ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


宮床湿原・矢の原湿原 2016年6月21日

宮床湿原・矢の原湿原 2016年6月21日

けんいちの仕事がまた休みなので、今日はどこへ行こうかとぽこ&けんいちで検討した挙句、会津の湿原巡りに決定!先日、けんいちが雄国沼へ行ってニッコウキスゲがかなり良かったので。まずはと、駒止湿原を目指してみるも、昨年9月の水害で道路がまだ通行止めになっていました。

 

P6210827

ならばと、更に20キロ先の宮床湿原へ行ってみることにします。なんじゃこりゃ!何にも咲いてないの?と思ったのですが、よくよく足元を見てみると可憐な花々が競って咲き乱れておりました。ニッコウキスゲや水芭蕉は派手なので絵にもなるし、見てきたよ~という満足感もありますが、静かな湿原もなかなかよいなぁと思いましたよ。

 

P6210820

サワラン。蘭の仲間です。赤紫色が緑の草原に点々とアクセントになって美しかったです。

 

P6210822 (2)

トキソウ。これも花びらは1,5センチくらいと小さく目立たない薄ピンクの花です。オシベ回りが派手な色合いで個性を発揮していました。

 

P6210838 (2)

日本一小さいトンボ、ハッチョウトンボ。全長約2センチ。あんまり小さくて、はじめは蜂かと見間違えてしまいました。珍しいトンボのはずですが、この湿原にはいっぱい居ました。

 

P6210845 (2)

ヒツジグサ。高層湿原の水辺に咲く可憐な花。葉っぱも特徴的でした。

 

RIMG0212

可憐な花々の画像の後で失礼!枯れ始めた人々が木道で弁当を食べている画像でした。

 

P6210851 (2)

その後、昭和村にある矢の原湿原へ移動。ヒメサユリが咲いていました。これも南東北限定の花です。ここで、先ほどの宮床湿原で会ったおじさまに再会。茨城県から毎週のように来ているとか。湿原が大好きで、1日いても飽きないそうです。なかなか湿原も奥が深そうです。

 

P6210855

ワタスゲ。終わりかけなので群落は見られませんでしたが、まだ少し残っていました。

 

P6210856 (4)

モウセンゴケ。食虫植物でネバネバした液体を出して虫を絡め取り自分の栄養分とする変わった植物。渦巻きはこれから花が咲く花茎部分です。

 

P6210871

宮床湿原にも咲いていたトキソウが矢の原湿原にも。

 

RIMG0265

湿原巡りを終え、夕方弥五島温泉に入浴。ナトリウムと炭酸水素が多めに含まれたかけ流しの単純温泉で入浴料は通常330円ですが、私たちは温泉本割引で一人220円。このくらいの値段だとありがたいです。

地味な湿原巡りでしたが、視点をミクロに転じてみると自然は色々なものを見せてくれるんだなぁと思った一日でした。

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    人間も自然のなかで生かされている事を忘れてはいけないですね。

    • けんいち より:

      環境という言葉は昔はなかったそうですね。自分と自然を切り離した考え方が西洋から入ってきて訳された言葉だと聞いたことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です