ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


大沢下り 2019年3月1日

大沢下り 2019年3月1日

暖かい日が続いています。雪解けが進んでしまう前に、毎年恒例の「大沢下り」の偵察に行って来ました。大沢下りはスキーツアーのクラシックルートです。スキーツアーとは文字通りスキーを履いて旅をすること。スキーでの移動距離18キロの、このロングルートは正にスキーツアーの王道だと思います。ヨーロッパアルプスでも、スキー場トップからゲレンデの反対側へ滑って行って、電車で戻ってくるなんていうルートがありますが、大沢下りは、吾妻連峰の稜線からスキーの機動力を生かして長距離移動してJRの大沢駅に滑り込むルートとなっています。このGPSトラックは今日のもので、結果的にまだ雪は十分残っていたので、まだまだ楽しめそうです。



ゴール地点のJR大沢駅に車を停めました。雪の量が不十分であれば、別メニューを考えていましたが、これだけ雪が残っていれば大丈夫だろうと判断して大沢下りを決行することにしました。今日は、ぽこゆうこは体調不良で欠席。けんいちのソロツアーとなります。


大沢駅から、7時50分発の米沢行きの電車に乗ります。


もちろんプラスチックのスキーブーツのまま乗車です。下車駅のJR米沢駅は置賜地方の中心駅、通勤通学の人たちでいっぱいです。スコップだのワカンだのをくくりつけた物々しいザックを背負い、さらに真っ赤なジャケットをきたヌーボーとした大男はかなり目立ちます。私は恥ずかしいのですが、そこはクラシックなスキーツアールート上の駅ですから、私のような者はたくさん居るのでしょう。特に皆さん気にされる様子もありません。


ビジネスマンや学生に交じって駅前のバス停へ移動。天元台スキー場行きのバスに乗り換えます。


天元台スキー場到着。天気は良さそうですし、昨日下界で降った雨もここでは雪だったようです。


ロープウェーとリフトを3本乗り継ぎ、登山口に到着。昨日ずっと下界は雨だったので雪膣が心配でした。ガリガリで苦労するのでは?という心配をよそに、まさかのパウダー5センチでした。


雪質が心配で、天気には期待していたのですが、下界は晴れているのに、こちらもまさかのガスり具合・・・風がほとんどないので行動は楽だけど、視界が無いのは楽しくないなぁ、ここ、晴れると凄い絶景なんです・・・今回は偵察、積雪量に問題なければぽこゆうこの体調が戻ったら来週あたりリベンジしたいと思います。


西から東へと吾妻連峰を縦走。ここは人形石。重要ポイントだけれど、100Mさきからは見えない状況、まあ、これが山。ほんと風が無いのが心地よい・・・こういう山だからこそ、快晴無風のときに出くわした時の感動が凄いんですよ。しかも、厳冬期に快晴無風でパウダーとなると一生に何度で会えるか・・・


だだっ広い平原に建つツアー標識。昨年のこの時期は自分の胸くらいの位置に
三角部分がありました。今日は250センチくらいの高い位置に三角があったので、100センチは昨年より雪が少ないのかも。


ガスで展望がないので、前進あるのみ。周囲には全く人気がありません。今日の入山者は私ひとりのようです。天気が良いと、どうしても人が集まるので、こういう、半径10キロくらいに人が誰も居ないというのもなかなか気分がイイ感じ。癒されます・・・

アメリカをバイクで旅していたとき、アラスカの住民は元々アラスカで生まれた者も居るが、わざわざ不便さと静けさを求めてアメリカ本土から移住してくる比率がけっこう多いのだと聞きました。私も、アメリカ生まれではないけれど、アラスカにはあこがれます。日本だったらやっぱり北海道や東北が好きですね。


シラビソの木々から雪の衣ははがれてしまい、スノーモンスターはすっかり姿を消してしまいました。時々、気まぐれで寒くなって吹雪となり、シラビソの木々が白くなっても、また、太陽に照らされて緑色に変わって行くのでしょう。


縦走しながら、弥兵衛平付近まできました。少し展望も開けてきました。


一瞬ですが、霧が晴れ、通ってきた藤十郎方面が望めました。


東大巓も見えました。昨年は夏にも来ましたが大分印象が違います。私はどちらかというと、冬の山の方が惹かれます。


明月荘避難小屋に到着。夏場とは全く様相が違います。今シーズン雪が少ないといっても、数メートルは積もっています。


くじらの大斜面の手前でシールを外して滑走準備。この辺りは、夏場は湿原で花の宝庫なのですが、今は面影もありません。


今日ルート上、最もパウダースノーを楽しめるはずのくじらの大斜面ですが、5センチほどのパウダースノーの下にあるガリガリバーンがやっかい。滑って居ると、ときどき、アレッという感じでスキーが思わぬ方向へ回転するので、安全第一でスピードを控え慎重なテレマークターンで下りました。


忠ちゃん転ばしの手前、ツアーの看板。こういう昭和の雰囲気のある看板好きです。東吾妻にはサッポロビールの前身である、今は無き、日本ビールのスキーツアー看板も山の中にあったりしますよ。


忠ちゃん転ばしの急斜面。日本でスキーツアーが始まったころ、スキーの上手な忠ちゃんがここを訪れ、思わぬ悪雪に転倒されたことがあったのか?楽しい想像が湧いてきます・・・


林道に出ました。積雪量も充分でスキーも良く滑ってくれました。


牧場手前で昼食休憩とします。やはり、基本的には晴れなのですが、標高の高い部分だけガスっていたのが今日の天気の特徴のようです。


吾妻牧場に到着。さすがに雪は重くなってきてスピードダウンはしましたが、止まることなくスキーはどんどん滑っていきます。


懸念していた雪の量も、大小屋林道と大沢駅の分岐まで降りてきてもまだ充分ありました。


私営、大沢スキー場のスキーハウスですが、昨年2月下旬に建物は建っていました。昨年3月雪の重みに耐えかねて崩壊したとのことです。2019年3月1日現在、崩壊した材木等が積み上げられている上に雪が50センチほど積もっている状況でした。


9時40分に天元台スキー場のリフトトップを出発し、13時30分に18キロ先の車を停めていたJR大沢駅まで滑って来ました。本当に、車の3メートル手前まで滑って来れるんですよ。電車、バス、ロープウェー、リフトと乗り継ぐ素晴らしい周遊スキーツアーだと思います。まだまだ、いけそうなので、天気の良い時にリベンジしたいなぁ。


今日のGPSトラック詳細。今回は砂盛をパスするルートを選択しました。今後の気候にもよりますが印象としてはもう2週間くらいは雪が持つのではないかと思いました。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください