ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ブータンの旅 その5

ブータンの旅 その5

2019年6月5日

おはようございます。ブータン3日目の朝です。昨日は首都ティンプーのホテルに泊まりました。写真の建物が泊まったホテルです。街中にあるので周辺の散策にも便利、まだ朝食まで時間があるので、早朝のティンプーを散歩してみることにしましょう。

ティンプーの町並み、ホンコンマーケット付近です。まだ早いので人はまばらですが、犬はいっぱいいました。

ティンプーの目抜き通りにも犬がいっぱいです。

何と、ユニクロの看板!後で、ガイドのソナムさんに聞くと、もちろんユニクロの支店ではないし、かといって偽物を売っているわけでもなく、商店主がバンコクへ買い付けに行ったり、個人的に輸入して売っているんだとか。ユニクロはブータンでも人気があり高くても売れるんだそうです。

ブータン人の家は農家でも大変立派なのに、何度も掘っ立て小屋に住んでいる人々を見ました。首都ティンプーにもそんな一角がありました。土木や建設業の出稼ぎインド人が住む一角です。汚れたり、危険な体力任せの仕事はブータン人はやらずに、インド人がやっているようにみえました。
ブータンの一番の援助国はインドだし、ブータン一の産業である水力発電の電気を買ってくれるのもインド、軍事的にもインドに守られていて、一番多い観光客もインド人。でも、ブータン人より安い給料でブータン人の嫌がる危険な仕事に従事するのもインド人。なんだか、ブータンのねじれた構造の一角が見えた気がしました。

写真の子供たちは綺麗な制服を着て通学するブータン人、後ろの掘っ立て小屋にインド人労働者が住んでいます。一般ブータン人にはとても住めないような低レベルな暮らしをするインド人もたくさん居るし、ブータン人にはとても払えないような大金を叩いてブータンで豪遊するインド人も沢山居ます。

ブータン人から見るインド人像はどうなっているんでしょうか。私の滞在日数はあまりに短くそのあたりをとことん聞くことはできませんでしたが、歓迎しているという話は聞くことができませんでした。

ホテルの朝食。ビュフェ式ですが、インド人や西洋人向けなので、米や煮物などのブータン料理は出てきません。しかたなく、チャパティーやオムレツなどを取りました。

今日最初の訪問地はティンプー市内の高台にある、デチェン・フォダン僧院。8年間仏教について住み込みで学ぶ学校だそうです。ブータンには一般的な学校の他に、お坊さんになるための学校があり、どちらへ行っても良いそうです。ちょうど、寺院で使われる長いラッパのようなラグドゥンの練習をしているところでした。

本堂で聞く、上手なお坊さんの奏でるラグドゥンと違って音も小さくとぎれとぎれ。かなり肺活量も必要なのでしょう。

みなさん、真剣に練習しています。

お寺には犬もたくさん居て、可愛がられているようです。近づいても完全にリラックスしています。初対面の私が揺り動かしても起きません。

毎日聞くラグドゥンの音色が子守唄なのかもしれません。

僧院を歩き回る犬。

ラグドゥンの練習をする前段階は竹の笛で練習するそうです。

さらに、その前段階はペットボトルに水をためて、息継ぎせずにストローを長い時間吹く練習をするんだとか。ラグドゥンをちゃんと奏でられるようになるには長い道のりがあるんですね。

デチェン・フォダン僧院を出て、ティンプー市内を見下ろすチョルテン(仏塔)におばあさんがいたので、挨拶して写真を撮らせてもらいました。

ティンプー市内のチャンガンカ・ラカンへ向かいました。

お寺で井戸端会議中のおばさんたち。

お参りに来ていた地元の方と記念撮影。

マニ車を回しながら時計回りに回ってお参りします。

国獣ターキン放牧場、動物園ではなくあくまで放牧場、望遠カメラで遠くに居るのが確認できる程度でした。

ドゥプトプ尼僧院。イベントがあったようでお参りするひとでいっぱいでした。マニ車を回し続けるおじさんが良い味だしてます。

ドゥプトプ尼僧院付近からの眺め。手前では棚田で田植えをしていました。

タシチョ・ゾンも眼下に見えました。

昼食は市内へもどって、ガイドのソナムさんおススメのブータン料理店へ。そしたら何と、ティンプー在住のひろこさんに昨晩連れて行ってもらったゾンバラレストランではありませんか。同じ店ってどんだけ有名店なんでしょうか。

昨日ドライデーでビールが飲めなかったので、今日は飲みます。そして、昨日は山椒を入れ過ぎて舌がしびれてしまい味がわからなかったので今日はかなり控えめに。さらに、トゥクパではなくきし麺のように麺が太いバサップにしてみました。もちろん、モモも食べました。美味しくて、ビールも飲めて満足でした。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください