ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


福島さくら巡りツーリング 2019年4月22日

福島さくら巡りツーリング 2019年4月22日

今日は快晴です。地元の桜も満開なのでバイクツーリングがてら、巡ってみることにしました。まずは、郡山市の樹齢350年の「上石の不動桜」。満開でした。


特に名前があるわけではない、ごく普通の桜。満開できれいでした。この付近の農村地は、高台の集団墓地に古い桜の木があるパターンも多いです。これらは墓守桜と呼ばれているそうです。


郡山市の「忠七桜」です。電線が目立たぬように撮っても電柱がジャマ!良い桜なんですが、毎度、なかなか撮影に苦労する桜です。


郡山市。忠七桜から紅枝垂れ地蔵桜枝垂れへ向かう途中にある「表の桜」。


樹齢400年の紅枝垂れ地蔵桜です。これも郡山市。


三春町でランチ。お気に入りラーメン店「村田や」にて、けんいちはチャーチューワンタンメン、ぽこゆうこはシンプルに中華そば。


では、午後の部開始!三春町の「弘法桜」。これも樹齢400年の墓守桜。400年前というと江戸時代初期、このころ植えられた桜が多いのは、戦国時代が終わってやっと平和な時代が訪れ、人々の心に余裕ができてきたからなのではと想像してしまいます・・・


三春町内へ移動。三春城主田村家の菩提寺にある「福聚寺桜」。


「福聚寺桜」の桜吹雪。


三春町、「大聖寺の枝垂れ桜」。


三春町「大桜」。


三春町、農村の名も無き桜。


三春町「七草木桜」。これも、古い墓守桜の一つ。


「戸ノ内桜」、三春町。素晴らしい枝ぶりですが、光の当たり方が残念、この桜の撮影は朝が良いようです。


本宮市にある樹齢600年の「塩ノ崎の大桜」。1週間前はまだ5分咲きだったので再訪です。前回は午前の撮影でしたが、今日は午後なので別アングルから撮影。午前のみ、午後のみの桜が多い中、どちらでもOKの万能な桜、貴重な存在です。


二本松市の「合戦場の枝垂れ桜」。


二本松市の「福田寺の糸桜」。


田村市の「小沢の桜」。ここは夕方の撮影が最高。

その後、3か所ほど桜の名所を回るも、どこも光の加減が良くなくて撮影は断念・・・それでも一日天気が持ってくれたので、満足なさくら巡りができました。



« »

コメント

  • しし より:

    福島桜とても郷愁の思い強く感じました。
    一本一本に物語があるのでしょうね。
    その桜を見て育った人達にも物語があった。
    そんな風に考えるとまた楽しくなりました。
    ステキな写真ありがとうございました。
    しし

    • けんいち より:

      本当に福島の桜は素晴らしいですね。
      毎年のさくら巡りが楽しみです。

      樹齢数百年という桜があちこちにたくさんありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください