ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


迷い沢 2018年1月3日

迷い沢 2018年1月3日

あけましておめでとうございます。昨年は椎間板ヘルニアになってしまい、もう山スキーは引退か?と思われたときもありましたが、何とか復活して山とスキーを楽しんでいます。今年もよろしくお願いします。

今日は2018年初めての休日。さてどこへ行こうか・・・西大巓付近の雪がたっぷりなのはわかっているけど、安達太良・箕輪山系はまだ雪不足なのではとちょっと心配でした。

今日、朝起きてびっくり。我が家ですでに20センチくらい雪が積もっています。国道4号線も圧雪路面でした。9時ころ迷い沢の登山口に着いてみると、車がすでに3台停まっていました。

 

登山準備をされている方(後に、FBつながりのK谷さんと判明、この世界も狭いものですね・・・)に挨拶すると、既にK谷さんとお知り合い2名が先行ラッセルしてくれているとのこと。これはラッキー、楽できそうです。

 

いつものところから入山。心配していた積雪量は見たところ、登山口ですでに100センチ越え。何とかなりそうです。

 

問題の迷い沢越えポイントは、スノーブリッジは出来ていませんが、何とか石の上を歩いて渡りきることができました。

 

沢渡りポイント以降、ヘアピンカーブのように切り返して登って行くのが通常ルートですが、先行者のトレースは180度逆に進んで行きます。数十メートル、トレースについて行ってしまった後に間違いに気づいて後続の3人組にも道間違いを伝えると、迷い沢を熟知しているようで、そうだそうだこっちじゃないということになり、一緒にラッセル交代しながら登ることとなりました。

 

自己紹介などしながら登っていると、ひょっとして荒木さんですか?とK谷さん。そこでFB仲間と判明しました。宮城県の白石在住で、福島の山もちょくちょく滑りに来るのだとか。お互い東北の山をあちこち滑り歩いているので、以前もどこかですれ違っている可能性大です。山スキーの世界も意外と狭いものだなぁと思いました。

先行者のトレースはやがて合流しました。下山してくるときお会いしましたが、途中で気づいて進路変更したということです。標高1500M付近まで登って風が強いので撤退したとのことでした。

 

その後、K谷さん(山スキー)、K藤さん(テレマーク)、F井さん(テレマーク)の仲間に入れてもらって標高1490Mまで登って滑り降りることにしました。

 

登りラッセルの時は25センチくらいしか沈まなかった雪も、滑るとなるとそうはいきませんでした。下地ができていないのでスキートップを上げるよう気を付けていてもどんどん沈んでしまい、結局ひざ下あたり、約50センチほどの雪の中の滑降となってしまいます。斜度が緩くなれば下りラッセル状態です。

それでも、この斜面をおかわりしよう!(登り返してもう1回滑ろうの意味)とK谷さんが元気に提案するのでお付き合いすることに。

 

K藤さんがツエルトを張ってくれました。飛び入り参加の私のせいでスペースが狭くなってしまいましたが、4人で昼食を取りながらゆっくりと過ごすことができました。ありがとうございました。私を含め、皆さん昼食はカップ麺だったのですが、お湯を沸かしているのは私だけで、皆さんテルモスでした。簡単だし、我が家も買ってもいいかもと思いました。その他、興味深いお話もたくさん聞けて楽しいひと時を過ごすことができました。

 

昼食後も再び下りラッセルは続きます。登りで利用したラインに乗っかっているときは進むのですが、ちょっとテレマークターンでもしてみようか何て思ってラインから逸れるとすぐにブレーキがかかってしまう状態。

 

やっと林道まで降りて来ました。もう、今日は一日雪が降りっぱなしでした。これで、安達太良山や赤面山など福島県中通りの山スキーも解禁できるのではないでしょうか。今シーズンは雪が多くてありがたいです。もっともっと降ってほしいですね。

 

K藤さんがストックで指さす先には迷い沢名物の「迷い沢つらら」が輝いておりました。

 

シールを付けて車の置いてある場所へ戻ります。最期の難所の橋渡りです。か弱そうな木製の橋の、手すりより高く雪が降り積もっております。

 

ソロ山行のつもりで今日の迷い沢山スキーに臨みましたが、思いがけずK谷さん、K藤さん、F井さん3名と一緒に行動でき楽しかったです。またどこか、山でお会いできることを楽しみにしています。

 

今日のGPSトラックです。

下山後は中ノ沢温泉で汗を流して帰宅しました。

 

数日後、K谷さんはいつも山スキーで参考にさせていただいている「ソロで生きる」のブログ主と分かりました。K谷さん(トラ山さん)のブログ

山スキーの大先輩で貴重な記録も残してくださっている方です。お会いできて感激です!

またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • トラ山 より:

    迷沢ではお世話さまでした。
    こちらこそ興味深い話を聞かせていただきありがとうございました。
    福島県の山にはよく登ってますので、またどこかの山でお会いしそうですね。
    ヘルニアお大事にしてください。
    ではまた(^▽^)/

    • けんいち より:

      本名での自己紹介だったのでわかりませんでしたが、トラ山さんだったんですね。それでピンと来ました。

      ブログ、いつも参考にさせていただいています。どうりで色々東北の山に詳しいわけだと腑に落ちました。

      今後もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です