ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


鎌房山 2017年12月29日

鎌房山 2017年12月29日

どの山へ行こうかと決めるときは、天候、風速、気温、積雪量などを参考にして決めます。この日は強い西高東低で日本海側から会津にかけては雪、中通りから太平洋側にかけては曇り。風速と気温は標高1500M付近で25m/sでマイナス9度の予報。ということは、会津の標高の高い山は吹雪なので却下。会津寄りでなく、風の影響を受けにくく、しっかり雪のある山ということで、各スキー場の積雪量を調べてみました。ちなみにデコは県内では一番深い150センチでした。我が天栄村の羽鳥湖スキー場が100センチ、あだたらは少な目で40センチ、沼尻は65センチでした。こういう状況ではわざわざ遠くまで行くこともあるまいと判断して、羽鳥湖スキー場からアクセスできる鎌房山に決定しました。相棒のぽこゆうこは今日はセブンイレブンのおせち作りのバイトで山は欠席です。

 

リフトトップから少し下ったところが登山口です。ここでシールを付けて登山開始ですが、すでにかなりの強風です。

 

野うさぎの足跡などを観察しながらラッセルを続けます。

 

登って来た道を振り返ったところ。雪は確かに100センチ以上はありそうです。スキーが無ければ腰まで雪に沈んでしまって歩けないはずですから、スキーは本当に便利な道具だと思います。滑るのはもちろん楽しいですが登りも楽しいものです。今日も10センチはどの軽めのラッセルで気分よく標高を上げていきます。

 

電波塔が見えてきました。

 

更に標高を上げて行きます。振り返ると雲が勢いよく西から東へ流れて行くのが見えました。

 

山頂手前に広がる緩やかな樹林帯です。笹も大分埋まっていて良い感じ、雪もフカフカです。

 

山頂到着。昼食は取らずにここからシールを外して下山。須賀川市内のお気に入りのラーメン屋にでも行くことにしましょう。

 

須賀川の「伏龍」でチャーシュー麺を食べました。温泉も市内の「いわせ悠久の里」で入って帰宅しました。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください