ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


会津駒ケ岳 2019年3月20日

会津駒ケ岳 2019年3月20日

今日は日本全国高気圧でゴールデンウィーク並の気温になるとのこと。これは行くしかないと4時半に家を出て会津駒ケ岳へ。登山開始は7時。国道脇から雪があって一安心。ぽこゆうこは、猫関係のイベント準備のため欠席です。


最初は、雪の積もった林道歩きから始まります。今日は暖かくなりそうですが、この時点では気温は道路の電光掲示板標示でマイナス3度。雪はがちがちに凍っています。


階段到着。手前の雪の付いた急斜面を登る人が多いようですが、おっかないので私は壺足でしばらく登ることにします。


階段後はひと登りでシール登高できるようになりました。


1350M付近のヘリポートまで来ました。ここまでくれば一安心。ここからは斜度も少し緩くなります。


夏道通りに尾根をたどって高度を稼いでいきます。


予報通り、気温がぐんぐん上がっているようです。雪も柔らかくなってきました。


左手に燧ケ岳が見えてきました。


4時間ほどかけ、標高1900M付近まで登って来ると、一気に展望が開けます。目の前が目指す会津駒ケ岳山頂。それにしても、すごい天気。雲一つなく無風状態です。


山頂へ向けて登って行きます。振り返れば、手前に雪に埋もれた駒の小屋、奥には尖がった燧ケ岳と真っ白な至仏山が望めます。


2132Mの会津駒ケ岳山頂到着!標高差1100Mに5時間かかってしまいました。2メートル以上ある山頂を示す丸太が雪でほぼ隠れていました。奥に見える山々は越後三山。


中門岳まで行ってみたいと思いながらも、体力的に余裕がないので今回もパス・・・


山頂直下の大斜面、少し重めの雪でしたが気分よく滑ることができました。


今回のGPSトラックです。下りは1時間半で降りてきてしまいました。下山後はきらら289の温泉で汗を流して帰宅。今日は晴天だったため、顔が真っ赤に日焼けしてしまいました。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください