ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


花塚山 2018年11月23日

花塚山 2018年11月23日

本日11月23日は勤労感謝の日、毎年この時期グランデコスキー場はオープンを目指していますが、今年は雪不足のためオープンは延期とのこと。また、北アルプス立山では、この時期からバスが通行止めになる11月末までが、パウダースノーの山スキーが楽しめるのだけれど、今年はどうなんだろう?雪を心待ちする者にとって温暖化は本当に厄介です。

とはいっても、どんな季節にもそれなりに楽しめることはあるもので、私の場合、秋の終わりから冬の始まりのころは低山ハイキングをすることが多いです。場所は主に阿武隈高原の山。夏だと暑くて不快な低山も、この時期になると涼しい中、たっぷりと積もった落ち葉を踏みしめながら歩く爽快感が味わえます。今日向かったのは川俣町の東側に位置する標高917Mの花塚山です。祝日というのに、登山口には私の車の他1台のみ。静けさが味わえるのも、阿武隈高原の低山の魅力のひとつです。

 

ちびっこ天国花塚の里から登り始めます。滑り台などの遊具はありますが、とてもちびっこが遊ぶとは思えない地味な公園を過ぎ、整備された登山道を登って行きます。写真ではわかりませんが、空は明るいものの小雪がちらついていて、地面に触れると同時に溶けていきます。ラジオから山形で初雪を観測したと流れてきましたが、思いがけず私も花塚山で例年より少し遅い初雪に出会うことができました。

 

神社までは4WDの軽トラなら来れそうな道でしたが、鳥居をくぐってからは本格的なハイキングコースとなります。

 

どんどん登って行くと、枯葉の赤茶色の部分と真っ白な雪の部分が、交じり合ってきました。カラカラに乾いた枯葉も歩いて心地よいですが、雪をかぶった枯葉も色が美しく癒されます。散歩道としてはかなり良いコンデションだと思います。

 

胎内くぐりもありました。そういえば、さっきから時々巨大な岩が現れはっとさせられます。

 

更に登って行くと、雪の量も増えて益々森が美しく光っているように見えます。

 

山頂へはあとわずかです。本当に気分の良い道。

 

肉眼で富士山を確認した北端の山が、ここ花塚山だと地元のTVでやっていたのを見たことがあります。今日は曇っていてちょっと無理そうです。

 

花塚山の山頂に到着しました。

 

山頂からの眺めです。

 

下山後は川俣町まで戻って昼食。「旨いラーメン屋 壱麺」と自分で旨いと言っているのが気になりましたが、注文した「札幌こく味噌ラーメン」はかなり美味しかったです。

 

花塚山のGPSトラックです。

日も短くなってきたので午後は別の山に登らず、まっすぐ帰ることにしました。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください