ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


安達太良山 2019年3月17日

安達太良山 2019年3月17日

今日も安達太良山。先日、久々に腰痛がひどくなり病院で痛み止めの注射を打って大分楽になりました。加えて夜勤明けの疲れも残る日曜日の休日です。身体のためには温泉でも入ってゆっくりすれば良いような気もするけれど、水泳の息継ぎのように時々山の空気を吸わないと息苦しいような気もして、ついつい山へ足が向いてしまいます。


こういう時に、ピッタリなのが安達太良山。朝はゆっくり寝て、高速道路を使えば1時間で登山口に到着です。途中本宮インター近くの「松屋」で朝食を摂るのも楽しみの一つ。そして、今日は鹿の皮の尻当てデビューの日。

ぽこゆうこは原稿の締め切りがあり欠席です。


標高1000Mあっても春はどんどん忍び寄って来ます。馬車道の下の部分で雪が途切れそうな部分がありました。端っこを通ってスキーを脱がずに通過。


勢至平まで登って来ました。目の前の山は箕輪山。下界は晴れていましたが、山は薄曇りで少し残念。今日の天気は晴れと曇りが目まぐるしく変わる様子もありません。風も弱く、数日前の降雪で雪がきれいな状態なので、3月の安達太良としては良いコンディションと言えるのではないでしょうか。というか、どんなコンディションでも来るし、来たら来たで楽しいのですけどね。
勢至平を矢筈森目指して進んで行きます。勢至平後半、夏道通りに進むと、いつも藪っぽい部分があってストレスなので左の標高の高い部分へずれる感じで行くと、藪を良い感じで避けることができました。今日は、これだけでも、大きな収穫です。


今日は日曜日なので、100名くらいは登山者が居ましたが私以外は全てスキーを履いていませんでした。みんなが目指すのは安達太良山頂ですので、山スキーの快適斜面がある矢筈森を目指す人は誰も居ませんでした。今日もまた、日曜日というのにまるで平日のような貸し切り滑走となりそうです。

矢筈森の山頂で安達太良山頂を眺めながら、カップ麺と菓子パンの昼食。


待っていても、天気は薄曇りのまま回復しなそうなので、烏川右股の源頭部を滑走開始。太陽の光が無いこともあり、ちょっと固めの雪でしたが快適なテレマークターンで滑って来ることができました。この斜面は登り返して2度滑走しました。


矢筈森へ登り返して、安達太良山頂を眺めたところ。


次は、振子沢へ滑り込もうと思います。


右の岩山が矢筈森で、直下の振子沢を滑って来たところです。くっきりと横にラインがありますが、これは安達太良山頂を目指す、登山者のトレース。冬山登山者は通常、冬でも夏道をたどるので、山スキーヤーとルートが交わらず、結果、日曜日なのに平日のような静かな山旅が安達太良山では味わえるのです。ホント、穴場だわ~。


藪っぽいところを避けながら、勢至平を下って下山します。コルセットのお陰もあり、腰の状態を温存しながら下山できました。下山後は岳温泉で腰を充分温めてから帰宅しました。


今日のGPSトラック。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください