーへバスで向かう途中のドライブイン。メニューもない素朴な食堂でチキンカレーを頼むと、10種類以上もの副ゃらスープが付いてきました。ミャンマー式の食事はこのように副菜が並ぶと聞ていましたが、実際に出会ったのはこれが初めて。今まで、観光地や都会でミャンマーカレーを頼んでも、副菜をこれ程だしてくれる店には当たりませんでした。これで1500チャット(150円)と料金も安く大満足。

 

709_38_36ヤンゴン以来の大都会。交通量が多い割に信号も少なく、無秩序に車やバイクが走り回っています。イケメンの警官が交通整理していました。

209_38_29街全体を眺められる丘、マンダレーヒルへ登ってみました。丘全体がお寺になっていて、参道が頂上まで続いていました。頂上付近にいた猫です。

309_38_30マンダレーヒルを下りて、アマラプラという町のお寺でラム酒を持った陽気な神様発見。

 

409_38_32アマラプラには湖があり、木製の長いウー・ベイン橋というのが架かっています。ここの夕暮れの景色を見にミャンマー人も含め観光客がたくさん来ていました。

 

509_38_33ウー・ベイン橋を渡るお坊さん。夕暮れは素晴らしかったのですが、このあと真っ暗になってからマンダレーの街まで戻るのが一苦労でした。どの乗合トラックがマンダレーの私たちのホテルの近くまで行くのか分からず、薬局の英語の話せる人に、トラックを止めてもらい、何とか帰ってきました。

 

109_38_27翌日はイラワジ川を船で渡って対岸のミングォンへ行きました。

 

009_38_25

 

1009_38_42

ミングォンのお寺には大きな鐘がありました。

809_38_39

 

909_38_40ミングォンの犬たち、とてもかわいがられていましたよ。

マンダレーから飛行機でタイのバンコク経由でチェンマイまで飛び、バイクを置かせていただいているチェンダオナマズさん宅へ戻りました。再びツーリングを再開し、今度は国境を越えラオスへ向かいます。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    しかし、よく英語の話せる人が居たことですね。かんがえたらとても怖いです。
    ドライブインのチキンカレー、これ、全部平らげないといけないのですか???

  • ぽこけん より:

    ミャンマーはイギリスの植民地だったことから英語の話せる人は多いですよ。それに、薬局の人はどこの国でも高い教育を受けているので、薬を買う以外にも、道に迷ったときなども聞くと間違いなく正しい英語で教えてくれるんです。これも旅の知恵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です