ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


桜めぐり 2017年4月21日

桜めぐり 2017年4月21日

腰の痛みに加え痺れも出てきてしまい、整形外科を受診するとMRI検査で画像を確認しないと何とも言えないが、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いと言われていました。この際、はっきりさせておこうとMRI検査を受けたのが4月17日。結果はL4とL5の間左側の椎間板ヘルニアでした。腰骨の骨と骨の間にある軟骨が左斜め後ろに飛び出し、神経を圧迫して痛みやしびれが出ているようです。

ただのぎっくり腰であってほしいという願いは崩れ、がっくりな結果でした。で、この病気について本を読んだりネットで検索したり、ミクシーの椎間板ヘルニア友の会に入ったりして真剣に調べまくりました。

いったい治るのか、治らないのか。私の人生は終わってしまったのか、まだいけるのか・・・

症状がほとんど消え、スキーやゴルフを楽しまれている人もいれば、ほとんど寝たきりになってしまう人もいるという経過にかなり幅のある病気だということがわかりました。

今、目指しているところは、痛みやしびれが消えてストレスなく日常生活を送れる状態です。1か月前に比べれば痛みは随分なくなってきましたし、しびれもなくなってきています。仕事は腰に負担のない役割に回してもらっています。日々のストレッチを続けながら回復を待ちたいところです。将来への不安はやっぱりありますね。長期目標としては、もう1回バイクで世界一周するというのがありますから、慎重にこの病気と付き合っていきたいと思います。バイクが無理なら自転車でもいいんですが・・・

 

さて、前置きが長くなってしまいました。今年も桜の季節が来たというのに、腰の不調のせいでどうも晴れやかな気分になれないでいましたが、仕事が休みの21日、妻に誘われ桜めぐりのドライブへ行って参りました。天気には恵まれず曇天ですが、満開の桜はやっぱり良いものですね。ここは、我が家からすぐ近くの茂林院という小さなお寺です。

 

三春まで行って滝桜を見物。満開ですが渋滞無く駐車場まで入れました。平日で天気が悪かったからかな。樹齢1000年の迫力はなかなか写真では表現できないですね。見たことない方は一度満開の時の実物を見ることをお勧めします。私は福島へ移住してからは、行けるときは毎年来ています。

 

滝桜とセットで見ることの多い「不動桜」を見に行きました。ちょうど、雲が薄くなり青空も見えて来ました。来ているお客さんたちの車のナンバーを見ると本当に全国から来られています。皆さん車中泊をしながら桜前線とともに北上されているのでしょうか。悠々自適の旅暮らし、羨ましい限りです。

 

桜に目を奪われがちですが、視線を下げれば春の野草キクザキイチゲも満開でした。

 

三春町で滝桜を見た後は、二本松市の合戦場のしだれ桜へ。ここの桜も迫力あります。空が青ければ良い写真になったことでしょう。曇天で残念な1枚。

 

合戦場のしだれ桜を別アングルで。やはり、どんなに努力しても晴天に勝るもの無し・・・

 

ホットモット弁当を買って三春の桜公園で花見しながらの昼食。満開の桜を見ながら話題の中心はヘルニアについて・・・

がんばれ、俺!

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • mt.racco より:

    ヘルニアですか・・・
    確かに、テレマーク仲間でもヘルニアを患った方が多いですね。
    でも、私の知っている範囲だと皆さん復活されています。

    復活をお待ちしておりますので、ぜひ治してください。

    ・・・と、ここまで書いて一抹の不安が。
    実は、私もここ数か月腰痛に悩まされております。本日は、近所で評判もカイロも行ってみました。
    やはり、整形外科に行った方がいいんですかね?

    • けんいち より:

      腰痛の方、スキー関係じゃなくても本当に多いですよね。

      私の場合、体力や持久力アップにばかり気を使っていましたが、体操や柔軟性を軽視していたのがヘルニアの原因だと思っています。

      らっこさんのお知り合いで復活されている方も多数居るとのこと、励みになります。私も軽いハイキングから初めて焦らず復活を目指します。

  • 多田 宏 より:

    今の医学界の常識は椎間板ヘルニアは安静にしておくと自然に消滅していくようです。程度によりますが半年位。実は15年間に発症(左脚激痛・痺れ)整形受診。MRIで確認すると完全な腰椎ヘルニアでした。2人の整形外科医の見立て。当時エンジニアの私は原因を取り除けば回復するだろうとの思いからオペ。しかし結果は良くならず。もちろん回復した人もいるようですが。約10年間坐骨神経痛に苦しみました。各地の評判の民間療法士も色々受診しましたがその時だけ。またペインクリニックにもかかりましたが一時的にマヒしているだけ。最終的には徒歩15分のご近所の保険の効く接骨院に通い続けましたが。最終的には筋トレを欠かさず。完全リタイヤしてから痛みが軽減してきました。椅子の生活から解放されたのが良かったようです。また知人も歩けないほどの痛みで3ヶ月間仕事を休み自宅で安静にしていたら痛みが無くなったやつもいます。時代が変わり今オペを薦める医者は藪医者ですし、絶対に手術は薦めません。腰椎バンドして腰への負担を軽減し過ごしてください。痛みは不安を増幅させます。が安静に努めれば原因の解っているヘルニアだといつかは軽減します。今も後遺症で坐骨神経痛持ちですが一番使い時期を10点とすると今は4点位。無理すると足のしびれ、腰痛が出ますが最悪時期を乗り越えて自身で回復させるコツをつかんでいるので何とか世界を走っています。大病、大怪我にあって初めて健康の有難さがわかるのも人生経験だと言い聞かせています。水も空気も安全も普段意識しませんが無くなってから初めて気づかされますね。これまで延べ1年間ほど入院経験あるので生きているのではなく、生かされていることを悟った私です。完治は人それぞれですが痛みは軽減するのでご安心を。整形外科医にオペ勧められても絶対にしないように。オペミスあれば歩けなくなるかもね。

    • けんいち より:

      ヘルニア経験者でしたか。やはり、経験者の意見ほど参考になるものはありません。

      最近は白血球がヘルニアを異物とみなして小さくしていくことがわかり、手術をしない傾向にあるようですね。

      私の今の状態は、起床時は痛みはほとんどないものの、8時間はどの軽作業をすると後半、腰が重くなったり少し痛みが出る感じです。しびれの方は、全く感じない時もあれば、左足の脛あたりがピリピリ痺れることもあり、波が来ては引くような感じです。

      腰痛体操やストレッチをやってますが、体操よっては痺れが無かったのに、逆に痺れが出てしまうことがあります。そういう神経を刺激してしまう体操はしない方が良いのでしょうね。

      今でも軽いハイキングならできる感じですが、仕事はやはり転職(現在介護職)した方が良いのかもと悩んでいるところです。やはり体が第一ですもんね。

      アドバイス、いろいろありがとうございます。励みになります。

  • 多田 宏 より:

    文章にミス訂正します。一番使い時期⇒つらい時期の間違い。
    仕事を持っていると休めないのが現実です。私も痛み、痺れを押して勤務していましたのでリタイヤするまで接骨院にお世話になりました。3ヶ月思い切って自宅安静していた人が正解でしたね。彼も私同様筋トレ、ストレッチ体操毎日していました。

  • バイクの松尾 より:

    荒木さん…不安の毎日ですね。
    多田さんも、椎間板ヘルニアだったんですか…

    安静が一番なんですね。

    冬はサボりがちの朝のトレーニング、歩いて2キロの公園へ
    鉄アレイ5キロ持ってあるく、腹筋、背筋など…

    怖くなった、さっそく行ってこよう。

    • けんいち より:

      松尾さん、厄介なヘルニアになってしまいました。
      なかなか、思うように人生進んでいきませんね。

      松尾さんはいよいよ東南アジアのバイク旅がはじまりますね。充分、楽しんできてください。私もまた旅ができるように治療がんばります。

  • mt.racco より:

    スミマセン。
    再度コメントです。

    私も最近腰痛気味と書きましたが、高校時代の友人が「小見川の仙人」という人を紹介してくれました。
    『ヘルス療術』という怪しい名前の診療所というか、療術らしいです。
    私自身、半信半疑なので何とも言えませんが、Googleとかで検索すると、結構治った人が多いみたいですよ。
    https://blogs.yahoo.co.jp/meru1226papa/9811475.html

  • メガラッキー より:

    きっと大丈夫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です