ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


赤面山 2018年2月12日

赤面山 2018年2月12日

今日も強風&雪とのことで樹林帯の山スキーツアーを計画しました。昨日と同じく、近場の那須山系で赤面山を目指すこととします。今日はスキー場跡地ではなく、少年自然の家近辺から登るコースを取ります。このコースは下ったことはありますが、登るのは初めてです。登山口には車を停めるスペースがありませんので、堀川の橋の手前の駐車スペースに車を停めました。

 

車道を少し甲子温泉方面へ戻ってから尾根に取りつきます。昨日のルート同様に地味なルートなので、連休中といえども誰も来ることはなさそう、今日も静かな山歩きとなりそうです。昨日はモナカ雪の滑走でしたが、ありがたいことに夜から朝にかけて雪が新たに20センチほど積もっていて、今日はパウダーランが期待できそうです。

 

しばらく登ると雪庇がでてきました。

 

雪庇を踏み抜かないように、慎重に登って行きます。極端な急斜面もないので登りやすいし、今日の雪質なら下りもスキーが良く滑りそう。

 

ブナの原生林が広がっています。藪も良い感じに埋まっていてとても良い雰囲気。雪もパウダーが降り積もっているので下りがとても楽しみです。

 

標高1500M地点まで登ってきました。登山口からの標高差は600M、約3時間の登行でした。ここから上は木々の背丈が低くなり、風の影響を強く受けるエリアとなります。ここから上は吹雪という状況なので、ここからシールを外して滑降開始とします。

 

期待通りの素晴らしい雪質です。緩斜面ですが粉雪が舞い、スキーが走ります。

 

登っているときには気づきませんでしたが、古いスキーツアーの看板のようなものがありました。白河高原スキー場が営業されていた20年前以前は、このルートを滑る人も多かったのかもしれません。

高湯~家形山も日曜日に行っても誰にも会わないし、安達太良山もゴンドラが休業してからは山スキー登山者がガクッと減りました。赤面山もこのルートを滑る人は少なそうです。バイクもそうだし、世界旅行もそうですが、山スキーヤーも会う人会う人皆年齢が高い方ばかり。静かな山は大好きですが、山スキーする人が少なくなるのも何だか寂しいような気もします。こういうことつぶやいてる自体が爺さんなんでしょうね。

 

登った感覚ではアップダウンもあり、帰りにシール貼らなきゃならないかもという印象もありましたが、ルートを上手く取ることでシールを貼る必要はなく、ほぼ平行移動で回避できました。今日は本当に良い粉雪です。あらためて画像を見ると林間が密に感じられますが、二岐山などと違って緩斜面が続くので充分テレマークターンを楽しみながら下って来ることができました。まぁ、二岐山は毎年雪がたっぷり降りますけど、ここは毎年こういう雪が楽しめるとは限りませんので、今年はこのルートの当たり年なのでしょうね。

 

登りで3時間かかった行程も、帰りは気分よく滑っているうちにあっという間に車道へ飛び出し終了です。地味なルートでしたが、地形が複雑なので雪上オリエンテーリングのようなルートファインディングの醍醐味、3連休最終日というのに誰も居ない静かな山旅、そしてサラサラの粉雪の滑走、今日は山スキー本来の楽しみ方を味わえたような気がします。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は那須湯本温泉の「小鹿の湯」で汗を流しました。ここまで来るといつもより混んでいて、やっぱり世間は連休中なんだなと実感しました。

 

実は、2月9日から本日12日までは、実は北海道遠征を予定していました。半年前から計画していて、大雪山系の十勝岳と三段山で山スキーをした後、最終日の12日には札幌雪祭りを見学する予定でいました。ところが、9日に福島空港でチェックインした後に義母の訃報が届きました。出発直前のことで、飛行機に預けた荷物をスタッフにお願いしてカウンターに戻してもらい、我が家へ帰って心の整理をした後、ぽこゆうこは200キロ離れた実家へ出かけていきました。

私はというと、職場との勤務調整の連絡をした後はぽっかりと時間だけが空いてしまいました。妻の実家へ駆けつけても足でまといになるだけということで、告別式だけ参加するということに決まりました。

そういうわけで、この3日間連続で家から近場で山スキーをしていました。

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.