ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


天元台スキー場 2020年12月5日

天元台スキー場 2020年12月5日

今季の初滑りは12月5日の天元台となりました。
四季の中ではダントツ冬が好き!という全国の山スキーバカの皆さま、あけましておめでとうございます。今季もどうぞよろしくお願いします。いや~ワクワクしますねぇ。単に、2本の板に乗っかって雪の上を滑るだけなんですが、悩みも何も吹っ飛んでしまうくらい気持ち良い。

原点は駄菓子屋で売っていた、長靴に2バックルくらいで括り付ける30センチくらいのミニスキーです。今はあまり見かけませんが。危険すぎて発売中止にでもなったのでしょうか?
あれでアスファルトの上に積もった雪だろうが、木々の込んだ山道だろうが、どこでも滑ったものです。

なまじ、スケートが盛んな土地で育ったため、氷とスケートはコントロール下に置いていましたが、おもちゃのミニスキーは、スピードも行きたい方向もコントロールが難しく、乗りこなせないじゃじゃ馬的な魅力に満ち満ちていました。

スケートは決まりきった枠内をグルグル回るための道具ですが、スキーというものはスキー場というものは一応あるものの、どんどんコースからはみ出して、山を越え谷を越え、どこまでも自分の足で自由に旅をできる道具なのだという感覚を、小学生の時の遊びの中のミニスキーで獲得したんだと思います。まさにスキーの原点ですよね。

自転車とか、バイクとか、車とか、カヌーと同列にスキーがあるんだと思います。
酒を飲みながら書いてるんでツイツイ熱く語ってしまいました。

今年は雪が多く寒そう、という噂が流れてますが、出足は鈍く、豪雪地の月山あたりでもまだまだ、去年より少ないというレポを見ています。本番はこれからなのか・・・頼みますよ!

天元台もオープンしたとは言いましても、一番下のリフトを動かしてるのみで、とても、バックカントリーのツアーへ行こうというほどの雪は積もってません。

古いK2 の板で滑って正解でした。所々雪が少なすぎて滑走面に傷が付いてしまいました。2年前に買ったG3の板だったらショック~となっていました。
毎年、雪不足の時期に頑張ってくれ!K2のBack Up!
圧雪車が入れないほどの雪不足。なので、ゲレンデは降ったまんまのパウダースノー。板に傷がどんだけ傷ついてもOKなので、初滑りからパウダーなの?これでいいの?これでいいのだ?っと最初の数本はウハウハで滑っていましたが、そのうち、雪面が荒れてくると、テレマークではちょっと難しい感じになってきて、ボーダーとか、ゲレンデスキーヤーが難なく滑れる斜面も、自分的にはタジタジになってきて、気持ちがブルーになる前に終了!

結局6本くらい滑ったのかな。もう、お腹いっぱいです。そう、私は登りが好きなのであって、滑りはほんのついでなのだと自分に言い聞かせつつ、荒れたゲレンデにおさらばしたのです。

私は天元台サポートクラブのメンバーなので、メンバー向けの食事券でカレーを無料喰いして退散することにしました。コロナ禍のため、リスク軽減のため、温泉も入らず帰宅することにしました。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください