ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


御前ヶ岳 2019年4月4日

御前ヶ岳 2019年4月4日

このところ、寒波の影響で季節外れのパウダースノーが楽しめています。今日も前回同様に西大巓へ向かうべく、前日よりスキーにホットワックスを施し準備していたのですが・・・疲れでどうしても布団から出る気が起きず7時半の起床となってしまいました。西大巓へ向かうには7時ころには家を出たいので、ちょっと遅すぎます。さて、どうしたものかと考え、昭和村の御前ヶ岳へ向かうことにしました。標高も低く、昨日までに比べれば気温も高そうなのでパウダースノーは諦めますが、初めてのルートのため好奇心は満たされそうです。


林道歩きがしばらく続きます。距離は長いのですが、急斜面や藪などのストレスが無いので気分的には楽です。疲れた中高年の身体にはちょうどよい運動量。


林道を離れてもほぼ平地に近い雪原歩き。こんな山にはウロコ板が良いのでしょうが、我が家ではまだ持ってないんです。経済的な理由ですが、あの世にお金は持っていけないので、近いうちには導入したいと思っています。ウロコの独壇場の浄土平が噴火警戒レベル2で入れないのも購入を躊躇させている理由ではありますが。


御前ヶ岳山頂到着!このころが一番天気が悪かったのですが、この後天気が好転していきます。


基本的にアップダウンは少ないのですが、要所要所では、せっかくなのでシールを外して滑りを楽しみました。


青空に覆われてきました。まだまだ道のりは長いです。


青空の中、延々と林道を歩いて戻ります。スキー・イコール・滑走というイメージは根強く、ゲレンデスキーをメインに滑られている方には、平地をスキーで歩くことがつまらない行為に見えるかもしれません。ですが、これがけっこう面白いんです。一番の魅力は、雪があることで、道以外でもどこでも歩けるということ。次に、スキーが無ければ雪に潜ってしまい、移動に時間がかかってしまうところ、潜らないので短時間で移動できること。しかも、わずかに下っていれば、立っているだけでどこまでも滑っていってくれます。雪の中の移動の道具としてこれほど便利なものはありません。そして、雪の中の自然は美しい、歩いているだけでも癒されるんですよ、いくら体が疲れていても雪山へ来てしまうのは、そんな理由もあるんです。


午後になり、完全に天気が回復しました。


雪は重たいけれど、緩い斜面が楽すぃ~~~♪


今日のGPSトラックです。次はウロコで行きたい山です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください