ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


キャラバン車中泊仕様 2017年4月2日

キャラバン車中泊仕様 2017年4月2日

11年使っていた車中泊仕様の愛車、マツダボンゴの修理費が50万円近くかかるということで、思い切って買い替えることにしました。我が家の使い方としては中型のボンゴクラスのバンで大きさ的には充分なのですが、ボンゴのディーゼル車は生産中止。排ガス規制でDPF装置が付いていたのですが、どうもこれが設計上無理があったという声も聞いたことあります・・・

我が家のボンゴもすぐにランプが点灯して悩みの種でした。1800CCのガソリン車はまだ生産されていますが、古い型のエンジンを載せてるため恐ろしく燃費が悪いらしいし・・・

昔はライトエースなどのバンも荷室が長かったのですが、ここ最近のモデルは安全上のためなのか、運転席の前がでっぱり、軽のワンボックスと荷室長が変わらないくらい短くなってしました。

 

それで、今回車を買い替えるにあたり、候補に上がったのはトヨタハイエースと日産キャラバンです。4WDでディーゼルエンジンだと、どちらも新車だと350万以上の高級車?なので、中古を探すことにしました。購入したキャラバンは走行5000キロですが、同じ予算でハイエースを探すと走行5万キロ以上のものしか見つからず、迷わずキャラバンにしました。

 

ボンゴではイレクターパイプとコンパネを使ってベッドを自作していましたが、キャラバンで使うとなると、少し改造しなければならず、新たに1万円以上かかりそう。それならば、4万5000円しますが今回は市販のものを買ってみることにしました。

MGR Customs

というところの製品をネット注文して本日届きました。

 

柱となる部分を車の横カベの底部分に取り付け、高さ調節できるバーを付けます。全てダイヤル式のネジなので工具はいりません。

 

柱とバーの金具はこんな感じで付きました。

 

あとは、上に4枚の板を乗せるだけ。設置時間、10分もかかりませんでした。工具で取りつけてないから荷物扱いなので、このまま車検も通るそうです。クッション性もなかなか素晴らしい。さすがプロの仕上がりという感じ。これなら値段の価値は充分あると思います。

 

すぐにでも車中泊旅行に行きたくなってしまいました。

 

 

 

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です