ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


バガンの夕日はすばらしかった (2013年1月14~17日)

バガンの夕日はすばらしかった (2013年1月14~17日)

517_50_51かつて都だったバガンへやってきました。多くの古い遺跡や寺院が残っていることで有名ですが、中には現役の寺院もあります。ここにもダルマがいました。

617_50_53みやげ物のポストカード売りの少女。ミャンマーの人は明るく親切でしつこくないので買ってあげたくなります。残念ながら今の時代、ポストカードは外国人観光客にはあまり受けていないようでした。

117_50_45高台から見たバガンの夕日。小さなとんがり屋根がパヤー(寺院)の遺跡です。それらが360度無数に広がっています。この風景は何百年前と変わらないのでしょうね。

1017_50_59

 

717_50_55

バガン観光起点の町ニャンウーに戻って、セブンイレブンという名の雑貨店で「オキ」という洗剤を買いました。ジャパニーズテクノロジーの洗剤と書いてありました。

217_50_47翌日は数人でタクシーをシェアしてポッパ山というところへ出かけました。タクシーと聞かされていましたが、実際はトラックの荷台にのせられましたが。地面からニョキニョキと山が盛り上がったのが見えてきました。これがポッパ山です。ナッ信仰(土着の精霊のようなもの?)の聖地だそうです。

 

317_50_48このにらみを利かせた何々組の組長みたいな人の像がたくさんあってみな拝んでいました。実際酒を飲んだりタバコを吸っている姿の像もあり、ちょっと不良っぽい神様のようです。このおじさん神様の名前はボーミーガウンというそうです。あと、何度もでてきているダルマもたくさんありました。ダルマはピッタイントンというそうです。

417_50_49ポッパ山の参道にいた猫。カメラを向けると不思議そうにレンズをのぞいていました。

 

017_50_43滞在しているニャンウーの町からイラワジ川へ降りたところで見た夕日。今日の夕日もなかなかきれい。

 

917_50_57夕日を見た後、喉が渇いたのでビール問屋に入り隅のテーブルで飲ませてもらいました。旦那さんの作業着の胸にはなぜか「石井」の文字が、そのほか、ここで働く従業員には「八木」さんも。日本の作業着の中古がこんなところで活躍しているのですね。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    色んな所でリサイクルされているのですね。私は娘の古い靴をいくつもフィリピンに贈りました。
    写真のピンクの洗剤はカタカナでもオキと書いてありますね(^^)。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、そうなんですね、車だけでなく衣類も使われているんですね。ジャパニーズテクノロジーの洗剤「オキ」覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です