ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


吾妻連峰・家形山撤退(高湯ー慶応吾妻山荘分岐) 2017年2月20日

吾妻連峰・家形山撤退(高湯ー慶応吾妻山荘分岐) 2017年2月20日

今日は「春二番?」の南風が吹いて山は大荒れだとか・・・気温もぐんぐん上がって雪崩も危ないらしい、さて、どうしたものかと思案して、ここにしました。吾妻連峰の家形山から高湯温泉へ伸びる尾根です。昔は吾妻スキー場から楽にアクセスできて山スキーのクラシックルートとしても有名でした。私たちも、もう20年近く前に来たことがあります。当時はスキー場もまだ営業していたのでアクセスも楽でしたが、今は高湯温泉から歩いて登るほかありません。車で高湯温泉を過ぎるとゲートで行き止まりになりました。そこに車を停めてスキーで登って行くことにします。今日はけんいちのソロ山行です。記憶では樹林帯のなだらかなルートだったはず、春二番の風が吹いても大丈夫でしょう、たぶん・・・

 

登りやすい斜面です。どんどん先へ進みます。

 

今のご時世ならば、看板をブナの幹に食い込ませるのはやまよう!みたいな声も上がりそうですが・・・何枚も食い込み看板があります。

 

賽の河原へ到着。この辺りはなだらか過ぎて帰りにスキーが滑るか心配でしたが・・・ゆるーい傾斜になっていて帰りも楽々でした。

 

井戸溝を越えます。雪が少ないと越えるのに苦労しそうですが、雪が多めで沢が埋まっていたので難なく通過していきます。

 

ニッポンビールがスポンサーの看板。今やそんなビールメーカー無いし・・・さすが山スキーのクラシックルート。歴史を感じますね。

 

雪が降っているんですが、赤いヤッケに触れると同時に溶けていきます。気温が高いんですね今日は。ちなみに、ヤッケとは昔の山用上着やスキーウエアのことを昭和40年ころ?呼んでいたのですが、要するに、英語で言うジャケットのドイツ語読みなだけです。やっぱり、ジャケットよりヤッケがいいね!

 

標高1560M地点。慶応吾妻山荘分岐です。標高差700Mを3時間で登って来ました。ここから先は傾斜も急峻になるし、天気も今ひとつなので撤退することにします。

 

このルート、帰りは主に直滑降です。オープンバーンでのターンを楽しむというより、地味に山旅を楽しむ感じ。私は最近こういうの大好きです。人が居なくて静かなのが良いんですね。登りルートから逸れて閉鎖された吾妻スキー場のゲレンデを下ってみました。リフト機材を撤去できないなら、初めからこんなもの作らなければ良いのに。

 

バニーハットという閉鎖スキー場の建物。ここから、車道、山道と経由して車を停めてあるところまでスキーで滑って降りました。

 

下山後は高湯温泉共同浴場「あったか湯」へ。

 

自分は露天風呂にはこだわらないたちで、どちらかといえば内湯の方が好きなんですが、ここは露天のみなんですよね。冬はあったまるまでが苦行です。

 

お昼を食べてなかったので福島市内でお気に入りのラーメン屋「和屋」さんへ。チャーシュー麺の大盛をいただきました。

 

今日は贅沢してはしご湯。帰りがけ、土湯温泉の共同湯「こけし湯」へ。ここも市営で250円と安いのに、湯の華舞うすばらしい源泉を味わうことができるんですよ。

 

今日のGPSトラックです。

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です