ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


大倉山と東京電力廃炉資料館 2018年11月30日

大倉山と東京電力廃炉資料館 2018年11月30日

今日、富岡町にオープンする東京電力廃炉資料館を見学にいく前に、うつくしま100名山のひとつ、大倉山に登っておこうと車で進んで行くと、登山口の5キロほど前で車両通行止めになっていました。5キロくらいならと歩き始めることにします。

 

中通りでは紅葉はすでに終わっていますが、富岡町ではまだまだ紅葉が残っていました。福島県も広いですね。

 

しばらく歩くとアスファルトの車道は植物に覆われ、閉ざされたようになってしまいました。この道の先には、ダムや牧場もあるはずなのですが、原発事故以降全てが放棄されてしまったのかもしれません。

 

登頂をあきらめ、車を停めた場所まで戻ることとします。モミジの色が鮮やかです。原発事故って単にナリワイやセイカツを奪うだけでなく、大好きな「趣味」までも奪ってしまうのですね。この山へ足しげく通っていた方も居たかもしれませんよ。

 

東京電力廃炉資料館が今日オープンということは、昨日の新聞で知りました。

 

富岡町へ向かう途中、紅葉の山並の向こうに廃炉作業中の福島第一原発が見えます。

 

ここが東京電力廃炉資料館の入り口です。残念ながら内部は撮影禁止でした。映像を駆使した見ごたえのある施設でした。しかし、事故から7年経っても汚染水タンクは増えて続けているし、ロボットを炉の内部へ送り出し何度も失敗した挙句ようやく撮影に成功はしたものの、炉心溶融した燃料デブリを取り出す方法さえ決まっていないのです。次の世代、そのまた次の世代へバトンを繋ぎ、気の遠くなるような作業を根気強く続けなければならないのでしょう。どう言い訳しても、原発はやっぱり罪深いものだと思います。

 


少し遅めの昼食になってしまいました。いわき市四ツ倉のお気に入り食堂「草の根」。海鮮丼(上)は1000円。(並)600円のほうがコスパ的に目を見張るものがあるんですが、休日の贅沢、自分へのご褒美ということで(上)を選択。

 

さらにさらに、カキフライ単品とさんまのポーポー焼き(ハンバーグみたいでした)も注文。ビールが欲しくなりましたが、ここは我慢です。

山はダメでしたが、美味しいものを食べてリフレッシュできました。

 

 

翌日・・・

福島民報新聞に写真がでていました。青い服がけんいち、緑の服がぽこゆうこです。

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください