ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


インレー湖で足で舵をとる漁師 (2013年1月12日~14日)

インレー湖で足で舵をとる漁師 (2013年1月12日~14日)

021_24_28バゴーから夜行バスでインレー湖へ来ました。バスが朝4時というとんでもない時間に到着、しかもターミナルなどなく路上に下ろされますが、ツーリスト目当てのタクシーが待ち構えているので、他の旅行者とシェアしてホテルの集まるニャンウーの町へ向かいました。写真は女の子のお坊さん。ミャンマーは尼僧さんが多いです。

 

221_24_31インレー湖には、足で舵を取りながら漁をする人たちがいます。

 

121_24_30宿で自転車を借りて、インレー湖畔をサイクリング。10キロほど先にある、カウンダイン温泉へ行ってきました。入浴料、外国人は8ドルと高くプールみたいですが、せっかくなので入ってみることに。無色無臭の温泉ですが、一応かけ流しでした。

007_32_25周辺ではまだまだ牛車が大活躍。

 

321_24_32ニャンウーのお寺でこんなものを発見。血だらけで目をむいてひっくり返った人が、カラスにつつかれているおぞましい姿。悪いことをすると地獄へ落ちるということをあらわしているのでしょうか。

 

107_32_26

 

207_32_27夜は伝統芸能の人形劇を見に行きました。なかなか見ごたえがありました。

 

 

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    外国の中にはタクシー強盗も多いと聞きます。私には怖くて怖くて。。。(>_<)
    温泉は何だかリゾート地みたいでいいですねぇ(*゚▽゚*)

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、民主化を取材中に軍に発砲されてしまった事件はありましたが、ミャンマーは基本的に普通の市民は大変親切で治安は良い方なのでまずないでしょう。それどころか、朝早くてホテルがどこも一杯で入れなかったので、ドライバーの家で休ませてもらうことができありがたかったです。温泉はプールみたいでしたが、ミャンマーで入れるのは貴重だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です