ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


鳥海山 2019年4月28日

鳥海山 2019年4月28日

昨日の夕方、雪の降る中、祓川駐車場へ来ました。車のタイヤは毎年ゴールデンウイークまではスタッドレスにしています。ノーマルタイヤではとても運転できる状態ではありませんでした。祓川駐車場で車中泊しました。昨日は車も10台ほどしか停まっていませんでしたが、朝5時に起きてみると、駐車場はすでに満車。そして、快晴の天気!青い空と真っ白な鳥海山のまぶしい事!トイレも渋滞でした・・・


ゆっくりと準備をして、6時10分ころ登山開始。先行者が蟻のようにポツポツと見えます。雪の量はたっぷりですね。


この時期では珍しく、新雪がうっすらと積もった鳥海山。白さが際立ちます。時間が早いこともあり、雲一つない空もまるでアンデスやヒマラヤの高地の空の色です。


昨日の降雪で、白樺が樹氷となっていました。これだけでも、今日ここまで来た甲斐があったというもの。この時期の樹氷はとても珍しいですから。


先行者らがたくさん見えますよね。私は体力に自信がある方でもなく、また、スピード感のある登山をする方でもないのですが、もう何度も何度もこのルートを登ってることもあり、先行者のトレースをたどるのではなく、最短と思えるルートを選んで登っているうちに、2000M付近まで登るころには、いつのまにか皆をごぼう抜きして先頭に立ってしまいました。


2050M付近まで登ると、風も強くなり、雪面が氷のように固くなってきました。スキーアイゼンはつけていましたが、本格的なアイゼンも必要な状態です。


山頂はすぐそこなのですが、もう何十回と登っているし、スキーとしては、ここより標高の低いエリアで新雪が楽しめるのとは逆に、ここから上でのスキーでは危険なため転倒は許されません。安全確保の斜滑降で降りる他なく、楽しいスキーとは程遠い世界です。今回は2050Mから滑降を開始することに決定しました。あまりグズグズしていると、新雪も溶けてしまいますし、午後にはグサグサの雪になってしまうかもしれません。ここは、登頂よりも、良い雪を選択すべきとの判断でした。


結果はかなりグーでした。皆がえっちらおっちら登っているのとは逆に新雪の中サーッと滑って行きました。振り返れば私だけのシュプールが1本つながっていました。4キロの快適斜面をあっという間に滑走して、10時前には下山していました。


GPSトラックです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください