ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


桜めぐりツーリング 2018年4月5日

桜めぐりツーリング 2018年4月5日

福島へ移住して13年になるけれど、今年ほど早く桜が咲くのは初めての経験です。例年だと4月中旬から下旬が見頃の滝桜も4月5日で既に見頃だとのこと。今日は滝桜を含め福島県内あちらこちらの桜をバイクで巡りながら日帰りツーリングしてみます。

 

まず一番初めは三春町の「滝桜(三春町)」。日本三大桜で樹齢1000年越えの紅枝垂桜の巨木です。毎年見に来て元気をもらっています。若い紅枝垂桜に比べ、花の色が白っぽいのはお年寄りゆえとあきらめていますが、枝ぶりは見事です。私は日本一、いや、世界一元気のもらえる巨木だと思っています。

 

私の出身地は栃木県です。栃木県での桜のイメージはソメイヨシノが学校や公園、その他公共の施設にいっぱい咲いているというイメージで、特に桜に深い思い入れを持った経験はありませんでした。福島へ13年前に移住してから、桜のイメージが変わりました。先ほどの滝桜を筆頭に、樹齢800年、600年、という1本物で風格のある個性的な桜の巨木があちこちに点在しているのです。これは「塩ノ埼の大桜(本宮市)」樹齢600年のエドヒガン桜です。写真で大きさがどこまで伝わるかなぁ、実際対面すると存在感凄すぎです。

 

これは「合戦場のしだれ桜(二本松市)」。この桜も存在感のある巨木です。

 

「中島の地蔵桜(二本松市)」。箕輪、安達太良、和尚と安達太良山系の峰々の眺望がすばらしかったです。

 

福島市の花見山へ向かいます。バイクだとシャトルバスを利用する必要がなく、直接花見山の駐車場にアクセス可なのがありがたいです。

 

今日は天気が良い上、空気も澄んでいてお昼近い時間になっても吾妻連峰がすっきりと見渡せました。

 

花見山をあちこち散策してみます。

 

遊歩道を歩くだけで春を充分すぎるほど満喫できました。

 

福島市内のとんかつ屋「宗次郎」で昼食。ロースかつ蕎麦ランチは880円、コーヒー、デザート付き。JAFカード提示で更に10%offになりました。海外ツーリング中はランチは1ドルが目安で物価の高い国では自炊してましたけど、こうしてふらりと店に入ってとんかつなんぞ食べられるなんて本当に幸せですねぇ~、ありがたいもんです。

 

福島市でランチの後は、「秋山の駒桜(川俣町)」へ。

 

午後になると、真っ青だった空も白っぽくなり撮影の限界を感じます。「日輪寺のしだれ桜(本宮市)」、まともに撮影しても午前のクオリティーには叶わないので、あえてこんな風に撮ってみました。

 

最後、もう夕方まえですが、逢瀬公園(郡山市)に行ってみました。水芭蕉が最盛期でした。

 

珍しいザゼンソウも咲いています。

 

山肌にはうっすらと紫色のカタクリも咲き始めていました。

春満喫のツーリングでした。

今日のコースは約230キロほどの日帰りツーリングだったけど、例えば3日かけて自転車で巡ったらもっと面白いんじゃないかと思ったりします。1週間かけて歩くのもありですね。人生は1度きり、やっぱり北海道は自転車で1度は回ってみたい気がする。いっそうのこと自転車で日本一周とか・・・妄想は広がります。

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です