ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


西大巓・南西尾根 2019年3月29日

西大巓・南西尾根 2019年3月29日

3月末です。ぽこゆうこも1か月ぶりに山スキーに復活!雪が確実にあって、あんまりハードじゃないところ・・・で、近いところということで西大巓へ行くことにしましょう。磐梯山いつみてもカッコいいですね。


ゴンドラとリフトを乗り継いでゲレンデトップへ。ここからシール登高。会津の山に比べると500Mくらいの下駄を履かせてもらっているようなもので楽ちん楽ちん・・・


昨日の新雪が積もっていて雪はフカフカです。期待は膨らみますが、そこは3月・・・滑るころには気温が上がってベタベタになってしまうんですよね。


ニセ大巓から山頂へ向かいます。スノーモンスターの面影はなくなっているけど、緑色ではなく白い姿で出迎えてくれました。


山頂からの滑走!昨日降雪があって今日は快晴なので、3月末とは思えないほどの快適な滑走を楽しめました。それでも、朝はサラサラだったのに、午後にはベタベタ・・・時間を追うごとに雪が重くなるのを実感する山行となりました。



西吾妻山です。昔は良く行ったのですが、最近冬場にスキーで行ってないなぁ・・・


南尾根を滑走してきたところ。雪質も良いので、ここからは南西尾根を下ることにしましょう。


南西尾根のブナやオオシラビソの森のツリーラン滑走。私たちは、北欧的で日本離れした風景と思ってしまうけど、こういう風景こそが日本的な山スキーなのだと。欧米には、延々とした大斜面や氷河やガリガリバーンはあるけれど、天気が目まぐるしく変わり新しい雪がつぎつぎと降り積もる、スキーに適した小さく快適な森はあまりないのだとか。北海道の富良野に集まる世界中からジャパウを求める山スキー狂の方々は、日本のこんな森の中のツリーランをするために地球の反対側から時間と大金をかけてきているのです。


後ろは西大巓の山頂です。標高差にして1000M近く快適に森の中を滑走できました。そりゃあ、粉雪の急斜面は気持ち良いけれど、そんなのはほんの5分で終わってしまいます、後の森の中を延々と下る緩斜面が楽しいのです。


今日のGPSトラックです。今日は本当に雪質も良くて最高でした。少しの登りで長い下り・・・中高年にぴったり。


帰りは地元須賀川のやまゆり荘で温泉に浸かって帰宅。

最近、今まで血圧は正常値だったのに、最近高血圧になってしまい、病院に行って血圧降下剤を飲み始めました。ラーメンの汁は飲み干す派でしたが、返上することにしました・・・

最近、左目が見えにくいなぁと思って眼科へ行ったら白内障とのこと。左目だけ、曇りガラスごしに見ていると言えばおおげさかもしれませんが、エラク霞んでいます。手術を検討・・・

腰痛は大分良い感じ、ちょっと痛みが出たら注射!これでかなり日常生活できる気がします・・・

ところで、病気のデパートみたいになってるけんいちですが、それでも休日にはじっとしてはいられないんですね。雪の山を登り滑ってを繰り返しております。雪焼けしてかなり色黒な病人なため、職場で調子が悪いと言ってもなかなか信用してもらえないのが難点です・・・


ビデオでもどうぞ。久しぶりかも・・・


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください