ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


口太山 2019年11月19日

口太山 2019年11月19日

11月は低山ハイクが向いている、と思います。天候が多少荒れても標高が低いので安全に楽しめるし、標高が低いので、まだ紅葉が楽しめるし、何より落ち葉をカサカサと踏みしめて歩くことそのものが喜びだったりする。今日は川俣町の口太山です。

低山ハイクもやっぱり旅的な要素が多いので、できれば初めての山と出会いたいと思っています。参考にしているのが、うつくしま100名山。あの、田部井順子さんも選定委員になって、福島県の100名山が決まりました。地味な山も多いですが紅葉から山スキーシーズンの隙間を埋めるニッチな旅の指針となってます。

おお、登山口はキャンプ場になっているのか!いいですね。いつも空いてそうでいいかも。

晩秋の枯葉を踏みしめる幸せ・・・

標高を上げていくと展望も開けてきました。しかし、昨日の大戸岳も誰とも会いませんでしたが、今日も誰も居ません。秋の野山を歩くのは最高に気持ち良いし、お金もかからないし、健康にも良いしと良い事尽くしのような気がしますが・・・

と言いながらも誰も居ない静けさがなければ魅力は半減してしまうでしょう。これで良いんですね、やっぱり・・・

単調な山道ですが、所々楽しく命名されたポイントもあり・・・

すっかり落葉しているものの、時折目を引くモミジがあったりして・・・

そうこうしているうちに、山頂も間近になってきました。山道には枯葉がたっぷりと溜まっていて歩くのが楽しいです。

口太山の山頂(843M)に到着。

下山は行きと別ルートで下ることにします。

今日のGPSトラック。県北の阿武隈高原の秋を満喫できました。

下山後の昼食は福島市の伊達屋にて。塩ワンタンメンの大盛りです。美味しく頂きました。

福島市の山道具屋teku-tekuでぽこゆうこの山スキー板を受け取りました。膝の負担が大きいので、今シーズンからテレマークから山スキーに転向というか、元の姿に戻ります。けんいちはまだまだテレマーカー続けますけどね。

出費は22万5千円。収入は微々たるものなのに・・・と思うのですが、最近、節約に対する考えが変わりました。カメラのレンズにしても、広角レンズが10年くらい前から欲しくて我慢していたんです。50歳を越えて、5万円足らずのレンズを買うのをいつまで我慢するのかと・・・我慢している間に死んでしまうかもしれないならば、買うのは今でしょうと・・・買ってみたら、もっと早く買っていたら良かったと思った次第です。そういうことで、必要なものは高価であってもどんどん買うことにしました。

岳温泉にて汗を流して帰宅。

若いころは、旅がしたいけど時間と資金の確保に苦労して、ましてや周囲の理解も当然得られず、こんな生き方で良いのかな?とか、いや、やるしかない!とか揺らいでいた気がします。

歳を重ねることで全て吹っ切れてしまったのでしょうか。時間、お金、やりたい事、しがらみなど、自分が何をなすべきか、何はしなくても良いのかが全てクリアーに見えます。

今は、仕事もプライベートも毎日が楽しい日々です。一日一日、一瞬一瞬をとても大事に思います。やりたいことをこれからもやれるような気がしますし、周りの人にも、「人生一度きり、お互い楽しみましょう!」というメッセージを送りながら生きていきたいと思います。

«

コメント

  • カラやん より:

    初めまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。
    若いうちは時間はあるけど金がない、年を重ねると金はあるけど先がないで共感します。私も20代で海外ツーリングを楽しんでいたので、「こんなことやっていていいのかな?」と揺らいでいましたが、今となるとこのような思いも大切なことのなのかなと思います。現在はマイペースに「人生一度きり、やってやれないことわない」で楽しんでおります。これからもブログ楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください